RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

エンディングまで泣くんじゃない

21日をもって船橋オートレース場での本場レースは全て終了。それでもこれを最後に船橋レーサーがまだ散り散りになるわけではない。
開催中の飯塚オート、明日から始まる伊勢崎のGIIレジェンドカップまで出走選手の最後の最後まで、応援したいものです。

4月になると川口では移籍組を足したオール川口、でも実際は「川口+船橋移籍組」のレース(伊勢崎でも似たようなレース編成がある模様)が1節組まれていますが、現川口組も蹂躙されぬよう、協調しあって切磋琢磨していってほしいものです。

覆水は盆に返らず、しかし先が塞がった道ではないはず。

異例の「初騎乗」

今週から新人騎手・新規開業調教師がデビューする中央競馬にとっては「もうひとつの正月」「新年度開幕」とも言える週。

それを前に16年ぶりに誕生したJRA所属女性騎手・藤田菜七子騎手が今日の川崎競馬10R、JRA500万交流戦マーチスター賞に所属となる根本厩舎の馬で参戦。これが初騎乗に。

川崎競馬側が異例の対処なのか、取材は事前申し込み制かつ、当日はパドックの馬主エリア付近にプレス用エリアを作成するなど、「16年ぶりの女性騎手」が注目されているのでしょうね。これから伸びるかどうかは本人の研鑽次第(という意味では不安もありますが)ですが。

南関の馬券であれば騎手名も印字されるので、当日騎手名入りの単勝馬券を求める人は多そう。単勝がいびつな人気にならないかなぁと思いつつ。自分も浦和場外に行ければと思いつつ、木曜日ではそれも無理そうで・・・

「革新」の3月

と、銘打つべきでしょうかね。多分阪神のキャッチコピーとは関係ないです

あと3週間で船橋オートがその歴史に幕を閉じて、応援している東京ヤクルトは連覇へ向けて動き出す3月。
中央競馬は事実上の「年度替わり」が今日ですし、一足早く「16年ぶりデビューの女性騎手」藤田菜七子騎手が川崎で騎乗予定、という話もあるようで。
馬房数の更新もありましたが、美浦の最大が28になっているのは建物の都合もあるのか・・・(と、twitterでリプいただきました)。栗東でも30→28になった調教師がそれなりにいるようで、30確保は矢作師くらいか。

南関競馬は再来週からナイターも始まりますし、夏へ向けて動き出す「3月」かもしれません。

仕事絡みでは昨年少し大きめの動きはありましたが、今年は異動等の動きはなし。今の職場でお世話になって15年目の節目でもありますし、もうそういう世代になってきているんですよね。

3月16日に休みが取れたのでこの日は神宮(オープン戦観戦)→大井(京浜盃)のダブルヘッダーを敢行予定。改装明けのダイアモンドターンも魅力あるんですけどねぇw 年末に100ポイントで抽選したら1000ポイント返ってきた大井競馬のポイントもあるので、前日に900ポイント使ってスカイシートで優雅に観戦、という手もありますが、仕事が定時で終わらんと行けない。

QMAはプラチナ賢者まであと石800個ほど。今週末からのクロノマンサー戦は手を出すかもしれませんが、ぶっちゃけプレミアムプレーでの競馬検定15プレイくらいでプラチナになれてしまう(ベルは十分集まっているが、色ベルはまだ取れていない)状況で、最終決戦とクロノマンサー戦を最低限くらいになりそうです。
QMA3~5時代のBGMチケット販売も始まっているようですが、チケット課金してまで欲しいとは思わず。複数の理由で。
トーキョーグリモワールは本格的に手を出すのは野球が終わる秋以降になりそう。それ以前に競馬検定が来たら大変ですがw(そもそも、検定あるのか?<トーキョーグリモワール)

エタナはとにかくカード集め。ロンソ+パワシが2桁ないとこの先確実に詰む。ワールドバトル参加不可ステーションでのんびりやりますかね・・・・なかなかオデッセイバトルに参加できないんですが(今週末も仕事でムリ、16日は↑)。

| ホーム |


 BLOG TOP