RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

東京記念

かつてはナイター競馬終了後の11月中旬~下旬に東京大賞典前哨戦として実施されていた本競走だが、次第に時期が早くなり昨年からトゥインクルレディー賞(現レディスプレリュード)のTCKディスタフとの併合により消滅した影響で9月中旬~下旬の開催へ移動。現在は大井の秋競馬開幕を告げるレースとなっている。

強い馬は次週の日本テレビ盃へ向かうため、レベル的には南関東の重賞クラスでも中堅以下のメンバーになりやすく、今回もそうだが上がり馬が比較的強い印象。春の大井記念と秋の東京記念は1200m・1600m・2000mが基幹距離となっているため直結が難しい競走ではあるが、2400mはチャンピオンディスタンス短縮前の東京ダービーで使われていた「伝統の距離」」でもある。

この条件であれば◎トーセンルーチェは負けられないところ。既に南関東で重賞3勝、今年に入り大井の中長距離重賞を2つ(金盃・大井記念)勝利している実績はこのメンバーなら断然。帝王賞では地方馬最先着の6着に入っておりここは素直に信頼したい。春に特殊距離である大井記念を勝っており、中央時代もこれまた「スペシャリスト」の台頭目立つ中山2400m・2500mでの実績がある事からむしろ距離延長は歓迎の口。

対抗は上がり馬に期待して○ラストキング。まだ条件特別を勝ち上がったばかりの身でありオープンクラスでは苦戦が続いている。大井記念ではトーセンルーチェ相手に1秒以上の大敗となっているが力をつけている感は侮れない所。元々は時計勝負もこなせるタイプで雨で軽い馬場になるのもプラスになりそう。

三番手に本来ならピサノエミレーツを挙げたかったが出走取消。繰り上がりで▲ナムラブレット。内枠はコーナーを6回回り、最初の3コーナーがスタート直後にある2400mのコースレイアウト上有利な条件。大井記念でも3着の実績ありサンタアニタTは砂厚が厚くなった直後の開催で後方組にはチャンスが薄かった開催上。春にオープン特別も勝利している実績を考えれば巻き返しも。しかしこの後地元の埼玉栄冠賞を控えており、厩舎からどこまでの本気度があるか。当日の気配注意。

大井の長距離で常に安定してきた実績あるマズルブラストも侮れない1頭で押さえには回したい。しかし近況不振でも大井記念・東京記念に来ると激走するタイプとはいえ大井記念で直線2番手から無抵抗での惨敗を考えると流石に10歳馬、往年の力の衰えは否めない所はあるのかもしれないが08年のように大井記念で大敗しても突然激走して穴を開けるタイプでもある。得意のコーナー6回競馬ですんなりがあるようならば。しかし既に正月競馬で賞金を稼いでおり来年の現役続行は確定。どこまでの仕上がりかこの馬も当日の気配に注意を払いたい。

スターシップも長距離実績あるが右回り実績が微妙。今回は抜け。
関連記事

<< 土曜の府中 | ホーム | 09/09のツイートまとめ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP