RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

日曜のメイン

阪神・セントウルS

どうあれ「短距離王国」安田隆行厩舎の2頭の行方だろう。トライアル、の意味では◎ロードカナロアとする。
ここ2走は重い馬場だった中京と洋芝の函館での惜敗だったので野芝で時計が出る阪神ならば本来の持ち味復活と見たい。
逆に野芝オンリーだと▲カレンチャンは少し下げて考え、○エーシンヴァーゴウは昨年と同じ感じで来ているならばここでも。あとは△ヘニーハウンド、マジンプロスパー、エーシンヒットマン、スギノエンデバーあたりを。
ただし本番は◎カレンチャンの予定。同じ野芝の1200mだが最終週の中山ならばある程度時計がかかってくると思うので。


中山・京成杯AH
今年からサマーマイルシリーズを締めくくる競走となったが、決定的にサマースプリントシリーズ、サマー2000シリーズと違う点は同じマイルでもパワーのいる中京最終週、高速馬場でスピード・切れが要求される新潟、そして今回の舞台は単純なスピードだけでは押し切れない中山のマイル戦。それ故関屋記念上位組の信頼ができない。
エーシンリターンズは中京記念惨敗→関屋記念復活のパターン。春には東京でメイSを勝利しているあたり、上がり馬場の左回りはかなり得意としている反面、ハンドリングが要求される中山では消しと考えたい。前走からハンデが1kg加重も気になる。スピリタスも近況安定だがどちらかと言えば平坦向き。中山は実績ある舞台もこの枠だと立ち回りに苦労しそうで、今回は連下まで。
これならば◎コスモセンサー、外枠気になるが▲ドリームバスケット、△スピリタス、レオアクティブ、ネオサクセス、ファイアーフロート、キョウエイストーム、ゼロスあたりで。◎の単複がメインで手広く。今日の馬場を考えると1分32秒の時計は必須。31秒でも対応可という馬場と中山実績あり、近況は遠征でも安定の実績を買う。松岡騎手も本来の調子を取り戻している。
関連記事

<< 09/08のツイートまとめ | ホーム | 09/07のツイートまとめ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP