RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

土曜メイン

オークスの予想は先にモバゲー日記に書いています。

新潟メインは正直なところパス。

<平安S>
連勝中のナムラビクター、京都1900も不安がある戦績ではなく、3連勝濃厚か。極端な高速馬場になった時取りこぼしがあるが、ここ数週の京都馬場からそれはなさそう。堅軸。相手は正直なところ京都1900で差して結果を作れるとは思えないジェベルムーサは外して、差して結果を出したトウショウフリークは逃げてもいい馬、人気はないがクリノヒマラヤオーも1900でハイペースにならなければ穴の可能性ありそう。
1900以上になると奮起するナイスミーチューは絶対に外せない。アルデバランSのようなスタミナ消耗合戦にならなければ。

微妙なのがワイルドフラッパー。正直牝馬限定ダートグレード専用駒の印象だが、昨年秋の観月橋Sで速いタイムを出しているように京都の高速馬場は問題なし。パサパサの馬場にならない限りは押さえには必要そう。

<メイS>
昨年は大波乱のレース。Bコース2週目で再度高速馬場化するか、ここまでの傾向を引き継ぐかも変わってくるので難しい。
まずはこの条件2連勝中とはいえ半年の休み明けスピルバーグをそこまで信頼して良いものかという疑問。ラウンドワールドは昨年秋重馬場のアンドロメダS勝利から3戦2桁続き。これで2番人気は人気過剰。今年も波瀾のにおいが。

今年の来日は結果がまだあまり出ていないが、ムーンリットレイクで良さそう。1600は短く2000だと少々長いという典型的1800専用馬で、狙うならここ。福島民報杯で先着を許したレッドレイヴンは新潟大賞典は不利もありながらの3着なら、このメンバーなら威張れると思うが。

他にはタムロスカイ、フェスティヴタロー、もつれて1枠2頭だがオープン特別乱発の時期でもありメンバーは手薄。おもわぬ大波乱に注意。

ヴィクトリアマイル

◎ホエールキャプチャ
○ウリウリ
▲フーラブライド
☆ヴィルシーナ
△メイショウマンボ


△エクセラントカーヴ
△スマートレイアー


阪神牝馬Sのスマートレイアーの競馬は本来適距離でない1400mでかなり無理をして勝ち切った印象強い。反動がないか心配だし、東京コースでは500万を勝っているが左回りはその後新潟、中京と馬券圏外に去っているのを見ると左回りに不安ありで、押さえまで。エリザベス女王杯や力量的には距離さえ持てば宝塚記念で牡馬に伍せるだけの実力もあるだけに、狙いは次。


変則三冠牝馬メイショウマンボは勝つ時と負ける時の差がはっきりしているしどちらかと言えば鉄砲は利かないので、大阪杯の惨敗はノーカン。昨年ヴィルシーナが通ったローテと同じなのは強み。ただし今年春に前厩舎の定年に伴い息子の厩舎へ転厩。馬の特性を見いだせる調教ができていれば良いのだが、そこに不安点があり今回重い印を打つのはリスクが高い。


東京マイル巧者ホエールキャプチャがパンパンの良なら本命だろう。東京新聞杯は重馬場発表ながら、2月に2度あった大雪の影響で開催中止が相次ぎ、前週は1日だけの開催。この東京新聞杯も1週延期になり馬場がきれいな状態での開催になったので、実質良馬場と考えたい。6歳牝馬不利のデータあるが東京コースで比較的流れが落ち着く牝馬戦の流れは鬼。鞍上も絶好調の今なら。


相手は阪神牝馬Sでもったいない競馬をしたウリウリ。3歳夏以後着実に力をつけている1頭。良馬場かつコーナー2回の競馬(ローズSは重馬場)では白百合S以来大崩れがない、ディープインパクト産駒初期に見られた典型的マイラー。大外枠の分だけ割引にしたが。


フーラブライドも洋芝ではない芝コースに転戦後複勝圏を外していない安定感は強み。愛知杯勝利がフロックではない事を日経新聞杯でも証明。ただ2000m~2400m路線を使われた馬のマイル短縮、高速馬場化がまだの現状東京が救いではあるが。


ヴィルシーナはここ2戦2桁着順も昨年のホエールキャプチャのような一変あって驚けない。押さえには必要。左回り短距離~マイルで実績を作っているエクセラントカーヴは今日戸崎圭太騎手がGIまでに2つ3つ勝つようなら騎手の勢いで。

モバゲーの日記にすると1000文字制限があるので、なかなか長い文章を書けないため、余計な文章を削るいい練習になるのかもしれない。
印を打たなかった馬ではストレイトガールが怖い。この枠でうまく流れに乗れればだが、高松宮記念がダメージ残す馬で、コパノリチャードも反動あって仕上がり遅れたか、という印象の仕上がり。当日のパドックだけは注意したい。

土曜メイン

京王杯SC
人気コパノリチャードは折り合える競馬もできているが、速い上がりも要求される東京1400mでは少々割引。ここはクラレントから入りたい。大穴要員で良馬場という絶対条件つきでレッドスパーダ。雨上がりや雨馬場では2桁に落ちる馬だがパンパンの良であればパラダイスSでハナズゴールを破った実績を軽視できない。あとはメイケイペガスター。横山典弘騎手の思い切った騎乗での復活に期待したい。

都大路S
近況好調、京都外回り1600,1800鬼のディープインパクト産駒からディサイファには逆らえぬが、脚元面で一時期はダートを使われた馬で脚元注意。京都の高速馬場は薬にも毒にもならぬ馬っぽい。リヤンドファミユは高速馬場向きには思えず消し。高速馬場で実績作っているサンシャイン、アドマイヤドバイ、マコトブリジャール、シャトーブランシュあたりを相手に。スピリタスはもう少し馬場がかかってこないと苦しい馬で。

八海山特別
中央再転入の500万下好時計勝ちキクノラフィカは地方転出前の左回りで全く結果が出ていない。人気過剰なら消したい1頭。どの馬も確固たる印象薄く大波乱の可能性も。前走福島2着ナリタシーズンは新潟1200mでは追い脚不発の予感。ドレッシースタイルは新潟実績あるが高速馬場でのもので、時計かかる春開催の新潟ダートをこなせるか疑問が残る。1年前の同一開催では未勝利戦で1分13秒台でしか走れておらず、道悪でこその1頭か。エトルアンフルールと前走距離短縮で結果出したポークチョップの単複少額で。

| ホーム |


 BLOG TOP