RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

  • お知らせエントリ (12/31)
  • 今年初の神宮 (03/18)
  • まぢかっ (03/14)
  • 増額 (03/11)
  • 6年 (03/11)
  • 機種変更 (03/10)
  • 故障組の復調、だがしかし (03/10)
  • 2017年 (01/02)
  • 久々のエントリが年末 (12/27)
  • 神宮花火大会、ハマスタ花火大会、ほっともっと花火大会、所沢花火大会 (06/26)
  • プロ野球データFreak
    セリーグ順位表
    パリーグ順位表

    カテゴリ

    リンク

    月別アーカイブ

    最近のコメント

    ペレジュニアはカット

    昨日でファミリー劇場での「第12回アメリカ横断ウルトラクイズ」放映が終了(明日5週分一気まとめ見がありますが)。

    第4週は禁錮33年の刑罰が下ったペレジュニアがゴールキーパー役で出演していたり、イグアスの罰ゲームでは本当の国境警備隊にあわや逮捕されそうになったりと「流石にファミ劇でも放送できねぇだろこれ」というシーンがありましたが、番組冒頭でのおことわりメッセージにおいて「オリジナルを尊重として放映します」との表記ではなく、「事情により一部シーンをカットしての放映」との表記でのスタート。

    サンパウロでのサッカークイズでのペレジュニアを含むキーパー役紹介シーンがカットされていました。(イグアスの罰ゲームはそのまま放送された模様)。

    第2週のバロー以来封印されていたバンザイ三唱も復活し(第3週は本放送でも当時昭和天皇の病状に配慮し自粛ムードであった中だったのか、万歳三唱のシーンはカットされていた模様)、バローでの「JOYSOUND」ロゴ追加とペレジュニア登場シーンのカット以外はオリジナルのまま放送されたのでは?
    女性挑戦者が準々決勝ワシントンD.C.まで進み、13回以後に比べて女性挑戦者の生き残りも目立った回でしたね(今世紀最後で準決勝まで女性挑戦者が生き残り、もうひとりの「一発屋ナース」の方はデュランゴまで進出していましたが)。

    放送後の「今だから話せるウルトラクイズ裏話 第3回」では第12回に出演した挑戦者4名が出演。この回優勝した瀬間さん、「キャノン改ニコン」澤野さん(サンパウロで敗退)、「バッキャロー!」平田さん(フェゴ島敗退)、イグアスの罰ゲームで「パラグアイに不法入国」してしまった古川さんが出演されていました。小倉淳さんが56歳、瀬間さんが50歳になるのですから四半世紀の時間は長いですねぇ・・・・ちなみにウルトラクイズのTシャツ・帽子3個で警備員を「買収」したとかで。

    イグアスで敗退した古川さんは成田帰着までの間に飛行機乗り継ぎが5回もあったとかで、本当の罰ゲームは「敗者になった地点から日本へ一人で帰る」事なのかも。日本に帰って疲れ切ったという話もわかります・・・。

    今後のリクエスト次第では他回の放映もあるとの事なので、早速リクエストしてきました。放映があるならばQUIZJAPANあたりとの絡みから長戸勇人さんが出演された第13回ではないかな?個人的には第14回が見たいですがクイズ研究会全滅の回でしたからねー・・・・(だからこそ好きなのです。福留ウルトラの集大成、バスで横断したスケールを含めて)

    明日の「イッキ見」では先々週天候不良で見られなかった第1週成田以降をまずは見ないとと思いつつ、全部録画してしまうとグリーンチャンネルが見られず明日の競馬中継はフジテレビの中継を見なければならないのが悩みどころ。

    週末の結果。

    土曜日は鳴尾記念がややアツかった。2000mでも不安なしと見ていたフラガラッハがあと少し届いていれば・・・。

    日曜日は恒例の安田記念現地ですが、雨での現地はかなり久しぶり。いつもは8時頃には現地に着いていますが、少し遅目の9時着でも十分スタンドの座席が取れる程の混雑率。30番柱あたりをちゃんと見ていたら、もう少し上の席が取れたかもと思いつつ。
    それでも到着が昼過ぎて座席取れず、スタンド4コーナー付近の手すりで3時間立ち見していたオークスよりはマシか。

    馬券は中だるみや芝が最悪馬場で買いたくないイメージがありながらも少しずつ買い、アツかったのが新馬戦と8R(新馬戦は3着何とか届いてワイドが入り、8Rは人気馬が信用できなかったので7枠からの枠連流しが高め入る)。8R編成になった鶴橋特別も3連単マルチ2通りで比較的高め入り、特別は少しずつお金を減らしつつで結構なプラスで安田記念へ行くも。

    調子乗って約2万買い、負けました。グランプリボスはリピーター的には有りでしたが、厩舎があまりに弱気すぎて・・・。それでも3着にダノンシャークが粘っていれば半分くらいは返ってきたんですけどねぇ。ジャスタウェイ、あの競馬で勝つかというのとこーせーは普通勝てる競馬なのに、本当にGIに縁がない・・・・8Rの斜行で騎乗停止になりましたし。
    (あの斜行は岩田の馬が妨害食らっても先着できないから降着なしだろう、でご一緒したRYOさんと見解一致でしたが)

    阪神12Rは馬単の裏目と単勝で少し取り戻すも、勝負に出た東京最終で買っていない8番にイン強襲されてドボン。結局マイナスでの終了となってしまいました。

    安田記念はクイックピックでとんでもない事が起きたのですが、それはまた別の話で。

    安田記念

    ◎ジャスタウェイ
    ○フィエロ
    ▲ダノンシャーク
    ☆エキストラエンド
    △クラレント
    △グランデッツァ

    木曜日からの雨があり、この時間府中付近は再度大雨。これでは馬場状態の回復はとても望めない。

    一応ジャスタウェイを本命とするも、重馬場からっきしのレッドスパーダ、来日2戦二桁のグロリアスデイズ以外何が来てもおかしくない状況。
    ジャスタウェイもここまでの道悪は2歳時の東スポ杯2歳S以来。隠れ道悪の秋天・中山記念を快勝しているので馬場に不安はないが、ドバイデューティフリーのレイティング130を絶対信頼し難い状況がオッズにも現れている。

    この舞台がリピーターレース的印象が強いため、過去安田記念や府中マイルで実績を作ってきた馬をある程度推すが、とにかくこういう馬場なので、馬券は応援程度になりそう・・・ジャスタウェイが安泰ではないという感じではある。

    知力体力時の運・「受信環境」!

    昨日はCSファミリー劇場で「第12回アメリカ横断ウルトラクイズ」1週目の放送。

    楽しみにしていたのですが、昨夜は関東で大雨。番組開始から30分を過ぎるあたりからブロックノイズがひどくなり、成田第二次予選から先はほとんど受信できず。
    ウェザーニューズの雨雲レーダーを見ると、数時間に亘って赤や黄色の雨雲が通過し続けて、衛星電波をブロックする雨雲が絶え間なく通過していった事がわかります。
    グリーンチャンネル(BS)やNHKのBS1もブロックノイズが酷い時間帯があり、衛星放送泣かせな夜でした。

    せっかくの放送でこれはない・・・・(泣) twitterで恨み辛みのピコピコハンマーを振り下ろすしかありませんでした。

    22日に再放送があるためまだチャンスはあるのですが、大雨にならないで欲しいなぁ・・・。

    東京優駿・九州ダービー栄城賞

    「九州ダービー栄城賞」が予測変換で出るgoogle日本語入力恐るべし。

    <東京優駿>
    ◎トゥザワールド
    ○レッドリヴェール
    ▲イスラボニータ
    ☆ショウナンラグーン
    △サウンズオブアース
    △ベルキャニオン


    2012年のダービー原稿より
    ・東京優駿での乗り替わり馬はほぼ来ていない・過去5年優勝馬は1枠か2枠(2011年は3枠のオルフェーヴルが勝利したため、1~3枠。内枠が圧倒的有利)
    ↑2012年で5枠-6枠の決着も、13年は1枠-3枠。
    ※注:2012年の予想からの抜粋なので、過去10年で。
    04年 6枠-3枠 05年 3枠-4枠 06年 1枠-3枠(※稍重) 07年 2枠-8枠 08年 1枠-4枠 09年 1枠-6枠(※不良) 10年 1枠-4枠 11年 3枠-1枠(※不良) 12年 5枠-6枠 13年 1枠-5枠

    まずは重要なチェックポイント。「完全なこのレース初騎乗(テン乗り)」は消しということと「当該馬連続騎乗」ではない騎手(乗り替わりも前に乗っていた経験あり)はシリウスシンボリ以来来ていない(約30年)。


    内枠、ディープインパクトやオルフェーヴルと同じ5番枠というのは良さそうなトゥザワールドを本命に。瞬発力勝負にやや難があるもスローからの上がり勝負な若駒Sで経験済み。馬場差あるので一概には言えないが若駒Sはレースレコードでの勝利なので、下手な小細工なければ。


    勝てば牝馬として3頭目のダービー馬になるレッドリヴェールは乗り替わりの点でマイナスがつく。兄弟はそれぞれマイル以下の活躍馬であった事にも不安はあるが、牝馬が強い今年。オークスで1番人気が負けたのも2007年によく似ている。ダイワスカーレットの仔が鼻出血でオークス断念となったのも似ている(母ダイワスカーレットは熱発でオークス断念)。2.3着には必要そうだ。


    皐月賞馬イスラボニータは確かに皐月賞完勝、府中は負けなしの安定感は買うがどうにも距離に壁がある配合。ダービーは完成度の戦いなので距離適性はある程度無視できても、本質はマイル~2000mの馬。秋は天皇賞に進むだろうからそういう意味での本質が問われる1戦。

    連下は乗り替わり陣営も少なくはないが、一応続戦で来ている馬をセレクト。京都新聞杯勝ちのハギノハイブリッドはテン乗りかつ、今期あまり調子が良くないウィリアムズ騎手。ここ数年京都新聞杯組の活躍目立つが、流石に・・・

    専門紙記者には大人気のワンアンドオンリーだが、無印。この馬は府中で長くいい脚や瞬発力を使える馬ではなさそう。ワンアンドオンリーの馬主がかなり吹いているからの評価っぽい可能性もあり、この馬を狙うなら先かと。トーセンスターダムも良くなってくるのは古馬になってから。現状の完成度では下。

    <九州ダービー栄城賞>
    東京競馬場101では買えないようなので、買うなら南関4場か電投になるのかな。
    ◎ミスタージャック
    ○カーネルキッス
    ▲フリオグレイスー
    △マサヤ

    今年は「九州・四国地区」指定のダービーWeek開幕戦。日本ダービーとの同日開催。
    正直、荒れる可能性もあるのであまり自信ない・・・クロスオーバーがいれば本命だったんだけど、ここにいないってことは兵庫ダービーあたり?


    <岩手ダービーダイヤモンドC>
    ◎ライズライン

    △1.2.6.11.12

    前哨戦やまびこ賞圧勝。南関では結果でなかったが地元に戻れば大威張りできる◎ライズラインの堅軸か。

    北海優駿まで枠順出ているけど、これは競馬ブック見てからにしよう。。。

    | ホーム |


     BLOG TOP