RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

  • お知らせエントリ (12/31)
  • 2017年 (01/02)
  • 久々のエントリが年末 (12/27)
  • 神宮花火大会、ハマスタ花火大会、ほっともっと花火大会、所沢花火大会 (06/26)
  • 宝塚記念 (06/26)
  • そして伝説へ (06/09)
  • 安田記念 (06/05)
  • 東京優駿 (05/29)
  • コラボ企画終了 (05/27)
  • 強い競馬 (05/25)
  • プロ野球データFreak
    セリーグ順位表
    パリーグ順位表

    カテゴリ

    リンク

    月別アーカイブ

    最近のコメント

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    昼開催はお休み

    来週はいよいよJBC。4年ぶりの大井開催かつ、「G-FRONT」と「3号スタンド」が共存する最後のJBCとなります。
    ※3号スタンドは東京大賞典後、年明けをめどに取り壊しの上跡地をイベント広場などに転換予定。来年のナイター開催は内馬場に転換されるイベントが増えるものと思われます。この現3号スタンドの取り壊し・整備までを含めて「大井競馬場長期改修計画」でもあるので

    でも話はそこではなく
    12月の年末開催にダイアモンドターンへ行けるか微妙で年明けでもいいやと思ったら、1月~3月開催(ナイター開幕まで)はダイアモンドターンの改修に入るためお休みだとかで。むー、来年はリーズナブルプランなしですか。G-FRONTの3Fのごく一部にこういうビュッフェでもつけてくれると尚良しですけどねぇ。
    モニターの入れ替えなどを進めてきているのでしょうけど、4号スタンド自体が3号スタンド取り壊し後は古き大井を象徴する唯一のスタンド(あとはバスプールと一体化している正門・ふるさとコーナー付近か)になりますから、整備が必要な時期になるでしょうけど4号スタンドで場外発売に関係ない場所を昼間開催のうちに一気に改修工事するのか、その間はG-FRONTあるいはL-WINGで場外発売をやるのかも気になるところ。

    もう南関3場の場外発売はL-WINGに集約するのもアリでしょうし、4号スタンド自体が相当「持て余している」現状でもありますからね・・・
    3号スタンド取り壊しまでの間にゴンドラ席にもう1回入っておきたいかも・・・
    スポンサーサイト

    おおい。

    ヤクルト、髙山俊交渉権獲得かと思いきや、実は阪神でした(真中監督の確認ミス)というオチ。
    お願いしますよー^^;; 過去にもこんなミスがあったようですし、別のマークを指名権獲得と間違えたようですが、外野手不足に喘いでいるヤクルトにとって欲しかった選手だけに、残念。

    骨折が今後どちらへ向くかがわかりませんが、阪神には大事にしてもらいたい「六大学の至宝」ですからね。
    結局ヤクルトの1位指名は投手。ここ数年投手を複数人取っておいてなかなか芽が出てこない現状がもどかしいですね・・・。今日もフェニックスリーグで馬鹿試合やっていたようですしw

    夢の頂へ、飛翔せよ「ツバメ軍団」

    少し遅くなりましたが、東京ヤクルトスワローズが14年ぶりの日本シリーズ出場。CSは初戦こそ石川・ロマンの被弾で敗戦したものの2戦目からは得意の「先行逃げ切り」野球で3連勝。土曜日で決着となりストレートで日本シリーズ進出を決めた「最強鷹軍団」福岡ソフトバンクホークスとの日本シリーズとなります。

    交流戦でのソフトバンクとの対決は1勝2敗でしたが、その時のスワローズとは何もかも違うはず。あの頃のスワローズは「なんとかCSに届けば良い」というBクラスの立場でしたが、今度はセ・リーグの王者としてぶつかる以上、少なくとも「神宮での胴上げ傍観」だけは阻止せねばなりませんが・・・

    とはいえもうここまで来たらスワローズの選手には楽しく野球をやってもらって欲しいもの。来年、再来年と「第2の黄金期」を迎えればチャンスはまだあるはずですし今年のスワローズ打撃陣からは十分可能な話。現時点では日本シリーズを戦う経験値が足りない現状ながら、短期決戦で巨人相手にきっちり3連勝できたことは自信にできる材料。選手・首脳陣を信じどんな結果でも受け入れる覚悟はできています。

    まずは福岡ヤフオクドーム、「ヤクルトの発祥地」がヤフオクドームのすぐ近くだそうで「福岡対決」とも言える今年の日本シリーズ。ここまでスワローズの応援に邁進できた事の喜びを噛み締めつつ、もう一応援したいもの。

    そう言えば神宮でパブリックビューイングやらないんですかね?大学野球の絡みもあるでしょうけど、試合開始は18時半と遅めですし・・・

    #日曜日に六大学野球を見に行った帰りに思わず優勝記念グッズを衝動買い。そんなにお値段はしないものですが優勝の記念を何か形にしておきたかったので、記念ロゴ入りコルクコースターとステッカーセットを購入。前者はネットショップになかったのでオフィシャルショップでしか買えなかったのかな・・・?

    日本シリーズは現地観戦が難しいので傘はファン感か来年のオープン戦で新調かな。今年のスワローズファン感は大混雑になりそうだ^^;(広島のファン感チケットが瞬殺という話を聞くと^^;;;;)

    秋華賞

    日本シリーズ進出に湧いて先ほどまで祝杯上げていたためこんな時間に。
    まずは巨人選手、巨人ファンの皆さん、スタッフの皆さん、そして何よりも(まだ決定ではないですが)退任を表明した原監督、お疲れ様でした。
    そしてスワローズファンの皆さん、ヤクルト選手、スタッフの皆さん、真中監督おめでとうございます(2回目)。
    ホークスとは「野球を楽しむ」つもりで。勝っても負けてもファン感楽しみにしていますので。
    ちゃんと野球賭博についてはけりつけてね

    明日のCS観戦楽しみにしていましたが、その点では残念^^; とはいえ木曜日きっちり勝つところ応援できましたし。
    ドラフトも近い事だし、大学野球は見に行こう・・・。

    さて、本題。

    まずは遊び予想。(主にスワローズ絡み)
    枠連ボックス1.5.6.7(CSファイナル進出したロッテ、ソフトバンク、ヤクルト、巨人のチームカラー。ヤクルトに関しては「燕パワープロジェクト」の緑ユニ)
    馬連と3連複ボックス2.6.8.9(つば九郎のもじり)
    枠連7-7(真中監督の背番号)

    で、ここから本気予想。

    ◎ミッキークイーン
    ○トーセンビクトリー
    ▲ディープジュエリー
    △ココロノアイ、マキシムドパリ、クインズミラーグロ、クイーンズリング、アンドリエッテ
    大穴 アースライズ

    阪神芝1800と京都芝2000は本来求められる資質は違うはずだが、共通点としては「高速馬場」。この秋からエクイターフを利用するようになっているのかもしれないが、今夏のGC特番でのデータでは関東以北では主流となってきているエクイターフ不使用の京都。洋芝でも東京や中山とは別の芝を使用していると言う事となる。
    京都大賞典での異常な上がりや前日の京都メインなどを見る限り昨年のような異常な高速馬場に近い状態と見て、今年も1分57秒台(他場で1分58秒前半)が出せない馬はオミット。こうなると後方一気の展開待ちになるタッチングスピーチはローズS勝利という意味ではポジティブデータだが明らかに展開が向いたもの。今回も先行馬が多いがそうなれば1999年ブゼンキャンドルのような伏兵の台頭になると見て消し。

    本命はミッキークイーン。netkeiba上での亀谷敬正氏コラムで「1400mでの連対馬」が秋華賞には強いというデータが有るらしく、新馬1400mを2着。ここから徐々に距離を伸ばし実質重馬場だった桜花賞デーの忘れな草賞は時計が出なかったが上がりは際立っており、その前のクイーンカップで1分34秒0で走っていた地力から速力勝負も問題なし。オークスの2分25秒0は次週のダービー2分23秒1に比べると物足りないが牝馬レベルなら十分。ローズSは出し抜けを食らった形で負けて強し。大外枠はむしろ差し馬の当馬にはプラスに向きそうだ。

    そのローズSは3着に負けたがトーセンビクトリーも一瞬の切れ味の点で京都2000はプラス。ただ外を回される競馬になるとミッキークイーンには敵わなそうでこの評価。

    ディープジュエリーはローズS惨敗で人気を落としているが叩き2走目。ナムラアンのように全くの別馬と化している可能性はあるがデビューから3連勝、特にデイジー賞での競馬は際立ったもの。流石にスイートピーSより更に2秒時計を詰めろ、というのは酷だったと思われ、速力不足に泣く可能性はあるが1分58秒前半の決着までかかるようであれば台頭の余地アリ。これで11番人気単勝35倍ならむしろポジティヴで。

    △勢は1400mを使った組の穴狙い。超大穴でアースライズ。オークス0.5秒差4着、新馬戦は中京芝1400m。17番人気と全く人気もなく、この馬から入れば確実に万馬券だろう。ここ2走の惨敗で人気を落としたが軽い馬場なら一変の余地アリ。

    ◎から○、▲からの3連複をメインに▲の単複、大穴のアースライズからは100円ずつ馬連総流しを馬券のメインに据えたい。
    △勢はオッズ次第で単複を押さえる方針で。

    続きを読む »

    彼ら(ヤクルトファン)の悲願に報いる刻が来た

    某桜花作戦冒頭演説の一部分より引用<タイトル

    初戦は久々の試合もありヤクルト全体がいまひとつの動き。先制こそ取るも坂本勇人のHRで事実上決着。更にアンダーソンのダメ押し点で惨敗を喫す。

    木曜日の第2戦、ブログ主初のCS参戦。そう言えば神宮での「CSファイナル」は初めて。
    難攻不落のマイコラスを4-0で神宮3塁ベンチの扇風機ごと撃墜。

    そして今日、館山VS菅野をきっちり勝って、先に決戦の場へ進んだ「王者」への挑戦権に片手が掛かった。
    ソフトバンクホークスとの対決まであと白星ひとつ。しかしそのひとつを取るのは簡単なことではない。明日試合ができるかどうか微妙ではあるが、勝って「二度目の神宮ビールかけ」へ。

    14年ぶりの悲願へのステージを見ることなく天へ召されたとある俳優と音楽家へこの勝利を捧げれば良いなと。
    #児玉さんと羽田さんの事。

    | ホーム |


     BLOG TOP  » NEXT PAGE


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。