RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

  • お知らせエントリ (12/31)
  • 2017年 (01/02)
  • 久々のエントリが年末 (12/27)
  • 神宮花火大会、ハマスタ花火大会、ほっともっと花火大会、所沢花火大会 (06/26)
  • 宝塚記念 (06/26)
  • そして伝説へ (06/09)
  • 安田記念 (06/05)
  • 東京優駿 (05/29)
  • コラボ企画終了 (05/27)
  • 強い競馬 (05/25)
  • プロ野球データFreak
    セリーグ順位表
    パリーグ順位表

    カテゴリ

    リンク

    月別アーカイブ

    最近のコメント

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ジャパンカップダート

    2000年、1995年から事実上開放された中央・地方統一ダート路線の最高峰として東京競馬場ダート2100mで創設、その後「1600m寄りの馬でも挑戦できるよう」に阪神競馬場へ移設の上ダート1800mへ変更、そして開設から14年。競走機能自体は中京競馬場ダート1800mに移設されるが報奨金制度があるとはいえ賞金の大幅減額、国際招待競走から通常の国際競走へ「格下げ」となる形で「もうひとつのジャパンカップ」の歴史の幕が閉じる事になる。

    歴史を簡単に書いてきたが長くなるので追記に移設。

    ◎エスポワールシチー
    ○ホッコータルマエ
    ▲ワンダーアキュート
    △インカンテーション
    △ブライトライン
    △クリソライト

    圧倒的1番人気はJpnI3勝を含む7連対中ホッコータルマエだが、今回は対抗までとする。
    春のアンタレスSでニホンピロアワーズにリベンジを果たしての勝利はあるものの中央ダートでの重賞勝利はこの1つだけ。昨年も人気薄で1番人気ローマンレジェンドに先着し3着に入った実績は評価しなければならないが、ピークへ持っていく競走は昨年出走すら叶わなかった東京大賞典ではないだろうか?昨年のレパードSから一度も複勝圏内を外していない抜群の安定感から切るまでは無理筋だが、今回は他のファクターから上回れる存在の馬がいるのではないか、と見てのこの評価。2kg差でニホンピロアワーズに完勝したアンタレスSから約8ヶ月、今回はニホンピロアワーズと同斤でニホンピロアワーズが休み明け。昨年このJCDでつけられた0秒7差は完全にイーブンかホッコータルマエが逆に上回っている状況は確かだが、今回隙があるのも事実。

    それならば引退戦となるエスポワールシチーを頭に取りたい。今日の阪神競馬場の馬場を見る限りダートは若干時計を要する状態。昨年のような1分48秒台のスピード決着にはならず、1分49秒台に対応できる速力を残していれば勝ち負けは十分可能ではないだろうか。JBCスプリントは相手に恵まれた優勝である点は否定できないがブライトラインの出方次第でハナでも2番手でも競馬ができるようになった事が今年の安定感に繋がっている。完全燃焼で4年越しの2勝目に期待する。

    こちらも2012年JBCクラシックで5馬身圧倒を果たして以来複勝圏を外していないワンダーアキュートが3番手。2011年~2012年春頃までは輸送で大きく体を減らす、GIレベルでは精神的な幼さが解消せず結果が出ていなかったがこの馬とて3歳時から安定してダート重賞・ダートグレード路線で活躍してきた実績は軽視禁物。ここ数戦の流れから
    ホッコータルマエとは残念ながら「負け」の形で勝負付けは済んでおりホッコータルマエが何かミスをした時に彼岸成就の可能性あるが、原則としては複勝・ワイド・3連単の2.3着候補として。ホッコータルマエがいなかった日本テレビ盃ではきっちり勝利してきているあたり、新興勢力を完封できればといった所。

    これに対抗する新興勢力3頭を△候補に。ブライトライン・インカンテーションのみやこS組は雨が落ち始め砂が締まってきた馬場とはいえ1分49秒2は優秀なタイム。これに59kgで0秒2まで差を詰めたローマンレジェンドも印上は無印だが連候補としては軽視できない。ブライトラインは前走のように道中行かざるを得ない展開になった時阪神の坂で苦汁をなめる可能性を考えてこの評価。むしろ2着インカンテーションの方が怖い。
    まだ3歳馬だが新興勢力台頭が難しいダート路線中で唯一若駒通用可なのがこのJCD。この先ダートグレード競走への出走にはまだまだ賞金面で苦しく少しでも賞金を加算したい1戦、メイチで来るとなれば怖い1頭となる。

    JBCクラシックは惨敗したがジャパンダートダービー大楽勝を考えればクリソライトも怖いが、近況絶不調の鞍上を考慮するとどうしても評価を下げざるを得ない。

    昨年1番人気を裏切ったローマンレジェンドはここでも無印。東京大賞典は結局時計がかかる馬場で競り合いになったからこその勝利。昨年「ズブさを見せて」の惨敗や今年の帝王賞での不可解な惨敗など道中スムーズに行かない場合にとりこぼしが多いこの馬に1番枠はマイナス材料であろう。

    馬券は◎○・○▲からの3連複、◎▲→△の馬連ワイドとか行ってみましょうかね。ホッコータルマエが3に負けるシーンとかなさそでウッフン、ありそでウッフン。



    反省会
    ベルシャザールは現行武蔵野S組からの勝利がしばらくなかったので完全に軽視。休み明け4走目故東京大賞典使うにしてももう上がり目はないでしょうが、俺も同じキングカメハメハ産駒だぞと。
    ワンダーアキュートが3年連続2着、1番人気ホッコータルマエはオーナーの弔い勝利とはならずも3着、しかしブロコレ会員の彼にとってこの3着は・・・絶対ネタになるw


    続きを読む »

    スポンサーサイト

    いろいろ変わってる

    昨日2014年春期(~日本ダービーまで)の番組詳細が発表。

    ざっと目を通してみて気づいた点。

    ・フェブラリーS当日と高松宮記念当日に謎の早い時間に500万下。
    フェブラリーS当日の2Rに3歳500万下ダート1400mが組まれた後また未勝利に、高松宮記念当日は2Rににダート1900mの4歳上500万下が組まれた後また未勝利に。
    1月は4Rに500万やって午後にまた未勝利という番組が比較的多い(冬場故、芝の未勝利は比較的暖かい時間帯にやるから?)。
    しかしGI当日のこの「午前中に500万下」は謎の設定。どんな理由なんだろう?

    ・3歳ダート路線の改善。3月~6月まで毎月3歳ダートオープン以上が組まれる事に。
    昇竜Sが中京開催に戻り開催時期が3月に繰り上げ、ダート1400mへ変更、昨年まで昇竜Sで行われていた3回京都後半の3歳オープンは鳳雛ステークスに改題。伏竜が諸葛亮孔明の異名に対して鳳雛は龐統の異名だそうな。JRA的にどんな名前イメージなのかは春にならないと出ませんが。また5月の東京(2回東京8日目)に青竜ステークスが新設。これだけダートのオープンを増やすとダートのオープン連勝で日本ダービーへ、という馬が出る可能性もありそうですな。

    ・(これは既に番組概要の時点で発表済み)障害は原則ローカル開催中心に。
    今年春にかけて頻発した「障害騎手不足」への対策なのだろうか。2場開催や関東馬にとって著しい不利になる?からか1回小倉の開催期間中を除き、オープン特別以上の障害戦はローカル開催へ移設。

    2回東京などこれまではなかった中央場で1個も障害戦が組まれない開催が発生。その分がローカルへ移設されたためローカルでは1日2鞍の障害戦、という日も珍しくない。
    1月→2場開催中は中山・京都それぞれ。中京期間中は中京のみで開催。中京で2鞍の障害オープン実施。1日2鞍の日は4・5Rで続けて開催。
    2月→ローカル開催は小倉だが障害戦は東京・京都でそれぞれ開催。
    3月→ローカルが小倉or2場の理由から前半2週は中山・阪神でそれぞれ。それ以後障害未勝利は中京中心の開催。ただし中山での障害オープン別定SAが1鞍残存。高松宮記念当日で番組移動不可能だったから?中京で2鞍ある日は4・5Rでの開催。3月の中京では障害オープンはなし。
    訂正:3日開催の3日目でしたな・・・2場×3だからそういう番組にしたのかな?
    4月→2場開催週や障害OP特別、中山グランドジャンプがあるため中山では3鞍障害戦維持。阪神ではOP特別の三木ホースランドパークJSのみ。福島ではオープン2鞍があり障害オープン開催日に1日2鞍あり。4月末の障害OP別定SBは福島ジャンプSの名残か?レース番号は4・5レース。
    5月→2回東京では障害戦なし。京都ではダービー週に未勝利と京都ハイジャンプがあるだけ。
    新潟が特異的な開催となっており近年あまり開催されていなかった平場OPでも最上位に位置する(地方で言えば準重賞だろうね)障害別定SCクラスが1鞍ある。この障害別定SCクラスは実績別定かつ1勝馬に斤量恩恵あり。数年前距離設定ミスで3300mのはずが3285mになってしまった府中の障害オープンの競走機能を受けつぐ競走か。これを含み障害オープンが3鞍設定。この時期は新潟では毎日障害戦が組まれており障害オープン開催日は生涯未勝利は第1レース、障害オープンは第4レースと特異的な番号振りになっている。
    ローカルの第1レース、つまりJRA1日最初のレースが障害、という事に。

    これについては将来的に何か考えているのかも、という改定ですね。障害騎手が足りないがための変更なのかもしれませんが。

    ・2月以後(関東がメインレース順一番最後になる1回東京以後)原則最終レース発走時刻は4時25分に。・・・あれ、今年はくぼ競馬復活とか目論んでないよな?
    またこれまでローカルは第5レース終了後昼休みに入っていたのが東メイン・西メインと同じく第4レース終了後昼休みに入るようになる。障害が2つ続くと発走時刻の調整が必要になるためか?
    ※障害戦1R・4R編成になる日は関東の1Rが10:15発走になったり発走時刻がフレキシブル化している感じ。1R10:15の日は8R→9R間が35分ではなく30分間隔に。これは日没の制約が大きくなる11月以後はまた5Rが午前中最後になったりするんでしょうけど。

    ・日本ダービー当日の京都は数年ぶりに(2010年以来?)10Rメイン、11Rに平場を挟んで最終12レースが特別。最終レースをJRAプレミアムにするための布石?
    ホープフルジョッキーズや復刻ダービースタリオンSは今年だけか・・・ディープ無双化はしたけどいい企画だったとは思うんだけど。

    ・開催日割の都合か福島民友カップが春期開催プログラムから消滅、代替?として韋駄天Sが登場(11年に「ルミエールステークス」として実施された競走と同一条件かな)。谷川岳Sが再登場。
    これまでは6月~7月に開催されてきた天王山Sが天皇賞前日へ移動。ゴールデンウィークのダートグレードへ行かない馬や除外馬の支え台かな?1月にポルックスSが新設されていたり、ダートOPは古馬も幾分充実かな?
    東海Sが何気に賞金200万加算されていた。来年からはチャンピオンズカップと同一条件になりますからねぇ(2015年以後距離が1900になったりして)。

    毎度のことながら見落としあったらごめんなさい。

    ジャパンカップ

    個人的に今年のJCはあまりテンション上がるレースじゃない。
    昨年は三冠馬VS三冠牝馬VS凱旋門賞馬でしたが・・・ちょっとレベル的にも低い印象がある。

    ◎アンコイルド
    ○ルルーシュ
    ▲ジェンティルドンナ
    △エイシンフラッシュ
    △ヒットザターゲット

    開催前半は下が固く時計馬場、開催後半は大雨が続いたこともあり近年稀な極悪馬場。その双方で通用したアンコイルドを狙ってみたい。今年前半の低迷はあったが春に東京コースでオープン勝ち、天皇賞でも4着と中身は悪くない。
    極端なスローからのよーいどん、上がり32秒要求馬場には弱そうだが、何かが玉砕的に行ってくれればチャンスは大きくなりそう。

    ルルーシュも復調していれば。完全な無駄使いだった札幌記念は本来苦手の雨。今年のAJCCはマクドノーの糞騎乗があったとはいえ前週の大雪により非常に重たい馬場になっておりベタ蹄のこの馬には向かなかった馬場。アルゼンチン共和国杯3着からならば復活の可能性は十分ありそうだ。ただこの馬に関してはピークは昨年だったかという印象。この先は力のいる冬場の中山。前半は時計馬場も後半は苦手なパワー馬場と化すのでここがメイチ勝負ではないかなと。

    穴人気になりかかっている2頭だけにうーーん、というのはあるんだけど。

    ジェンティルドンナは実績・人気面では最上位。岩田康誠をクビにしてまでムーアに依頼したのだから負けられない一戦・・・なのだが、オークスの5馬身圧勝を除きこの馬は僅差での勝利が多い。昨年のJCや秋華賞が典型例だが何か1頭に競り合いを挑み競り落とす競馬が得意な反面、天皇賞や宝塚記念のように1頭になる競馬はやや不得手としているタイプに見える。
    更に今年に入り3戦未勝利の内容も気がかりである。遠征で負けたドバイシーマクラシックはまだ負けて強しの判断が取れるだろうが、宝塚記念、天皇賞と国内専念した挙句の連敗はいただけない。姉ドナウブルーを見てもピークは過ぎたのではないかと考えたい。
    いずれも雨上がりでの多少ゆるい馬場であった事を考えればパンパンの良になる今回、メンバーも手頃になり「いつ勝つの?(ry」という状況下、真価が問われる。

    エイシンフラッシュは一応連下には加えるが近況安定してきた事を差し引いても連続好走が難しいタイプ。JCもここ3年連続結果が出ていない現状、東京2400は本来ベストではないだろうと見て買うなら次。香港カップに行ってくれればもっとやれたと思うのだが。この馬に関してはベストは中距離。

    ゴールドシップは無印。この枠でどう乗るか、上がり勝負自体は共同通信杯で経験しており問題はないが、ジェンティルドンナとは逆に競り合いを苦手とするタイプ。この枠自体はプラスでスロー確実なだけに逃げの手にでる可能性もありそう。負けても確実に掲示板を確保するというタイプで大崩れはない馬だが、近況絶不調の鞍上込で「ここで勝てるイメージ」があまり浮かばない1頭。やはり有馬記念でこそ。

    あとは近況好調武豊鞍上ヒットザターゲットまで。上下差激しいメンバーであとは格下も多くこのあたりに絞りたい。

    浦和記念

    ◎シビルウォー
    ○ランフォルセ
    ▲ダイショウジェット
    △ハリマノワタリドリ

    浦和競馬の秋開催を締めくくる名物1周半、年に1回だけの浦和競馬最長距離、2000m戦の浦和記念。
    浦和記念がやってくるといよいよ年も押し迫り始めたなという印象がありますねぇ。

    あ、浦和競馬場WINS浦和運用を含めてここ2ヶ月くらい行ってない・・・
    そして明日も仕事で行けない(IPATで参加)。

    左回り、こと浦和コースは(0-1-0-2)と不得手という実績を示し更にカーブで確実にロスを伴う外枠。このメンバーなら楽にハナは主張できると思うがマグニフィカの出方次第では持ち前の粘り脚が使えない可能性を考えエーシンモアオバーは今年も無印。来たらごめんなさい。
    これから続く右回りの中長距離ダートグレードでまだ見直せる所は多いでしょうし、名古屋グランプリあたりで再度狙い。

    エーシンモアオバーとマグニフィカの先行争いの後ろにきっちり付けられそうな◎シビルウォーは鉄板。
    浦和1900・2000mは後方に置かれたら逆転は厳しいが勝ちきれてはいないもののここ5走内地方ダートグレードでは安定した走り。JBCクラシックをパスした理由がどこにあるかでパドック次第など考える必要あるだろうが、実績最上位かつ今回は直線短い浦和なら押し切れよう。
    ランフォルセはこの距離では気性面に不安残すが相手に恵まれ、エーシンモアオバーが早期に失速するようなら自動的に浮上しそう。

    逆にエーシンモアオバーの単騎逃げでマグニフィカが抵抗できずバックストレッチで売り切れ、となればこの馬券はほぼハズレを意味する。

    3番手も地元勢は来週の勝島王冠かそれとも日韓交流戦かはわからんが、マグニフィカを含めA1でも苦戦中かA2/A3(A3クラスも年内で消滅するのですが)クラスと格下の存在では信頼できず、今の現状なら距離延長でも▲ダイショウジェットの一発、穴期待でハリマノワタリドリがうまく抵抗できれば・・・だが、掲示板拾えれば上々でしょう。

    馬券としては6-2、5-9の3連単(3連単では一応エーシンモアオバーを入れるが3着ヅケ)、6→2,4,5の馬単。エーシンモアオバーが連から上に来たらm9してやってください。

    テーマ : 南関東公営競馬予想 - ジャンル : ギャンブル

    マイルCS

    ◎サンレイレーザー
    ○ダノンシャーク
    ▲グランプリボス
    ☆サダムパテック
    △トーセンラー・カレンブラックヒル・ダークシャドウ

    前走大敗が不可解だが、春のマイラーズC上位組2頭は信頼しておきたい。今年のマイラーズCは開幕週にも拘わらず外差し決着。外差しが決まるようになってきている今の京都なら大穴狙いのサンレイレーザー本命。ここからなら万馬券も狙えるでしょう。

    相手本線は充実しているダノンシャークで仕方が無い。安田記念はロードカナロアに進路を塞がれた一面もあり、2着は拾えた中身。ロードカナロアが抜けたここならば。グランプリボスはこの秋不振でついに内田博幸降板。しかし京都コースの実績から軽視は禁物。ここまで人気が落ちるなら単でも。サダムパテックは武豊でないのが気になるが昨年の覇者。京都替りでのスワンS3着は上々。

    トーセンラーは京都適性だけで人気過剰気味。きさらぎ賞勝利実績はあるもののそれいがいの実績が中長距離にシフトしている当馬のマイル短縮は好材料ではない。今回は押さえまでとしたい。カレンブラックヒルは終わっている可能性あるが本来の先行力・正攻法でもう1回。印は打てなかったがダイワマッジョーレも怖いな。

    | ホーム |


     BLOG TOP  » NEXT PAGE


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。