RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

  • お知らせエントリ (12/31)
  • 今年初の神宮 (03/18)
  • まぢかっ (03/14)
  • 増額 (03/11)
  • 6年 (03/11)
  • 機種変更 (03/10)
  • 故障組の復調、だがしかし (03/10)
  • 2017年 (01/02)
  • 久々のエントリが年末 (12/27)
  • 神宮花火大会、ハマスタ花火大会、ほっともっと花火大会、所沢花火大会 (06/26)
  • プロ野球データFreak
    セリーグ順位表
    パリーグ順位表

    カテゴリ

    リンク

    月別アーカイブ

    最近のコメント

    采配ミスが重なって

    プロ野球プレミア12は準決勝にて韓国に敗戦。土曜日は3位決定戦に回る事となり、テレビ朝日及びニッポン放送での決勝戦生中継も取りやめに(テレビ朝日は録画放送らしい)。


    予選ロースターでも感じていた小久保ジャパンの采配面の拙さが重なった結果、抑え投手を活かしきれなかったこと。
    暴言に聞こえるかもしれませんが「監督の戦犯としての責任は重大」と言わざるをえない。
    また韓国チームはデッドボールを自分から取りに行く事も多く、そこにハマってしまって嶋捕手が萎縮してしまったのかなと。
    (あれはデッドボールではないと思うのですが、審判の判断が絶対ゆえそこに文句をつけても後の祭り)

    勝てる試合を采配のミスで落としてしまった。残念な試合です。
    次のWBCは首脳陣を一新してほしいなと考えますが小久保監督続投であるならば起用方法等、しっかり考えて欲しい。三度目は「ありません」。

    あとは明日の3位決定戦をきっちり勝ちにいきましょう!

    多分今年の府中ラスト

    日曜日はこの秋初の(っても2回目)府中1Rからの参戦。GIの裏開催でさほど混雑しない事が予測できたので9時半過ぎ到着ののんびり移動。この時間はまだ小雨が残っていたこともあり4階部分を除いてはガラガラ。402投票所下のターフビジョン~ゴール間の席を悠々確保。このあたりの場所で見るのは最近あまりなかったなぁ・・・

    朝一にいきなり勝負。初ダートでもナックビーナスの軸は揺るがない印象で、相手を枠連で4枠、8枠へ流すのは決めていたが田辺の12にしようか内田の2にしようか迷って「前へ行ければ」で内田のタイセイパートナーを相手押さえに。田辺のジャルーズはエンパイアメーカーのダート替わりは気になるも、福島大敗が気に入らなかったのもあり。

    スタート直後から直線坂上まではこれでヨシという展開であったがそこから田辺に差されてドボン。相手選択のミス。

    続く2Rはノリの1・石川裕紀人の11でどうしようもないメンバー構成。パドックを見てまぁ、3連複で相手探しよなぁと書きつつ京都1Rに手を出す。
    新馬戦11番人気2着した上、花田騎乗のアリノマンボがいかにもワナくさいので蹴っ飛ばして、京都ダート1400mで良く来る川田の
    ジュエルメッセージから入る。母方からダート替わりはプラスと見て、(この時点で)単勝8倍くらいと人気もソコソコ。相手を2.7.11の3点へ流して京都の馬場様子見。

    早仕掛けした時は「あー終わったわ」と思いつつも内からしぶとく脚を伸ばして競り勝ち。JRA-VANのタイム・対戦DM1位の割に人気がなかったクリノセゴビアが2着に入り馬連60倍をヒット。これで東京1Rで悶絶した分を概ねカバー。

    東京2Rはパドックよく見えたのは石川裕紀人のマテラヴィクトリーだったが外から脚を伸ばしてきたエルゼロが全く違う勢いで快勝。2着が危うかったマテラヴィクトリーもなんとか踏ん張り、3着アッテンツィオーネは3連複の紐に入っていたので安いながらも的中。

    東京3RはまだJRAでの勝ち星がなかったトミーベリー騎手のファイナルコールがパドック含め上位の印象。相手を手広く行った分トリガミするも、ファイナルコールはここでは強かったなぁ・・・。トミーベリー騎手はもう少し日本語うまくなりましょうw(インタビューがほとんど英語だった、あと通訳の兄ちゃんがめっちゃイケメンだったなw)←参考記事


    4Rあたりから一気に青空が広がってきて4R発走前にはほとんど晴れ。こうなると府中は暑い^^;
    4Rはゴール前で観戦。馬券がうまく絞りきれなかったのと馬場見もあり馬券は複勝で遊び程度。人気のナムラシングンはこの馬場でどうかと思ったが、ゲートを嫌がる馬あり外枠発走の馬ありでゲートで待たされたことを考えると完勝かな。3着のトーホウデサント複勝だけ的中(トリガミ)。

    新馬戦を2つ外して(特に見せ場もなく)、京都6Rの新馬もダメ。このあたりでマイナスに転落。

    福島7Rの馬場を見て「13年函館終盤みたいだなあ、3日連続設定不能かいな(GC先週の結果分析での話)」と思いつつ午後から参戦予定だったRYOさんとここで合流。馬券は複勝だけ。15が3着に粘ってればワイドもありましたが。

    東京7Rは勢いづけのために単勝と3連複を買うも単勝が中心。イダクァイマが勝つもトミーベリー騎手のブラインドタッチが来てくれた方が美味しかったなぁ。それでも1000円持っていたので微量プラス。でもこのレースを当てて勢いづける事が重要だったかな。

    東京8Rは福島8Rなど検討している内に馬券考慮時間がなくなってしまい適当に内田から買うも、こういう適当に買ってる時は当たらない。ウサギノカケアシは複勝を押さえるべきでしたorz

    その先から京都8Rはトップディーヴォの相手探しでいろいろ考えているうちにIPATで馬券を買おうとしたら時間切れ。押さえに入れようとしていたピグマリオンが2着に来て馬連34倍をみすみす逃してしまった・・・。

    東京9R(tvk賞)が午後一番の勝負レース。アデイインザライフは確かに実績上位も馬場や展開が向きそうになく本命に推しづらく、前へ行けそうなのは3歳馬の田辺・マルターズアポジーと降級戦の割に人気が全くなかった石川裕紀人のセセリ。JRA-VANのデータを見て気になったのは松岡正海のマイネルイルミナル。ここはワイドと3連複を中心に4.9の複勝、9からのワイド流し、10-4.9-4.6.8.9の3連複で勝負。アデイインザライフが複勝圏を外す事がここでは考えられなかったのだが、この時間になり内目が乾きだし直線坂上はさほど傷んでいないため内へ進出する馬に分があり、外から乗ったアデイインザライフがドボン。「JRAプラス10級馬のトビ」で複勝がおいしいことになったが3連複は大失敗。あとセセリの複勝を押さえるべきでした。

    どうにも「予想はそれなりに行っているが馬券がポテンヒットor送りバント」状態。

    京都9Rは仲間内POGで指名しているアラバスター・バティスティーニが出走。馬券もここから入る。頭は新馬戦が圧巻のパフォーマンスだったバティスティーニでこの馬の単勝と3連単の頭固定が馬券の中心。オープンで2戦凡走していたアラバスターも前へ行ければ、で3連単の2.3着に。怖いのが開幕週に仲間内の社台牧場禁止POGで本命指名していたディープエクシードに勝利していたレヴィンインパクト。馬連で少し押さえました。3連単も割と絞ることができて2→1.7.10→1.7.10。

    それにしてもディープかよ?と思った3~4角のマクリ。次はホープフルSみたいなので有馬記念デーは現地で見る事を決意。来週の東スポ杯2歳Sに出るプロディガルサンも楽しみですし、新潟2歳Sで異次元の競馬をやったロードクエストもいるわけで。

    ここである程度プラスに持ち込んで、福島2歳Sをあっさり外しての奥多摩S。フロアクラフトがもう少し内目で立ち回ればなんとかなったかもなぁ。とはいえブラヴィッシモが内目抜けてきそうな感じの馬場にはなっていたのでマイナスにはならなかったのですが、なんとも微妙な結果。サンブルエミューズもあっさり止まってしまい、どうも先行立ち回り組が不利な印象。これをメインレースにも活かせれば・・・
    福島記念はあまりの本命決着である意味悶絶。せめてステラウインドが3ならなぁ・・・ファントムライトは一銭も持ってない。

    その上でのオーロカップ。馬券の軸に迷ってロサギガンティアを中心としたボックスを組んで迷ったのがアルバタックスとレッドファルクスだが、内目差し伸びの馬場バイアスを見てアルバタックスの方をボックスに入れる。ニシノラッシュはこの馬場や展開じゃ何もできんだろうと消し。これがうまく行って20倍くらいだろうと思っていた馬連が30倍オーバー。京都10、福島記念の負け分はなんとか取り返す。
    アルバタックスも昨年のこの日「競馬予想TV」で名前が挙がっていた1頭(ただし京都の1600万)。近況はオープンの1400か1600でこういう展開に持ち込めれば、の1頭なんでしょうか。そうなるとタンザナイトSに進むなら危険かもなぁと思ってみたり。

    エリザベス女王杯はあまり本腰入れていない予想。GIだから大勝負ってワケではなく朝一とtvk賞、奥多摩Sと勝負レースはほとんど終わったので参加料+GIなりの購入金額に。馬券はラキシスを強めの3連複ボックスとルージュバックとマリアライトのキャロット組の単複を押さえ。
    マリアライトが完璧なレースをして勝ったなぁ、ルージュバックはもうちょい立ち回りなんとかならんかったのかと言う感じ。ラキシスはこの週のムーア騎手微妙っぷりをそのまま示すレース結果になった感。タッチングスピーチはいらんと思って切ってしまい、3連複がヌケ。単複だけでは相当なトリガミとなってしまいました。

    最終レースは福島と東京が日没の関係上比較的早い時間に来る為エリザベス女王杯前あたりからじっくり予想。
    福島最終はこういう馬場だしバクシンオーでいいかー、とバクシンオー産駒を中心としたワイドと複勝で入り、あと150まで完全に諦めていた馬券でしたがハコダテローズの大外一気に助けられてリミットブレイク-ハコダテローズのワイド・ハコダテローズの複勝ともゲット。福島2歳Sで内外もうどうしようもない馬場という印象でもあったのでこういう馬券になりました。

    オッズを全然見ていなかったのでハコダテローズの8番人気を見てちとにんまり。
    福島は開催前半高速馬場、後半は雨に祟られての道悪継続でパワーや底力がいる馬場に変貌したのが昨年とは違う点。後半組の取り扱いを今後どうしようか考えないと。

    東京最終はソルティコメントの軸はどうしようもねぇなぁって感じでここから馬連・ワイド・3連複に走る。相手5(最終の石川にしては人気しすぎが嫌だったけど実力面ではアリだったので押さえた)、7.11を塗ったところでトニーベリーの2にするか先生の15にするか迷って前者を選択。これが正解。黄菊賞や東京2Rの再現みたいな展開だった・・・・。5番人気-1番人気決着の割には馬連19倍、ワイド8倍となかなか美味しい馬券。ただ、3連複が1着2着4着(´・ω・`)・・・贅沢言っちゃいけませんが、64倍の3連複なら勝ち組に回れていたなあ・・・。結局トントンレベルまでは回復。取れているレースはあれど負けたレースもそれなりに金額入れていたのが原因。

    京都最終はそのあたりが一旦過ぎての締め切り3分前くらいで、PATの残高のキリ合わせのためにPATで少しだけ参加。しかしムーアが飛んでドボン。勝った3は流石にこの短縮は無理じゃねぇかと切ってしまいましたが、この週の京都はハイペースが目立った印象。道悪が続いて直線が短いためにマクリに賭ける馬が多いのかな。

    結果的にほとんど負けなしで終了できたのが幸い。一時1.5万近くまでマイナスが進んだことを考えれば・・・。
    日記タイトル通り、よほどがなければ今年の府中はこれで終わり。あとは中山2回、大井+川崎1回かなぁ・・・。

    ひとまずは回避か

    南関東4競馬の2016年度開催日程が昨日発表。JBC開催が川崎になる事以外大きな変更はなし(クラウンカップは「2016年の競走が休止」ではないので)。

    今年やや問題となっていたRoad to JBC路線は東京盃開催が1週間早まったことで連動して日本テレビ盃も1週早まって東京盃は敬老の日に実施する事で白山大賞典や南部杯と同時期開催になる事は一応回避(ただ、白山大賞典の時期が変更されない場合は大きく改善した、とは言いがたいかな)。

    細かく見ていくと
    ・船橋競馬の2016年ナイターは4月から12月までの開催(ただしGW4日を除く)。2017年からは3月のダイオライト記念開催からナイターが開始される見込み。現時点では2017年3月後半の大井競馬が昼間開催予定になっているが、これはナイターに変更されるのでは?
    ・GWの船橋競馬は5月2日~5日が昼間開催。6日のみナイター開催でかしわ記念・東京湾カップは昼間開催。
    ・7月開催の日程が若干変更になったことでマーキュリーカップと習志野きらっとスプリントの同日開催が解消。習志野きらっとスプリントはナイター開催で実施。
    ・来年新設される祝日「山の日(8月11日)」当日は浦和競馬実施。
    ・7月31日及び8月14日、11月27日にJ-PLACE大井があり。ただしG-FRONTの竣工に伴いJ-PLACE大井開催日が増加する可能性も?既に地方他場外については今週の船橋場外から4号スタンド→G-FRONTに発売場所が変更になっている。
    ・レディスプレリュード及び東京盃が例年より1週間早まり、JRAでは9月の3日開催がなくなったことでレディスプレリュードはセントライト記念翌日の月曜開催(おそらくAPAT向けの地方競馬IPAT発売あり)、東京盃は22日の敬老の日(木曜日)でいずれも昼間開催で実施。これまでこの時期に行われていた東京記念が若干時期が繰り下がって10月開催へ。インタラクションカップもこの開催に入りそう。
    ・年末開催は12月26日~28日の大井ナイター、29~31は恒例の薄暮開催か。年始の川崎も含めそこは変更なし。
    既にボートレースの「クイーンズクライマックス(賞金女王決定戦)」が来年はボートレース平和島での開催となることが発表済みであるため、年末は大井競馬・ボートレース平和島ともに「ビッグレース」で年を締める形に。

    夏~秋に今年重賞日程が変更になったところが概ね2014年度の日程に戻った(ただし9月~10月の大井除く)形かな。
    この日程だと南関では来年度は「未来優駿」の対象レースがないようにも思うのだが、どこかで2歳オープンでも組むのかな・・・?

    個人的には年明けからでもJ-PLACE大井での発売を通年でやってほしい気もしますが、川崎や浦和の「ウインズ」業態の2場及び都心ウインズに「配慮」する形なんでしょうかね?今年「非開催日」となる有馬記念当日の動向も見て判断、となるかもしれませんが。

    競走数に限りがあるが・・・

    日刊スポーツ報道等で11月7日より海外競走馬券発売(今年の国会で成立した競馬法改正によるもの)競走指定についてのパブリックコメントが募集されているので、文章をまとめてコメントする事を考えてはいるのだが、そこまで海外競馬に明るくない身分でもいいのかなと思いつつ、二の足を半分踏みかけております。

    11月10日放送分グリーンチャンネル「地中海ケイバモード」放送上で合田直弘氏が「JRAと(海外競走)主催者間との契約等の関係もあり日本馬の動向で競走をフレキシブルに指定するのは難しい」というニュアンスの発言をしていた事や、国内でもシステム面の都合等もあるため発売レース・場を固めておかなければならず、2016年の法施行当初段階ではJRAによる発売に限定されているという前提で考えると、個人的には凱旋門賞前哨戦、英米三冠やグローバルスプリントチャレンジ加盟競走も追加すべきとは思いますが「あれもこれも」になってしまって逆に絞れない場合選定上問題にならないとも限らないし現在指定されている24競走±α程度が法施行段階での「初期段階」とした方が良く、そこから競走数の増加やJRA以外の主催者に発売を認めるケースでは競馬法改正まで行かない段階で(JRAや競馬サークル内で)解決できる問題なのではないかな、と。今は骨子を固める事が重要かと。
    発売様式等は今回のパブリックコメント募集には含まれていない事もあり(とはいえインターネット投票に限定されるのが現実的)指定競走に限ってコメントしたいな、と。

    それでもゴドルフィンマイル(日本馬の遠征実績多数)、フォア賞・ニエル賞・ヴェルメイユ賞(ここ数年GCでの中継実績があり、2015年も中継)は追加して欲しいなぁ・・・。「そんな事より射幸心煽る馬券もっと入れろw」ってのが本音の人は多そうですが・・・4連単とか5連単とかある国も結構ありますが、日本のシステムを使う関係上発売馬券は3連単までに制限されるでしょうからね・・・。

    そもそもオッズが現地と別建てならば日本馬を敢えて買わないというある意味袋叩きにされかねない買い方がベストじゃねぇかwと思ってしまう・・・・

    G-FRONTに行ってみた

    JBC明けの水曜日でしたが、大井競馬場新スタンド「G-FRONT」の2F指定席ヴィクトリーシートに入ってみた。(元々JBCデーは行けないことが確定していて今日が仕事休みだった、という事情もありますが)

    今回確保したのは3号スタンド寄りのUSB充電ポートつきの席。C列42番でG-FRONT一般席から2Fスタンドへ入れる階段で仕切られた場所の4コーナー側2列目の最後方(42・43番席は3列で他は4列~5列でした)。TCK公式を見たところ当日の残席は全272席あるうち160席ほど当日席として販売があったようですでそこまで埋まっていた日ではなかったようですが、USB充電ポートありの41番から4コーナー寄りの席は7割~8割は埋まっていた模様。ゴール前に近い席は1Fの一般席ゾーンからゴール前の眼前ですが、充電設備なしは個人的に「ナシ」でした。

    旧2号スタンドより値段は上がり1000円となりましたが、1000円の値打ちは十分あるかなと。
    ただし馬券売り場は一般席と共用なので、指定席客専用でない点は混雑時気になるかもしれません(SPAT4使えばいい話だけど)

    ゴール前はJRA競馬場でも標準的な「1テーブル2席」ですが、4コーナー寄りの席はテーブルの構造自体はゴール前エリアと同じですが、中央に仕切りやマークカードなど小さなものが置ける台がついており、ゴール前の席より席のグレードが高い印象。USBポートによる充電も可能ですし馬場ビジョンも目の前。ゴール前にこだわらないのならば41番~64番の席はこういう席なので良いかもしれません。
    席ごとにモニタはついていませんがエリアにモニタがたくさんあるのであまり困りませんし。

    DSC_0097_20151105015555089.jpg
    ※チケットに本名が書いてあるのでその部分は画像処理しています。
    席のテーブルはこんな感じ。JRA競馬場やL-WINGのようなマークカードホルダーはないですが、テーブルの上にマークカードなどを置く小さな台がついていて、中間に仕切りがついています。
    椅子後方には荷物や上着を吊るすためのフックがついておりますし、席後方に少し余裕があるので椅子に服をかける事程度であれば余裕。
    充電用のUSBポートはテーブル下の中央部に一人1個口ついていました。

    DSC_0099.jpg
    結構ゴールが近い。旧2号スタンドもゴールに近めの場所でしたね。

    DSC_0100.jpg
    ゲートっぽくなっている場所がヴィクトリーシートの入口(自動改札でチケットのバーコードorQRを読み込んで入場するシステム)。
    このゲートより後方や階段部分は一般席エリアと共用です。

    DSC_0102.jpg
    ゴール前エリア側のヴィクトリーシート。こちらの方の席は5列ですね。そういう意味でも4列しかない4コーナー寄りの方が総合的にビジョンも近いですし好みですかねぇ。ただ人気になりそうですがw
    4コーナー側が4列になっているのは車いす用のスペースが確保されている分なのかも(通常のヴィクトリーシート後方に車いすスペースがありました)

    この日はオープニングキャンペーンでヴィクトリーシートのチケットを持っている人に500円分の場内利用券がもらえたため、1Fの店で夕食。煮込み丼500円。もう少し味が濃ければ好みだったかな・・・。今度はカレー食べてみたい。2Fのパスタ屋はもう少し安ければと思いますが、1000円の指定席に入る客なら馬券で1万2万は使う想定ですからこのくらいで適正なのかも。G-FRONTの後方にはスイーツの店もできました。


    1Fの一般席も1人ずつ椅子が区切られていてカップホルダーつき。旧2号スタンドでは奥のほうまでいかないとベンチがなかったゴール付近にも同じような設備があるので旧2号スタンドに比べると設備面では流石に大幅グレードアップ(当然)。

    DSC_0107_201511050206128c0.jpg
    GIデーやお盆・年末開催でなければ席の確保はそう難しくなさそうですし、L-WINGの一般席よりグレードが高いような。府中の一般席がL-WINGならメモリアルスタンドの席に近い?

    DSC_0108_20151105020607486.jpg
    このように席は一人1席ずつ区切られていてカップホルダーつき。一般席としてはグレードが高いように思いますがw

    DSC_0109.jpg
    一般席はTCK公式によれば1200席程あり、この日は半分も埋まっていませんでした。

    DSC_0110.jpg
    最新スタンドとまもなく役目を終えるスタンドの競演。3号スタンドもあと僅か。

    馬券は7Rから参戦。7頭立てのレースで穴狙いの3連単2軸マルチも本命決着でドボン。その後は8Rからメインまで4連勝で最終がガミ。アザヤカサクラの応援馬券買いすぎた^^;それにしてもソルテ強いねぇ・・・パドック見て「こりゃ逆らえんわ」って感じでしたが・・・

    ※その他今日撮影した画像・動画をgoogle+ストーリーにてアップしております。あわせてどうぞ。
    https://goo.gl/photos/s34W1tiCrJ71ZESK6

    バイきんぐ、本命ムサシキングオーできっちり馬券当ててたな・・・表彰式でヤジられまくって(そういうキャラであるけど)3~4回キレて大川アナとのトークが面白かったなw

    | ホーム |


     BLOG TOP  » NEXT PAGE