RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

エプソムC

土曜のおさらい。

芝:2回開催から連続開催の8週目。好天続いた京都とは違い土曜日は1日雨中の競馬。1日雨中の競馬は2・3回東京ではこの1日だけで明日もゲリラ雷雨に要注意も天気自体は持ちそう。稍重である程度上がりがかかる中差し馬場、内が乾けばある程度内差しも有効だと思うのだが昨年のダービーデーのように坂上までの内目は死んでいると思う。坂を上がった先は然程内外の差はなさそう。
馬場自体は安田記念後、木曜日に散水しており雨中競馬も実質1日+α(2回2日目、6日目後半)なので昨年よりはいい状態だが、1年の中で馬場状態が一番悪いこの時期。上がり33秒、34秒だけでは乗り切れない。朝重発表だが1レースやって稍重へ回復、良までの回復は微妙か。

ダート:朝稍重→最終レースの時間帯には不良。あからさまな脚抜きがいい馬場でスピード逃げ優先。前行かないと勝負にならないし土曜日夜まで雨が残ったので多少の事では馬場状態は変化しない。朝重→稍重までの回復があるかどうか。

エプソムCはとにかく1番人気信頼の競走。東京競馬場コース改修の2003年以後の9年で1番人気が馬券圏外に去ったのはサイレントディール(4着)のみ。対して2番人気が不振で3番人気・4番人気の人気中ほどの台頭が目立つ。

◎トーセンレーヴを素直に信頼したい1戦。東京(2-0-1-1)も負けた2戦は内詰まりで抜け出すのに時間を要した青葉賞及び、連闘→中2週と余裕なかったダービーでの話。プリンシパルSは非常に低レベルなメンバーだが連闘できっちり勝ち上がりアイルランドTは暴走ペースの利はありタイム面では然程ではないがきっちり勝ちきっている。現状GI級ではないがGIIIレベルなら十分上位における力あるし、東京コースの方が競馬がしやすい。姉ブエナビスタや妹ジョワドヴィーヴルとは違うタイプに感じ、開催末期や渋った馬場向きのタイプではないかと考える。この馬を素直に信頼し相手はJRAデータ・須田データでも出ている関東馬を狙いたいもの。

6=1.13.15.16が本線、6=5.8.14が押さえ。ダノンシャークは生粋のマイラーではないかというイメージでいくら展開面では何でもありの東京1800mとはいえ、今回は若干下げて考えたい。秋も天皇賞よりマイルCS向きのタイプだと思う。
関連記事

<< 06/09のツイートまとめ | ホーム | 06/08のツイートまとめ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP