RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

天皇賞(秋)

仕事の合間に少しだけ。多分1000円しか買わない。

◎ジェンティルドンナ
○エイシンフラッシュ
▲トウケイヘイロー
☆アンコイルド
△オーシャンブルー
△トゥザグローリー

ジェンティルドンナは有馬記念のオルフェーヴルとの再戦を考えるとここまでの2戦でどうにかしたいところ。ドバイシーマ・宝塚記念と物足りないレース続いているが5馬身圧勝レコードを演じた東京なら当然上位。

2度駆けしないエイシンフラッシュだが今年に入り安定感が出てきている。コース取り次第であるが良馬場でも昨日の不良馬場から回復傾向の良馬場でパンパンの良ではない。そういう馬場で内を突くスローペース上がり勝負ならば。トウケイヘイローは超極悪馬場の函館記念(8月)以来の1戦。阪神・函館・函館とここ3戦はやや重めの馬場ばかりで軽すぎる東京コースでの不安点も勢い考えての3番手。

近況力をつけているアンコイルドも侮れない。トウケイヘイローが圧倒するなら連下に来てもまったく不思議ではなく。冬馬オーシャンブルーもそろそろ走ってきていいはずの頃。高速馬場だけが不安。トゥザグローリーは京都大賞典で本来の突っ込みを取り戻せている。まだ距離短い所であるし今年の猛暑を考えると状態面戻りきっていなさそうだが有馬記念の大穴狙いを考えて印だけ。

昨年は天皇賞秋への輸送トラブルで調子を崩しそのまま低迷でノーカウント。
3連複6=9流し印各馬へ。◎ジェンティルドンナには打っているがそこまで圧倒ではない印象も、今年秋天牝馬優勝のエポックメイキング的牝馬だったエアグルーヴが亡くなった、という事が一種のフラグではないか、と見る。

2歳戦強化、かね

このネタにも触れておく必要があるでしょうね。

既にJCD・朝日杯FSの移設、ホープフルSのGII格上げ予定がJRA発表前にリークされていましたが、総じて2歳戦の番組強化、更に「またタグが10年先行っていた」状態になりましたな。

mixi日記に書いた内容のコピペになりますが、変更点を箇条書きするとこんな感じ(見落としはご容赦)
京成杯~ユニコーンSまでの全重賞:ほぼ1週繰り下げ(開催日割りの都合上)
フラワーC:3月3日開催の初日になるため、金曜日(祝日)開催
ファルコンS:3月3日開催の2日目。開催日上は変動しているが以下略
函館2歳S:函館競馬が2週12日開催になるため12年と同じ土曜開催、週も1週繰り上げ
エルムS:8月下旬→7月下旬(札幌開幕週)へ移設。JRAではレパードS~シリウスSまでダート重賞なしに(多分地方ダートグレードに配慮したものかと)
セントライト記念:ラジオ日本が12年から同一週のダート1,800mOP「ラジオ日本賞」へスポンサー競走を移動した後ノースポンサーだったが朝日チャレンジカップから冠スポンサーを移設し「朝日杯セントライト記念」へ、なお中山スタンド改修のため新潟開催、3年ぶりの日曜日開催
9月中山→新潟代替、スプリンターズSが12年ぶりの新潟開催、10月新潟→福島代替
いちょうS→重賞格上げ(新設重賞扱い)、開催時期2週繰り上げ
東京ハイジャンプ:開催日割りの都合上か1週繰り上げ、10月3日開催最終日へ
京都大賞典:開催日割りの都合上10月3日開催最終日(月曜日)へ、多分南部杯と同日開催
アルテミスS→天皇賞週土曜日に移設(1週繰り上げ)、承認されればGIII格がつく
ファンタジーS・京王杯2歳S→開催日1週繰り上げ(11月1週目)
デイリー杯2歳S:開催日5週繰り下げ、11月2週目へ(10月移設前の日程に戻る)
武蔵野S:地味に日曜日→土曜日に移設。福島記念があるからか
福島記念:開催日割りの都合上1週繰り上げ(マイルCS週→エリザベス女王杯週へ)
京都2歳S:GIII格上げを予定、ラジオNIKKEI杯2歳Sからスポンサー移設しラジオNIKKEI杯京都2歳Sへ改題
京阪杯:京都2歳S重賞格上げに伴いJC同日開催へ(JCの発走時刻次第ではJC後最終レース施行の可能性が高いが、WIN5があるのでJCよりは前の時間帯かな?)
東スポ杯2歳S:月曜日開催(11月3日開催の最終日)
JCダート:「チャンピオンズカップ」へ改題、国際招待→国際へ変更、賞金減額(JRA未発表)、中京ダート1,800mへ変更
WSJS:多分東京開催(中京開催になる可能性も?)
朝日チャレンジカップ→冠スポンサーがなくなり「チャレンジカップ」に改題。競艇かよ!
↑競艇は「ボートレース」に改題した時に「競艇王チャレンジカップ」から「競艇王」が外れた

中山大障害:1週繰り上げし朝日杯FS週の土曜日10R?メイン?日没の都合上10R施行としてきたのにこれで11Rにしたら障害ファンは怒るでしかし

朝日杯FS:既報通り、阪神移設

ホープフルS:現状はラジオNIKKEI杯2歳Sの競走機能移設でのGIII格、有馬記念同日開催の中山芝2000mだが、GII格上げ予定、賞金(未発表)は朝日杯FS並に。タグの速風Sみたいに朝日杯FSがGIIになりホープフルSがGIになる可能性が微レ存?

阪神C:開催日割りの都合上土曜日開催へ、JRA最後の重賞とならず。3年ぶりに有馬記念がJRA最後の重賞となる。よって東京大賞典涙目確定(月曜日開催かつ有馬記念翌日、11年前がこんな日程でした)


まず12月開催は3連休の日程が取れない、29日は東京大賞典があるためここでJRAが横取り40萬なんてやりゃ大井が激おこプンプン丸状態(既に2003年にJRAが「有馬記念を28日にするために」いろいろやった事が宝島社ムックに書かれている)になるでしょうからこういう日程になるのは仕方が無いのかねぇ。9月も中山競馬ができないので売上面で苦戦が予想されるからか3月の3連休、金土日開催(3場なので1日休養日を入れて2場ずつ)と11月の3連休の土日月開催(2場3日)という形に。JRAの金土日開催はかなり異例では。中山金日開催でフラワーカップが金曜日のメインレースですか。この週は今年同様の地上波スケジュールならウイニング競馬が金土と2日連続放送、となりそうですが。土曜は中山がないのでこの間のセントライト記念が1日延びた時のように阪神・中京で騎乗がない騎手をゲストに呼んで準雨傘番組かも?

昨年・今年と「有馬記念の翌日に敗者復活戦」があったのですがそれもなくなりましたね。
中山大障害が1週前倒しになった事もあり、年末ギャンブル総決算は中山大障害がまずあり中2日開けて競艇の賞金王決定戦、中4日開けて有馬記念、翌日は地方競馬のグランプリ東京大賞典、更に翌日は初の関西地区・岸和田開催のKEIRINグランプリ、大晦日は来年から大晦日優勝戦に移設される賞金女王決定戦(と日程変更がなければオートのスーパースター王座決定戦だが、賞金女王決定戦とまるかぶりになるスケジュール故開催日を動かす可能性も?過去には賞金王決定戦や有馬記念と同日開催をやってきた事もあるが2014年は開催を行わず2015年1月に14年度スーパースター開催の可能性までありそうだ)

ホープフルSはまさにタグの「チャンピオン杯」的位置づけ。将来的には2歳GIはホープフルSと朝日杯FSの2本立てになるのではないかなと思われます。機能としては新設重賞で無駄に2年過ごすのをJRAは露骨に嫌がっているようで、ラジオNIKKEI杯2歳Sの移設・格上げ(予定)で対処。ラジオNIKKEI杯のタイトルだけは京都2歳Sに移設され、こちらもGIII格予定、と2歳の早い段階から中距離の重賞が増えてきたのは良い事では。2歳の内から2000だけではなく2400も試せればよりいいと思うんですけどね。ここまで中距離の重賞を増やしたのなら2200,2400のオープン特別が1個はあっていいでしょう。
秋季の関東地区でのGIがスプリンターズS・天皇賞秋・ジャパンカップ・有馬記念、中山大障害とジャパンカップダート創設以前の数に戻り、関西地区のGI充実は下級条件の東西別出走規定と相反する部分はありながらも歓迎したいところ。関東馬にはかなり不利な材料となりそうですが、関東馬は期待できる馬を早々に栗東に入れないと厳しくなるのかもなぁ、とは。

有馬記念日は11レース制でも今年のジャパンカップデーのように2時台後半に10RとしてホープフルSを持ってきて最終レースに有馬記念、阪神最終レースにファイナルSとしてWIN5を盛り上げる形になりそうだなぁ、と。

さて、セガやコナミが大変そうだ・・・セガはこうやってメダゲの新作を作ると
スターボートプログレス→新鋭王座決定戦を新設してプログレッシブ対象にしたらリアルでは新鋭王座が今年で廃止、来年からは「ヤングダービー」として30歳以下レーサー対象になる

スターホース3シーズン2・・・オープン特別の番組を2013年レーシングプログラム仕様にしたらまた来年はファイナルSが今年のリゲルSと同一条件になりそうなフラグ臭。ホープフルSをプレレースに持ってくるかどうかもシーズンIIIの検討材料、か?シーズンI~IIが約1年半かかったのでシーズンII~IIIが1年きっかりでリリースされるとは思えませんがと。

スターホース2以前はもうどうしようもない(脳内変換でよろ)ですなぁ・・・

ゴールドプログレッシブ・ジャックポット

枚数は1万枚切りながら、初のゴールドプログレッシブ・ジャックポット獲得。ただしスタホ2FDです。
※スタホ3SeasonIIでは既に3回くらいシルバープログレッシブは獲得していますが、ゴールドはまだ(´・ω・`) スタホ2と3で主戦場が違い、スタホ2主戦場のスタホ3はまだ始めたばかりなので・・・


ディスティニーチャレンジ突入が2004年度WBCM。1.3.6.7枠1着クリアのところ、人気はシンコウラブリイも伸びてこないが、内から1枠のマイネルラヴが5枠キョウエイマーチを差し切って勝利、1stステージクリア

2ndステージは3.6枠。3枠に1番人気1.8倍のP馬がいる状態。
→人気通りの決着で2ndステージクリア。

この時点でたまっていたプログレッシブボーナスはゴールド:約9900枚、シルバー:約860枚。

2004年エリザベス女王杯には自馬(SWBC上推定で前走3.3倍GIII勝ち、中距離ベスト)を出走。
→3rdステージは「4枠」。自馬は8枠でアドバンスランプ「赤」。(自馬3人気単勝5,4倍調子↑)
4枠には「スイープトウショウ」と「ヤマニンアラバスタ(←リアルでは今年残念な事になりましたが・・・)」。スイープトウショウはかなり有力(単勝4倍くらい)、1人気は連続出走気味のP馬だったと思う(あやふや)。

スイープトウショウは伸びないものの、外から飛んでくる芦毛の馬体!ついつい「かわせ!」と口走ってしまうw

KC4A0103.jpg
スタホ2FDでは初めてのゴールドプログレッシブ獲得の瞬間でした。ノッていたサテライトの人が10倍サイドしてくれたのも良かったのかも。
単勝+複勝(自馬のも)+GJP=約10500枚獲得となりました。
フロア全体が黒・赤ベース仕様だからかここで写真取るとγオーバー気味になるんだよなぁ・・・

この時点で閉店まであと45分程。11時25分には引き上げないといけないので自分の残り時間は20分あったかどうか。

PAP_0031.jpg
そんな訳で初のミリオンダラー獲得。エリザベス3着の自馬に早速与える。GJP純増分は馬券獲得増には反映されないんですね(´・ω・`)まぁ☆☆☆の餌だからいっか。

残り時間もあまりないし7500枚くらい残りで帰れればいいやとここから暴走モード突入。

一時15000枚くらいまで行きながらも結局2連敗があったのでGJP取った段階の枚数まで戻った感じ。かき氷(ベットマイナス1000枚以上)2回出た、というあたりでお察しください。

当面困ることはなさそうですなぁ・・・ここまで大量のメダル預け状態になったのは渋谷のアドアーズがまだゲームファンタジア名義だった頃に約15K預け実現した時以来かも(その頃、当然スタホなんてありゃしない)。

地味に痛い

スタホ2FDがオフライン後になってからゲームに通電した2プレイカードは3に引き継げないのかな?
3の方で今月作った2の新規カードコード入力しても「正しくない」と怒られるので。

SS作ったあたりで移行しようという目論見崩壊かもしれぬ。
それにしても現ホームにしている上野地区、自分のホームではない場所だがスタホ2が40サテ以上(さらに1枚5クレ)とか何かすごいものを感じる。3導入前からアツいという噂は聞いていたんだけどねぇ・・・
問題はスタボがない(´・ω・`)という点。

2FD。

イベントで指定レースを勝利するともらえるメダル目的で菊花賞やら凱旋門賞使うけど3着の嵐(´・ω・`)

カード初回作成ボーナス馬から代重ねしている5代目牡は初戦弥生賞4.0倍で推定サラ中。英国ダービーと香港Cを獲得してドバイでオッズ落ち気味確認。使いすぎたし25週漬けよか。残週(約55週)全漬けまであるかも。
誕生時ムービーが先代より明らかに悪くなっていたのでSWBCまで後退も覚悟していたのですが、実際は伸びていた(先代はサラ下推定)

3代目SWBC中の牝はトレセン2回20週漬けでようやくある程度走ってくれローカル・阪神◎。
金鯱賞(Google日本語入力で出なかった)→宝塚記念連勝、WBCC1権出走アドバンス白ランプ3着までは良かったが、調子こいてその先キングジョージを使って青ランプ4着。漬けて秋天制覇まで回復はしてくれたので残週漬けであと1戦くらいの予定。

暇つぶし用の初代馬はGIII9倍とまぁ駄馬といっていい状況。初代潜在コメ引くまでは漬け消しの作り直しがいいのだろうか?
自由閲覧可能の2FD攻略ガイドを見るといかにニックス本数増やせるかが鍵っぽいのかな?と、アドバンスランプでは緑以下引いたら諦めてくださいという事がわかりました
※WBCCで1回発走白で3着はありましたが、発走白青緑だと末脚悪くなるわー

プログレスリターンズ。
初代からいきなり潜在引いた馬、調教は原則8枚調教、餌は体重増えすぎた、減りすぎたでなければ最低SPドリンクで出走全レースオッズ10倍越えなしで競走馬生活120週終了。
障害どうかと中山グランドジャンプを使ったら2番人気4.7倍ランプ満開圧勝→1権なのにファーイーストグランドジャンプ1番人気(でも田中剛騎手に依頼したら蹴られて西谷誠騎手に)2.4倍グリ本6馬身圧勝、引退戦は平地の天皇賞秋でビワハヤヒデに勝利しGI1着継承・・・・としたかったがさすがに帰る時間になったのでここで止め。

KC4A0099.jpg
プログレスから(2002以前は忘れた)通算しても極東勝ちは初めて^^;;
というかFEGJでP馬グリ本はなかなか見ないような・・・障害適性が高かったのか漬け効果あったのかはわかりませんが。

キャプチャ
↑全成績。不自然な白塗りはメモに繁殖継承パスがあるので悪用防止のためですm(_ _)m

しかし初代スタホリリース時はまだピチピチの(?)二十歳だったのに今やアラフォーが目の前の三十代半ば。
我ながら飽きないもんだねぇー

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE