RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

  • お知らせエントリ (12/31)
  • 今年初の神宮 (03/18)
  • まぢかっ (03/14)
  • 増額 (03/11)
  • 6年 (03/11)
  • 機種変更 (03/10)
  • 故障組の復調、だがしかし (03/10)
  • 2017年 (01/02)
  • 久々のエントリが年末 (12/27)
  • 神宮花火大会、ハマスタ花火大会、ほっともっと花火大会、所沢花火大会 (06/26)
  • プロ野球データFreak
    セリーグ順位表
    パリーグ順位表

    カテゴリ

    リンク

    月別アーカイブ

    最近のコメント

    東京優駿・目黒記念

    「ダービーへようこそ。」と今年前半のほぼ全広告予算を使ったのではないか、と言いたくなるレベルの本年ダービー。これで東京競馬場の入場者数が最低でも12万人、できることなら入場制限が入るレベルにならなければまずいでしょう、いろんな意味で。

    東京優駿
    ◎ロゴタイプ
    ▲コディーノ
    ▲キズナ
    △フラムドグロワール
    △タマモベストプレイ
    △アクションスター

    ロゴタイプには距離不安節があるが、不安なしと見る(ただし、陣営的な要素なのかこの土曜深夜の2番人気・・なのだろうけど)。父ローエングリンは確かにマイル~中距離をベストとしていた馬だがこの馬が最も力を出していた3歳春は皐月賞・ダービーと抽選除外と涙を呑んだ馬。父イメージから距離適性面の不安はつきまとうのだろうが、今年の3歳世代では一歩抜きん出た実力、母父サンデーサイレンス、母母スターバレリーナと母ラインも良血。超良血と言っていいが朝日杯制覇までは札幌2歳Sでコディーノに完敗だったからか人気はなかったのだが・・・

    昨秋ジャパンカップ当日のベゴニア賞を2歳レコードタイムで(高速馬場の分あれど)快勝、ここまでは少しずつ距離を伸ばしていきながらいずれも完勝。朝日杯でクビ差まで詰めたコディーノがやや足踏み状態ならば正攻法で二冠濃厚。Cコースで上がり勝負になる東京2400mなら多少スタミナ面で問題あれどこなしてくれると信じる。

    対抗はPOG絡みもあるが1枠2頭に。コディーノはおそらく距離面では2000mがギリギリな印象であるし成長面で疑問。父シンボリクリスエスはどうにもマイラーを多く出す印象が強いが、東スポ杯2歳S勝利、皐月賞3着は昨年のダービー馬ディープブリランテと同じ臨戦課程であるし、ここ10年では皐月賞2着からの巻き返しはない反面、皐月賞からは1着か3着馬の優勝が多い(例外として超不良馬場開催のロジユニヴァースが大敗から巻き返しあったが、ゲリラ雷雨により特殊馬場になった分)。母ラインもマイラーか、という感じで今後は藤澤厩舎らしくマイル路線へ進みそうだが、同一世代相手なら連下には。
    キズナはこの枠で切れ味勝負ばかり制してきた戦いで過剰人気気味。馬券的には更に下げることも検討するが前日時点ではこの位置づけで。

    大穴は京成杯組の2頭と距離延長もそう不安はなさそうなタマモベストプレイ。京成杯は馬場発表以上に状態悪い上、雪による開催延期があり更に馬場を消耗した状態でのレース。その結果平凡な決着に見えるがスタミナ勝負になれば浮上のきっかけある2頭。人気もない印象で大穴狙い可。
    タマモベストプレイは皐月賞力負けの印象で別路線組加わるダービーで完敗の可能性あるが、あとは地力との勝負になるだろう。

    皐月賞2着エピファネイアは脚元不安の情報あり、直前追い切りが坂路へ変更。タイム自体は悪くなかったようだが当日のパドック評価次第では押さえという印象も、現時点では無印扱い。福永祐一騎手には悪いがダービーを勝つには騎手としての貫禄がまだ不足している。世界的には・・・の面で。
    マイネルホウオウは東スポ杯8着、NZT7着など時々ボケる印象がある馬。NHKマイルC自体もさほどレベル的に高くはなく、レースとしてのレベルが低かった2008年のディープスカイ以来NHKマイルC組からのダービー上位突入がない上、馬主的にむむぅ、という感じ(これも大変失礼だが)。

    ロゴタイプの単が3倍つくなら単勝1万円一点でいいか、とも思いますがどうでしょうか。


    目黒記念
    昨年の目黒記念優勝スマートロビン、昨年のアルゼンチン共和国杯優勝ルルーシュと東京芝2500m勝利馬がそれぞれ揃った形も、ここは◎ルルーシュで間違いない。
    有馬記念・AJCCと連敗したが元々右回りはやや不得手にしていた馬である。有馬記念は早めに動いた分だけの力負け、AJCCはそれを受けて後方からの競馬も裏目であるし状態も悪かった。オールカマー4着は重馬場の影響もあっただろうが中山コースだとどうもあとひと踏ん張りが効かない馬のようで、ここできっちり巻き返してきているようならば現時点でパーフェクト連対実績ある東京コースでの復活は十分。今後秋のGIへ向けて賞金も不足状態であり、ここは勝って・・・と行きたいところだ。
    アルゼンチン共和国杯で2分30秒を切るタイムを出していることから高速決着も対応可。ダービーデーのトリを締める。

    相手はカポーティスター。天皇賞大敗は流石に距離が長すぎたが、東京コースは昨春に新緑賞勝ちの実績もあり、天皇賞ほどスタミナ勝負にはなりそうもないここなら巻き返し十分。ムスカテール、タッチミーノット、昨年本競走優勝以来のスマートロビン、よくよく考えれば緑風Sは実績的に最上位の存在で人気はなかったが順当勝ちと取れたコスモロビンあたりを押さえに。アドマイヤラクティも相手なりには来そうだが押さえまで。メトロポリタンS1.2着組は消し。いずれも重賞での実績不足がありここは経験のレースか。

    東京9R 復刻ダービースタリオンズS
    3枠2頭に期待^^;

    5/19の注目

    ダービー行きたいけど前日が多忙になるのが確定で、そこから家でそこそこ休養しても朝一の埼京線に乗るために、3時台には家を出なきゃならん。今年はただでさえ混む材料揃うということで多分回避です(´・ω・`)
    ダービーデーとJCデーだけは一番電車で行かないとろくな場所取れませんから(除、大雨かつ震災直後だった11年)。

    まぁ、安田記念は行くので勘弁しちくりってことで・・

    明日のオークスあまり勝負として買う気なし。桜花賞もケンしたので今年の牝馬クラシック無理して買う事もないかなーと。
    どうしても買うならレッドオーヴァルか桜花賞大敗組でしょうけど、オークス週に必ず来る高速馬場、今年も来ましたね。メイSは前がペースアップしたから後ろもペースアップしたらみんな脚使って届かなかった、そういう解釈で行けるオークスかなぁとは思うのですが。にしてもタムロスカイは無理スジです。うちの親父が2.3.4着の3連複を持っていたことをご報告申し上げて。

    明日の勝負は昇竜Sでいいでしょう。今年から昨年までの昇竜S・端午Sの条件が入れ替わり中京時代に近くなった形に。1800m戦ということで確実にJDDへ向けて重要な一戦。端午S時代も端午Sを勝ってJDDを勝った、という馬は多数いますからね。ゴールドアリュールとかサクセスブロッケンとか。格付面で同一時期の兵庫チャンピオンシップの方が上に取られ兵庫チャンピオンシップ組が人気になりやすいですが、レースレベル面では旧端午S=兵庫CSという印象。今年は兵庫CS出走組のJRA勢のレベルがかなり高かったのですんなりもありそうですがと。

    人気は前走阪神戦圧勝のクリソライトと3戦2勝エーシンゴールド、兵庫CS3着ソロルあたりの様子だが、ソロルは普通に切っていいんじゃなかろうかと。兵庫CSは小回り園田コースに戸惑った可能性とはいえ勝馬から2秒5も突き放された中身。コパノリッキーが強すぎた中身ながら、余程のハイペースでない限りこの馬に出番は回ってきそうにはなく。クリソライトとエーシンゴールドならエーシンゴールドの方を取りたい。京都の500万下でサトノプリンシパルに先着を許したもののこれは昇級初戦。今回はサトノプリンシパルが展開的に不利な印象で、前走0秒9ちぎったブロードソードが新潟のわらび賞で勝利とこちらの方がレースレベルは高いという判断。
    クリソライトも前走7馬身ぶっちぎりをやっているが、今回は展開的に前走程楽ではない。しかし能力面では500万下3連続2着など、確実に上位の存在なので消しとも言いがたく。
    ここに割って入るならショウナンダイラ。スプリングSはどうしても芝を使いたかった1戦で500万下はべらぼうにタイムが遅いがこの日の中山競馬場は強烈な向かい風が吹いていた。未勝利では2分を越える決着もあったくらいでいくらスローとはいえ芝2,000mの新馬で2分11秒台を要している。時計的にはもう3~4秒詰めていいはず。伏竜Sは本来の展開にならなかった点で、展開利取れるなら穴はこの馬。もう1頭マイネルクロップも今回展開魅力。伏竜Sは思ったほど伸びなかっ競馬故、今回はもう少し積極的に乗ってくる筈。

    2=13流し3連複が本線。相手はソロルを切るならある程度手広く行っていいと思う。

    京都メインの深草Sは京都ダート1200という中央では関西地区にしかない「ダートスタートの1200m」という条件。
    また直線が阪神より短いため時計的には芝スタート+バック下りになる中山ダート1200mやスタート直後芝を使う新潟ダート1200mほど顕著には出ないがハイペースになりがちで、前崩れが起きる時はズブズブがあり得る。京都芝1200mとは正反対、という印象を持つコース。
    芝スタートのダート短距離で結果を出した馬を下げて考えるのが基本と考えたい。

    明日雨予報が出ている京都地方だけに早くから雨になり馬場が渋るなら渋った京都ダート1,200m得意の◎クランチタイムとするが、それは重馬場より悪くなった時(重より悪くとも、鉄下駄を履いたような印象なら見送る)。良馬場でも1600万条件で掲示板連発と悪くはなく、得意の京都ダート1200で巻き返しは可能。
    面白いのはコウエイフラッシュ。なにわS大敗で確実に人気を落としてくるはずだ。この馬も実績が京都ダート1200mに集中。阪神は2走しかしていないもののいずれも大敗という京都専用機。おそらく芝スタートの1,400mでは行脚つかずダメなケースで、この条件でしか走れない馬。それだけに買うならここでしょ、という印象。

    あとは前崩れ警戒でヤマノサファイアを押さえる。クランチタイムを単複で買い、コウエイフラッシュ・ヤマノサファイアを複勝で多めに買ってみては。オッズ的にもコウエイフラッシュで4倍前後、ヤマノサファイアでも4倍あるかどうかはあるはず。高配当狙いならワイドか3連複、3連単の紐で。

    | ホーム |


     BLOG TOP