RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

東京優駿

◎ドゥラメンテ
○リアルスティール

▲キタサンブラック
△タンタアレグリア・ポルトドートウィユ・アダムスブリッジ・ミュゼスルタン

皐月賞1.2着を素直に信頼(皐月賞の予想と変わってないw)。今年は共同通信杯組のレベルが高く、皐月賞がそれに直結した事から。気性だ当日の馬体重だ言われているが、皐月賞でほぼ決定的なパフォーマンスを見せた現状であれば、結果は自ずとついてくる。後入れになる偶数枠番自体もプラスだし、今後古馬になってジャパン・オータムインターナショナル路線へ進むならば、大観衆でマイナスになっていては。

近況皐月賞2着からのダービー成績が不振であるが、リアルスティールが逆転候補。やはりディープは怖いということで。

皐月賞3着からの巻き返しは近年エイシンフラッシュやディープブリランテなどで打率面では2着よりも上。余程の雨で内枠有利にならない限りは。幸い雨の心配がだいぶ下がったこともプラス。

あとは青葉賞組や他路線組だが、1着より2着馬のほうを上に。ただ今年の青葉賞組は正直低レベルでどうか。

テーマ : 競馬予想 - ジャンル : ギャンブル

オークス

◎レッツゴードンキ
○ミッキークイーン
▲クルミナル
△ルージュバック

あえて絞り気味に。桜花賞1分36秒0の時計自体はスローが生み出したものだが、当日の馬場も良発表とはいえ時計を要していた。他路線に逆転候補がいない今年のメンバーかつ、同型不在ならレッツゴードンキの二冠まで。

ミッキークイーンは比較的低レベルだった忘れな草賞だが、差しが厳しい桜花賞当日で差し差しでロカ以下を完封。これなら相性良い同レースという事も加味して。

ルージュバックの取捨には毎回迷うが今回はこの評価で。直前まで外厩調整ってのが(大竹ごにょごにょを差し引いても)調整過程で気に食わないし、マンハッタンカフェ産駒の2400自体プラスにはならない。同じキャロ勢なら桜花賞2着クルミナルを上に。

先週内目死亡しかけの芝だったため(パトロールビデオを見ると洋芝が相当タレている)内目の整備にだいぶ苦心した印象が取れるので外差し組はやや割り引きたい。来週のダービーもこうなると内からの33秒前半組に警戒、なのだが。

ハンマーで後頭部を叩かれたかのような

オートレースのスター選手だった片平巧選手が本日亡くなったとのニュースが夕方に入る。(スワローズ中継をつけようとスマホのブラウザを起動させたらホームに設定していたauヘッドラインで見つけた)

3月のプレミアムカップ以来しばらく休んでいた(*1)から病気で休んでいたのかな、とは思うのですがJKAからは要因に関する発表はなし。
私がオートレースファンになった当時のスター選手の代表格である選手。その瞬間頭が真っ白になりましたね・・・
タイトルで書いたような衝撃を受けた、というのが率直なところ。

たけしの等々力ベース「オートレース道」をご覧になった方(*2)や当時からのファンであれば彼の強さは説明不要でしょう。偉大な選手を失ったものです。謹んでご冥福をお祈りいたします。

このニュースから数時間前にはオートレース最高齢選手の谷口武彦選手が伊勢崎オートレースの一般戦で勝利を飾ったうれしいニュースもありながら、このニュースですべて吹き飛んでしまった気持ちです。

*1 あとで調べてみると先日の船橋オート・GI黒潮杯2日目10R6着がラストランとなった模様。2日目で途中帰郷していたことから、体調面での問題があったのだろうと伺わせますが。

*2 こちらの動画。1997年のスーパースター王座決定戦だったようです。SGで10mハンデを背負う事が「異例」でぶっちぎった、と書けば説明はいらないのでは。このレースに出走した選手も引退や殉職していった選手がだいぶ増えてしまいましたね。

VM

◎ヌーヴォレコルト

▲スイートサルサ
▲タガノエトワール
▲ストレイトガール

△バウンスシャッセ・ディアデラマドレ・メイショウマンボ・カフェブリリアント

昨年のオークス以来連対外しないヌーヴォレコルトを軸として一応信頼するも、ある程度スローで流れて33秒~34秒前半の末脚が要求され、マイルの距離も桜花賞以来。総合タイムでも1分32秒台後半が要求されるBコースの東京マイルでは少なからず取りこぼしが考えられる。土曜がもう少し悪い馬場になったならともかくこの枠も決してプラスにはならず、確固たる軸とは言い難い。ベストは牡馬相手でも勝ってきたコーナー4回の中距離と見るが、中山記念だけで「牝馬相手では格が違う」と言い切ってしまうのも違うのではないか。昨年のジャスタウェイと通ってきたコース、レースぶりは似ているが牝馬限定マイル、という舞台が求める適性からは若干外れる印象がある。案外連を外して3着になる可能性まで見ての3連有望扱い。

▲に指名した3頭に取りこぼしを掬うチャンスがありそう。スイートサルサはようやく本調子に戻りつつある。荒れた馬場は不得手なためパンパンな良がベストだと条件は福島牝馬Sほどベストではないにしろ、ベターではありそう。とにかく荒れた馬場や渋った馬場になると大きく取りこぼすタイプだけに荒れた内には入りたくないタイプ。そういう意味での切れ負けにも注意。
タガノエトワールは秋華賞以来取りこぼしが続いたがハイレベルの1600万を勝利しての参戦。修学院Sは秋華賞後かつハイレベル、阪神での凡走は悪い馬場と考慮するとパンパンの良になりそうな明日の府中はプラス。1枠好走のデータからも。

逆にカフェブリリアントは昨夏の500万でも取りこぼし例あり、ベストは1400mか。ここで惨敗しても開催最終日のパラダイスSでは押さえたい。更に阪神牝馬S当日が重めの芝で土曜日は特に差し不発だった事を考えると阪神牝馬S組で買うなら差して届かなかった勢なのだろうけど、左回りでは取りこぼし目立つスマートレイアーも狙いたくない。

ストレイトガールは高松宮記念で動けずの惨敗後で人気落とすも、昨夏函館SS惨敗→スプリンターズS好走があり、昨年も3着に来ているので惨敗を引きずるタイプではなさそう。パンパンの良でどの馬も速いタイム・上がりでこなすようだとマイルでの性能は劣り、ベストは野芝の1200かとは思うが。そういう意味では▲勢では下の評価も、スプリンター適性が上位になるようならば連下で。

連下勢に4頭。バウンスシャッセは中山巧者の可能性疑いあるも、一応中山牝馬S好走から。ディラデラマドレは府中牝馬Sの差し・差し決着になるような展開・馬場ならともかくマイラーズCで上がり31秒9を使ったから府中マイルなら、の考えは捨てるべき。それで先週負けた馬がいましたよね?タフな中京芝2000できっちり人気に応えている馬が軽い府中マイルでも、とは考えづらくこの人気では買いづらい。

メイショウマンボは昨年2着の実績だけでだが、牝馬戦では余程能力抜けがなければ内枠が優勢。ことヴィクトリアマイルではその傾向が強い。更にこの厩舎では凡走が多すぎる事もあるため過信はできない。

NHKマイルC?

◎レーヌドブリエ

あ、これは東京5Rだった。手頃な矢車賞を蹴って府中に来た(こっちも未勝利馬3頭もいる手頃メンバーだが)のだし、このメンバーなら負けられないのでは。

NHKマイルCは基本的に「中山移行後のNZT組は不振(阪神代替開催だった11年3着のグランプリボス程度か、近年は)」。これは春中山6~7週目は馬場が外差しにシフトしやすく、野芝の生育とも重なるため「時計が出た上で派手なレース」が多いがそれでは東京の底力勝負では通用しない、という馬場形態の違いが大きいのだと思う。寧ろNZTは阪神のマイルでやっても良いと思うくらい、中山マイルは基本的に王道ではない。

「まだ馬場が踏み固められていない時期でよほどのスローでなければ速い上がりは出ない。総合力が求められる点でディープインパクト産駒は割引」
→昨年ミッキーアイルがようやくディープインパクト産駒で勝利。今後はディープインパクト産駒が席巻するのかもしれないが、旧東京コース時代からメインよりは多少違う血統が来る傾向。

NZT組不振のデータとも重なるが、「差し追い込みで結果を作ってきた馬」も割引。ダービーや安田記念のCコースとは違いそれなりに器用さが求められるのが府中Aコース。33秒前半を連発する馬より好位で折り合える馬の方が有利かと見る。その意味で高速馬場必定かつ中1週の橘S組も不要。


そして今年に関しては「前哨戦がすべて道悪」なのが悩ましい。前哨戦として一応カウントできるスプリングSは超スローでのもので、一応勝ったキタサンブラックが皐月賞で3着、そのキタサンブラックに前走府中500万で負けたサトノラーゼンが今日京都新聞杯を勝利しているが。



◎グァンチャーレ
○アヴニールマルシェ
▲ミュゼスルタン
☆フミノムーン
△ダノンメジャー
△クラリティスカイ
×グランシルク

正直、「GIだからガッツリ」は買いたくないレース。明日のメインは個人的には東京5RでありブリリアントSであるので。
取りこぼしも目立つがマイルに戻るならシンザン記念の中身を再度信頼したいグァンチャーレ。重賞勝利馬でここまで人気がないのならば。
アヴニールマルシェは枠以外では減点材料が少ないが、イメージ的に昨年のロサギガンティアとかなり被る。新馬以来勝ち鞍がない勝負弱さもこの枠ではマイナスで、外枠が欲しかったのも事実。
共同通信杯はとにかく不利が全ての5着だけに巻き返しは可能と見るが。

そのアヴニールマルシェに新潟2歳Sで勝利したミュゼスルタンが故障明け2走目で、と思われているがこの馬は「上がり33秒台の快速差し馬」の点でNHKマイルCが求めるイメージとは違う印象。一応能力だけなら最上位。ある程度自在性が利くなら前目での競馬も可能だとは見るが。

どこからでも入れそうなGIだけに波乱の目も。ゲリラ雷雨とか来たらもうわけわかめになるだろうし、返し馬まできっちり見ておきたい。

| ホーム |


 BLOG TOP