RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

中京初日を終えて。

・ダートコース
前半戦はまだみんなが慎重に乗っていた節もあり先行有利かつ時計がかかるレースが続いた。見た目でもわかるくらいの下り坂を下って直線で上がる形だが、上がりきってからの約200mは東京と同じだが東京より勾配がキツくどの馬もスタミナを消耗する形になるようでけん制してスローだと前残りだし、下り坂まで先行争いが続く1200m戦は最後がバタバタ。
1200・1400と1800・1900は別物と考えたほうがよく、急坂が競馬を面白くしている感はある。現時点ではどの騎手も馬も経験がない新中京コースだけにこれはもう少し様子を見たい。

・芝コース
ハイペースになった芝初お披露目となった4Rがいきなり前崩れ。その後超スローで流れた5Rもマクったアドマイヤフライトが勝利。2000m・2200mは二度坂を越えるコーススタイルで想像以上にスタミナを使うコースと思われる。現にスローペースの補正は必要だが5Rの2000m、10Rの2000m、12Rの2200mとこの条件の他競馬場と比較すると2秒ないし3秒時計がかかる状況。
週中の雨の影響が残り良馬場でも時計がある程度かかったのは確かだがここが東京や阪神改装時と違うところ。初のマイル戦となったマイルストーン賞もほぼ12秒ラップが続く中の一本調子ラップで1分36秒0。

個人的に気になったのは想像以上に1000mからの下り坂は気を遣って乗らないと急坂でバッタリ来る印象。明日の最終レースやこの開催最終週の高松宮記念のように1200mで行われる競走はスタートして200m走り長い下り坂が続き、ここで先行争いが続く事となる。芝1200mが編成可能な全9場中最もタフなコースではないだろうか。

芝ダート共通として東京競馬場のように直線に入ってから悠長に追い出す競馬は難しく、どうしても後ろからの馬は下り坂の終点手前から仕掛けていかないといけない点で上りきっても200m程度のゆるい上りが続くという点。
二度坂を越えるコース(芝2000・2200とダ1800・1900)はしばらく牽制しやすいコースになりそうでここは先行馬を狙いたい。未勝利レベルであれば何が強い先行馬かを探せばいいのではないかと思う。かと行って坂を馬なりで上がってもどの馬もここで脚を使わされるためか脚がたまっていかない。(例:3R)

芝2200mに関してはこっちの考えの逆を行ってしまいました。ついでに中山の無線LANを使ったのでそれも。
・一般席寒い。使うならスタンドの中おすすめ。
・注意書きがあるがゲストコード接続では接続が暗号化されないため、PCを持ち込んでPATの投票とかメールとかは慎重に。
・競馬場に持っていくならB5以下のミニブックがいいと思う。A4ノートは持っていくのが結構大変だし、周囲にPC持ち込んで競馬情報調べているのが自分くらいなものだったので、目立つ(笑)
・おすすめはA指定席orキングシートでの使用ではないだろうか。


そのうちウインズ後楽園でもやってみようと思います<懲りてない。

明日以後は
・芝1200m、1400m、1600mは先行争いが下りまで続く可能性があり(短い程可能性大)なので、差し馬注意
・芝2000mは展開重視もある程度差し馬を狙いたい
・芝2200mは牽制しやすいコース。スローペースの前残り注意だがやはり前走延長から来る馬は嫌。他場芝2400mくらいのスタミナが要求される。
・ダート1200mは未勝利レベルならまだ前残りだが、条件が上がっていくとどんどん差し馬が有利になりそう。中山同様前傾ラップが確実だし、未勝利レベルでは坂を上がってから全馬バッタリ行くので絶対的に先行有利かも。
・ダート1400mはレイアウトを除けば東京ダート1400mにそっくりな印象。
・ダート1800m・1900mは基本的に全馬が牽制する。スタミナ系の先行馬を。
関連記事

<< 03/03のツイートまとめ | ホーム | 03/02のツイートまとめ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP