RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

回顧~NHKマイルC

12.1 11.0 12.0 12.2 12.6 11.6 11.3 11.7=1.34.5
12.2 10.8 11.4 11.8 12.3 11.8 12.1 12.5=1.34.9

この2つのラップは上がNHKマイルカップ、下が最終レース(湘南S)のラップ。
NHK杯がGI昇格かつマイル戦になって以後、前半5F59秒9は最遅のラップであった。
57秒台が当たり前のように出て、58秒だと遅め、59秒台のラップも1つしかない。

これでは楽逃げの形になったカレンブラックヒルが楽勝するのも当たり前。事実上カレンブラックヒルが楽なペースで逃げて残り3F瞬発力勝負の形を作りながら誰も追いつけなかった。東京競馬場のマイルGIとしてはありえないレースで幕を閉じた今年のNHKマイルカップ。
1着のカレンブラックヒルには価値あれど、2着以下は団子状態。土曜日の未勝利戦より遅いタイムで入線している馬も多くレースとしての価値は低いと断言する。カレンブラックヒルを含め次走は大幅な割引が必要。

本馬場入場直後から10分前後の豪雨に見舞われたことで(自宅のグリーンチャンネルも新潟大賞典のレース中から数分間受信に失敗していた。NHKマイルカップのレース映像も所々ブロックノイズ状態で生の方が使用不能になり保存用はレースリプレイで代用)良発表でも上滑りする馬場であったし週中の大雨で若干は時計がかかる馬場であったよう、後ろからの追込みは不発になるのはまだ仕方がないとしても、1番人気を楽逃げさせちゃダメでしょう。結局直線の2番手以下が団子状態になって落馬事故も発生。また12Rは明らかに直線向かい風の競馬になっていたのでラストがかかってしまうのはある程度仕方がない。

カレンブラックヒルのオーナーは高松宮記念の時にも思ったが「持っている」オーナーだと思う。あとセイクリッドレーヴが唯一追込で伸びてきていただけに・・・・・。

この日は浦和の場外でレースを見ていましたが、14時15分過ぎから北側で度々稲妻が走り、14時50分前くらいになると真っ黒空。
東京の10レース終了直後に大雨が振り出し10分~15分程度はスタンドからバックストレッチも見えなくなるレベルの大雨に。

2時前に南浦和駅からバスに乗ったとき「本日の入場者数累計で6000人強」(バスでの輸送人数かもしれない)だったとの事だが混雑しているとまでの状況ではなかったが、大雨直後は3号スタンド1Fや平屋の第7投票所は外にいた人が避難してきたのでかなり混雑していたのではないだろうか。入場者6000人となると重賞レベルの入場者数となるが、買ってすぐ出る人もいるでしょうからね。
関連記事

<< 05/07のツイートまとめ | ホーム | 05/06のツイートまとめ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP