RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土曜の注目

東京だけ3鞍。

東京9R 陣馬特別
一度地方転出後前走が1800mで圧倒のファルスターを一応信頼。札幌で結果が出なかったのが成長途上+洋芝不得手ならば、開催を追う毎に高速化する2回東京の馬場は合うと思う。距離延長も不安はない。相手も1頭に絞って同じダンスインザダーク産駒のカムフィー。ただ中京芝2200mというパワー、馬力勝負のレースで通用してきただけに瞬発力が求められるレースになるととりこぼしの可能性。

ステラウインドは2400mへの延長微妙な印象な上立ち回りを要求される大外枠。
高速馬場の中山で速いタイムで逃げ切ったりヨーイドンの瞬発力だけの比べあいなら上位に来てもおかしくはないが、今回は静観。レオプログレスも実績上で東京の方が向くが、近況中山に実績集中のタイプはちょっと割引きたい。

東京10R 春光S
人気はオールドパサデナ。それなりに信頼は置けるタイプだろう。関東オークスと両津湾特別をノーカウントすれば安定した実績保っており、ここ2走は実績なかった中山のダート1,800mでも通用してきた。得意の東京マイル戦、勝ってオープン入りと行きたいところ。ただ末脚爆発タイプだけに全幅の・・・とまではいかない。
2月の大島特別で大穴を開け連闘での白嶺Sで2着し逞しさを見せたスズカヴィグラスが面白そう。元々東京はそれなりに実績を上げており夏に一度うまくレース運びができなかった、遠征は結果を出せないタイプと割り切ればここ目標の仕上げで来たとも。
サンライズブレットは芝を含め左回りは初。2走前に1000万下の常連と化したツルマルスピリットに先着、昇級初戦もまずまず好走、と成績上人気にはなるだろうが関東への遠征や初距離、左回りがまったくの未知数だけに、今回は静観。勝ったらごめんなさい。

超大穴でニシノヴァンクール。鎌倉Sは通ってしまったという感じで調教替わりのレースだっただろう。前がスローで持ち前のスタミナを活かせる展開に持ち込めると3着くらいはあって不思議ではない。尤もクリュギストが引っ張りそうでスローは考えづらいので、複の豆券程度で。

東京11R 青葉賞
人気は今年のクラシックで上位争いをしているコディーノに東スポ杯2歳Sで2着のレッドレイヴン・・・だが、スマートストライクで2400mどうよ?という不安が先行。母はグラスワンダーの全妹Wonder Againという事を考えてもここは地力でカバーできてしまうかもしれないが、距離の不安の方がどうしても先。近況人気馬が強い青葉賞だが今回はバッサリ消す。

これなら本来スタミナ勝負の中京芝2200mを瞬発力勝負で勝ってきたラストインパクトに期待がかかる。本来ディープおあつらえ向きレースだったはずのきさらぎ賞は馬場が非常に悪い上、展開面の不利もありとりこぼしたがそれ以外は堅実に走れている現状を高く評価。東京の2400mも瞬発力勝負で中京を勝ってきた実績からはプラスに向きそう。これを上回る末脚でレッドレイヴンが来たら仕方が無い事だが。

相手は東スポ杯経験組のサトノノブレスとダービーフィズ。ダービーフィズは今乗っているCデムならマイナスにはムカないものの、あとは厩舎的に不安が残る点だけか。サトノノブレスは既に2歳時東京を経験済みで、戦績からは左回りや瞬発力活かせるディープらしさ条件なら問題はない。鞍上に少々不安あるものの、十分狙える。

ヒラボクディープも押さえには。
スポンサーサイト

羽田盃

地方競馬IPATで購入できるようになった羽田盃。ジャパンダートダービーへ繋がる南関3歳クラシックがいよいよスタート。今年は3歳牝馬クラシック2冠目の東京プリンセス賞も同一開催で実施され、こちらは東京ダービーへ、プリンセス賞からは6月の関東オークスへ向けての戦いとなります。

◎アウトジェネラル
○ソルテ
▲ジェネラルグラント
△ハブアストロール・オグリタイム

京浜盃組上位の考え方だが、少し捻る。騎手の都合か仕上がりの都合かはわからないが、佐藤裕太騎手で挑んだ京浜盃で2着。今回は戸崎圭太の参戦が物理的に不可能(JRA交流戦が編成されない日なので)な日で御神本訓史にスイッチならば、京浜盃から100m伸び先行争いに余裕がある1800mで逆転は可能だろう。雨が心配であるが◎アウトジェネラルの戴冠に期待。

相手はこちらも真島大輔騎手へスイッチしてきたソルテ。雪上がりのニューイヤーカップで9馬身ぶっちぎりの実績から、京浜盃こそ直線伸び欠き4着も上積みは可能。雨で時計を要す馬場になった方がよりプラスに働きそうな印象。

ジェネラルグラントは逃げると思うが目標にされるだけに3番手評価。北海道から転入組のアウトジェネラルと共に「ジェネラル軍団」を作ってきた1頭でJRA勢がおり時計も速かった北海道2歳優駿以外は安定している実績から一番人気はこの馬になろうが、京浜盃からの巻き返しを期待できる馬も多く、連軸向きだが3番手評価、という扱いとする。ここは戴冠できても差し馬がハマりやすい東京ダービーでは危険な人気になってきそう。

押さえにハブアストロール。昨年のプレティオラスのような追込脚と考えるとここより東京ダービーの方が合っていそうで、今回の結果に関係なく東京ダービーでは狙う必要があるので、今回もマーキング的に狙いを立てる。オグリタイムも1800m経験あり、そろそろ南関の水にも慣れてきた頃で。

馬券は3連単フォーメーションで
3.4→1.3.4.10→1.2.3.4.10とする。

そう言えば「ゼンノドラゴン」って何だ?と思ってぐぐってみるとミスプロの直仔なんですね。京浜盃開催の1800m戦3歳選抜で大敗、チューリップ特別で3着と使い詰めが気になりますが、大穴狙いの複勝とかワイドとか少し買っておきたいかも。山田信大騎手ならトキノコジローの336万馬券が印象に残りますなぁ。

両雄激突か

http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_254.html

GW重賞ラッシュの最後を飾る6日のかしわ記念。今年は地方競馬IPAT(APAT会員も)購入可能レースですが、
昨年の東京大賞典以来となるローマンレジェンドとここに来て交流ダートグレードを挟んで重賞3連勝、東京大賞典はフェアウェルS勝利ならずで出走できなかったホッコータルマエの激突。ここに昨年のかしわ記念覇者でフェブラリーS2着のエスポワールシチー、と結構豪華なメンバーに。

NHKマイルCも現地行きたいけど、かしわ記念も行きたいなぁ・・・どうしようかなぁ。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。