RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

  • お知らせエントリ (12/31)
  • 今年初の神宮 (03/18)
  • まぢかっ (03/14)
  • 増額 (03/11)
  • 6年 (03/11)
  • 機種変更 (03/10)
  • 故障組の復調、だがしかし (03/10)
  • 2017年 (01/02)
  • 久々のエントリが年末 (12/27)
  • 神宮花火大会、ハマスタ花火大会、ほっともっと花火大会、所沢花火大会 (06/26)
  • プロ野球データFreak
    セリーグ順位表
    パリーグ順位表

    カテゴリ

    リンク

    月別アーカイブ

    最近のコメント

    高松宮記念

    高松宮記念
    ◎ロードカナロア
    ○サンカルロ
    ▲ドリームバレンチノ
    ★ツルマルレオン
    △アドマイヤセプター、エピセアローム、サクラゴスペル

    JRA春のGI開幕戦となるこの競走。ここ数年短距離路線は混沌としていたが昨年のカレンチャン、そして同厩のロードカナロアと短距離王国・安田隆行厩舎。確固たる軸向き鉄板としてロードカナロアを信頼したい。

    デビュー以来ここまで3着を外したことは1回もなく3着に負けたのも昨年内から競馬をしカレンチャンを捉えきれず外から追い込んだサンカルロにかわされた昨年の同競走のみ。それ以外の競走ではパーフェクト連対と安定感は抜群。福永祐一騎手降板後岩田康誠騎手へ乗り替わり、海外GIまで制覇した現状、左回りにやや難がある事は確かなのだがこのメンバーなら逆転されないだろうというのが阪急杯での競馬。昨年の高松宮記念は改修直後でまだ馬場全体が不均一、更に雨が多く道悪競馬が多かったこともあり良馬場発表でも1200mのGIとしては不良馬場での開催となった2004年、2007年のスプリンターズSよりも遅い1分10秒1。これはGIとして開催された芝1200mの競走中最も遅いタイムとなる。

    それから12年夏、冬、13年1月、3月と開催を重ねての特徴。
    ・平均タイムは1分10秒18。ただし時計がかかっていた12年1回中京を除外すると1分9秒7。
    ・最速タイムは12年CBC賞(重)の1分08秒7だが、同日の未勝利で1分08秒9が出ている
    ・12年12月の3回中京~2回中京2節目までの間、雨競馬なしだがその間のタイムを拾っても平均1分9秒83。未勝利も含んでいるが500万までだと已然1分10秒台の決着も目立つ。

    これはスタートしてすぐに直線入り口まで続く下り坂によるものが大きいように見える。先行争いがこの下り区間で繰り広げられるが、そこであまり先行争いが激しくなれば坂でバテるので、ペースは上がらない。それを証明するかのようにこの1年での3F最速が33秒3(13年トリトンS)。昨年のCBC賞からこの距離での重賞はなく、唯一オープン特別で行われた12年尾張Sはスローペースの後傾ラップ(35.4-34.1)があり参考外と考えたい。GIレベルなら前半ある程度激しくなっても後半はそう失速しないと考えればレコードは出ないとおかしい。1分8秒前半~中盤の決着(雨がなければ)が濃厚だが7秒台は厳しいかなぁ、ペースは33秒中盤~上がり35秒ちょうど前後の決着になるのではないか、という見方。バシバシ外差しが決まる芝1400mとは明らかに違う傾向が繰り広げられている、のかなと。中京の他距離とは違い、実距離+αのスタミナが必要な条件とはまた違う。

    これだと◎ロードカナロアはどうしても外せない。昨年の高松宮記念は3着だがまだどこの馬場が伸びる、伸びないがどの騎手も理解できていない上この馬も成長途上の一面がありながらの3着であるし、綺麗に乗りすぎての3着(それが福永騎手の良いところでもあり悪いところでもある)だったと考えている。余程の事がなければこれより悪い着は取らないだろう。枠も6枠で他馬の動向を見て動ける位置であるし、岩田康誠騎手へ乗り替わってからはセントウルSを除き1着続き。騎手も岩田が合っている。今年のこのメンバーでは下手に逆らえない。

    対抗に昨年2着のサンカルロ。走れる時期が真冬から4月前半頃までと限定されている馬。春の実績を秋に持ち越せない1頭だけに狙うならここしかない。阪神カップはこの馬向きの馬場・展開・雰囲気で勝った形。阪急杯は新味を出そうとしてあまり上手く行かなかっただけに本来の切れ味競馬に戻るはず。前もそう物凄いスローは考えづらく、順当ならきっちり2着争いには加わってきそう。

    3番手にはドリームバレンチノ。高速洋芝の札幌では取りこぼしたが函館でロードカナロアに先着しているように実績・実力はGIでも上位のものがある。ただバリバリの1200m巧者ではなく1400mもこなせるタイプ。58kgを背負いながらグイッとゴール前出たシルクロードSは高い評価を出せるが、ある程度前が引っ張って末を、というタイプだとサンカルロとタイプがかぶる印象で、中京芝1200mという意味では少し下げて考えたい。京王杯SC7着は東京芝1400mと中京芝1200mでは求められるモノが違うだけにこれは別個、で考えるべきだとは思うがこの中京でロードカナロアを逆転できるイメージがない。

    もし2.3着争いもつれるなら面白そうなのはツルマルレオン。実績では格下だが末脚の切れ味は一級品。京都のOP2戦で結果が出ず中山の失速戦で結果を出したあたり今の中京ならある程度やれても。ただ上位と能力面ではまだ差がある印象。乗り方があっても一気の頭までは考えづらい。

    アドマイヤセプターはペースが上がらなかった時用。いかにも1400mシフトの印象でここではどうか、のイメージはあるのだが昨年の長久手特別で勝ちきれなかったあたり同じ中京でも短縮はプラスになりそう。エピセアロームは前哨戦大敗が気になる材料だが、阪急杯大敗から本番巻き返したケースとしてビリーヴがいる。左回りは初だがセントウルSでロードカナロアに先着、スプリンターズSでも4着を考えれば決して見劣る存在ではない。サクラゴスペルは産駒特徴として中山巧者に過ぎるのか、という感じでここは多少下げる。ダッシャーゴーゴーは現状、GIで買う馬ではないという印象。迷っているのはマジンプロスパー。阪急杯で控える競馬がある程度成功した現状、自在性を身に着けているならば昨年以上は十分可能ではないかというイメージ。実際にこの中京でCBC賞勝ちの実績があり、無視できない存在。


    マーチSはジョヴァンニでいいような気がする。現状まだ上が望めるし中山遠征自体も前回小倉遠征をこなしただけに問題はない。逆にハンデ58を背負い後ろからの競馬となるグランドシチーは危険な印象。

    ばんえい記念、福山(正真正銘の)ファイナルグランプリ

    高松宮記念予想の前に。(中央の予想は別の日記で)
    明日3月24日をもって中国地方最後の競馬場であった福山競馬場がその歴史を閉じることとなる。
    これ以上財政面で支援ができないなど、遠方のファンである自分ではわからない事情もあるだろうし、都市計画面の問題があったのかもしれない。いずれ中国地方で地方競馬が復活する日が来ればいいのだが、現時点では夢物語と言うのが現実だろう。

    2001年の中津に始まり地方競馬の廃止ドミノは止まらない。JRAすら数十年後はどうなるかわからない現状、我々ファンは馬券を買うだけが支援なのかと少し考えたくなる時もある。今年JBC開催を迎える金沢競馬もJBCという花火を上げて終わってはならないし、岩手もだ。ファンが「競馬ファンド」という形で支援できるよう法改正できればいいのになぁ・・・と思う。ふるさと納税すればいい話かもしれないが。
    福山アラブの歴史や10年前アラブの王となったスイグンなど、忘れられない名馬がいる。それらの名馬や騎手、歴史を語れればいいのだが・・・福山の歴史はアラブ競馬の歴史でもあった。アラブの競走が廃止され、消え行く運命だったとすれば悲しい事であるが。

    まずは福山競馬を締めくくるファイナルグランプリの予想から入る事とする。
    大高坂賞1.2着の高知勢が抜け、ここはビーボタンダッシュがゴールまで一気のダッシュで突き抜ける。転入初戦のA2級戦から馬券圏内も勝ち切れない競走が続く上、大高坂賞1.2着からは3秒も突き放された現実を考えれば混戦とも取れる所はあるのだが・・・・元JRA1000万下、道営オープンの実績なら、今後道営に帰るとしても負けられないレースになるだろう。

    対抗はあえてクラマテングにつける。前走シンガリ負けと近況宜しくないが、3走前は大高坂賞でビーボタンダッシュがマークしたタイムと同タイムで勝利。自分の展開を作れるならば粘っての波乱の目はありそう。

    正月の福山大賞典でビーボタンダッシュを撃破したグラスヴィクターが三番手。福山大賞典後は結果が出ていないがマイル争覇、いろは丸賞と他地区勢との戦いが続き、その面で少々負け癖がついていた印象もあり、前走2着で立ち直った現状ならば。ムラはあるが1800mでも実績はある。

    連下に大高坂賞4着サマースピード、1800mにやや不安あるがマイル争覇2着の実績を買ってフレアリングマリー。これ以外はB級からの挑戦でありメンバー差大きそう。

    3連単2軸マルチ6.7と6.10から相手3.7.8.10へ(各々18点ずつ、36点)。負けてもいい。地方競馬ファンとして福山に少しでも恩返しがしたい。

    次にばんえい競馬の年間チャンピオン決定戦ばんえい記念。近年は高松宮記念との同日開催が定着。高松宮記念の約1時間半後に行われる「過酷な戦い」。積載量はこのレースのみの1000kg(1トン)(牝馬や若駒は多少軽くなるが)。普通のばんえい競馬では見られない息の入れ合い、サバイバルレースを制するのはどの馬か。また今年は世代交代という意味で注目のレースとなりそうだ。ここまで長年ばんえい競馬の看板役者として引っ張ってきたカネサブラック、ナリタボブサップがそれぞれこのばんえい記念を最後に引退することが決まっている。


    http://homepage2.nifty.com/banei_kintaro/Sinbun31.pdf ←とりあえずばんえい金太郎さんの新聞置いておきますね。JRAの即PAT・・・・と書こうとしたら発売ないのかい!(--; 川崎競馬場か大井競馬場へ行かないと買えないのか、地方競馬電話投票会員じゃないと。(南関全体としての併売は福山の後半2レース。福山優先なんですよねぇ・・・日曜日だと)ばんえいは地方競馬IPATでの発売実績0じゃないのかなぁ、この半年で。

    今日の帯広競馬場馬場水分は2.7%。札幌など石狩地方では雪予報のようだが帯広地方は雪の心配はなさそうで、馬場水分はこのまま2%台で推移しそう。いつぞやの0.6%という事はないだろうがこの馬場水分だとパワー優先のレースと考えたい。

    まずはカネサブラックの名前は「ばんえいアイドルマスター記念」でアイマスファンの方にも有名ではないだろうか(ばんえいアイドルマスター記念は確かオープン・A1混合だった記憶があるのだが、と調べるとカネサブラックとして「最後の平場戦優勝」という事のようだ←ばんえいアイドルマスター記念はあくまで冠協賛競走であり、特別競走の身ではない)。2004年、まだばんえい競走が存在していた旭川デビューから初重賞制覇は2005年の3歳限定戦ばんえい大賞典(岩見沢)。2006年では当時4歳馬の身でありながら旭川記念(旭川)を優勝。2007年にばんえい競馬が帯広競馬場1場開催となり「ばんえい十勝」の副称がついてから新設されたシーズン最初の重賞「ばんえい十勝オッズパーク杯」では2007年から3連覇。出走した6回(2007~2012)で1回も馬券圏内を外さず、2010年で4連覇は阻止されたが2011年のオッズパーク杯は優勝。個人的には「ばんえい十勝オッズパーク杯」と言えばカネサブラック、の印象が強い。

    今年に入ってからも年明けの帯広記念(ばんえい競馬は春のシーズン開始から3月のシーズン終了につれて積載が上がる形態のため、帯広記念は積載900kg以上とかなり過酷な条件である)を勝利しているが、本来高積載戦ではやや取りこぼしが目立った馬。この馬のここまでの活躍に敬意は払うが、今回は新世代に期待し対抗までとしたい。これで勝つなら過去のばんえい競馬に並ぶ大横綱の1頭であった、と言う事だろう。

    本命は実績面でやや劣るものの、来年、再来年のばんえい競馬を牽引する馬という事を考えギンガリュウセイにつける。通常のオープン特別ではやや速力不足が目立つが帯広記念でカネサブラックとさほど差がない形の2着、夏のばんえい頂上決戦ばんえいグランプリではカネサブラックを撃破している実績など展開さえ向けばカネサブラックと互角の力を持っていると考えることができる。良績が秋から初冬にかけて集中しているため、冬を越えての所に不安はあるのは確かだが、ここでカネサブラックに引退戦を飾られこれからのばんえいを引っ張ります、と言われてもなんだかなぁという感じだ。来年はこの馬にもばんえいの主役として引っ張る役目が回ってくる。そういう意味で撃破してもらいたいもの。

    3番手は近況好調ホッカイヒカル。ばんえい記念前哨戦のとかちえぞまつ特別は7着に負けたが前週のチャンピオンカップ激走の疲れが出たのか前半の展開悪く第二障害を先に抜けられたナリタボブサップ以下に惨敗したものの、ばんえい記念であればどの馬も何度も何度も息を入れながら第二障害を迎える事となる。どう考えてもハイペースはありえないばんえい記念であれば、チャンピオンカップで今回のメンバーに先着した実績信頼。とかちえぞまつ特別ではカネサブラック相手には25kgもらいだが勝ったナリタボブサップには15kgのハンデがあった状況。今回はそのハンデがなくなり1tの横一線。敵はカネサブラック一騎か、という印象も。十分逆転を見込んでの三番手評価。



    最後にこの馬も引退を迎えるナリタボブサップ。1200kg以上というばんえい馬でも「重量級」の当馬もばんえい競馬を長年引っ張ってきた役者の1頭だろう。だがこの馬にとっては第二障害を降りてからの脚に難がある。そこまでに持ち前のパワーと先行力で突き放すようならともかく、第二障害以後は確実に1tの積載が効いて来る。カネサブラックですら最後の20m,10mで止まる程の過酷なレース。そこで踏ん張りが効かないのが重賞で勝ち切れない実績なのだろう。
    ここは連下までの扱いが妥当。

    馬券はあえてカネサブラックを2着・3着ヅケとした3連単。カネサブラックが勝つならばそれはそれで仕方がない!
    そして今年は井馬博氏ではないばんえい記念の実況。どういう形になるのか、注目のレース。


    なおこの先中央の予想がない場合、燃え尽きた事と宮記念はパスしますという意思表示です。

    3月17日の中央

    中山・阪神ともに午前中は弱めの北風だが特別~メインレース頃から5mを越える強めの南風が吹くとの予報。風向き変化に伴う馬券傾向の変化に注意したい。先週も午前中は弱めの南風が吹いていたが午後に煙霧が出る程の強烈な北風に変わったがこの週は内目の馬場傾向が悪く馬場傾向の著しい変化には至らず。特に中山だが内目の馬場が悪くなってきており完全に外、それもCコースの外=Aコースではかなり大外差しが本来先行で決まりやすい芝1800mでも起きているのは特筆すべき。
    風向きの変化はむしろ総理大臣杯の方が問題かもしれない(平和島は南風になると水面が荒れるので)。

    阪神10R 但馬S
    日本ダービーを「前進気勢を欠く」という形で競走中止以後不振が続いていたリベルタスだが、2400mで本来の力を取り戻しつつはあるがカーリング産駒の特徴として兄のローエングリンも弟のエキストラエンドもそうだが「得意な舞台なら力を出せるがそうでない舞台では思わぬ惨敗があっても不思議ではない」ということ。
    先週のサンシャインSに出走していればまだ違ったのかもしれないが近況京都の2400mで安定してきた馬をいきなり格上げの阪神芝2000mで買うとなるとやや戸惑いを感じる。更に阪神芝も中山ほどでないが外差し傾向が出つつあり、どう乗るか、の不安が先。▲くらいはつけるものの本命には推しづらい。ただ本来の出来が戻っていれば朝日杯3着、若駒S勝ちの実績はここでも上位。うまく目標にされず中団か好位から抜け出しを図れるならば。あとは気持ちの問題さえクリア出来ればG3レベルならば十分勝ち負けできる馬だけに、新潟大賞典あたりでの楽しみが。

    ◎はクランモンタナに打ちたい。切れ味優勢印象の馬だけにコーナー4回かつ4週目で時計がかかりつつある阪神芝をどこまでこなせるかの課題はあるが阪神コースは得意としているところも、やや勝ち切れない印象あるだけに軸向きの1頭。

    マイネルメダリストは好走歴が中山芝2500mや阪神芝2400mなど、もっとスタミナを要する舞台でこその1頭だけに。エドノヤマトは関門橋S4着はソコソコ評価も実質ローカル1800mの馬だけにここでは少々狙いづらい。この2頭は無印でいいだろう。

    ◎9▲2☆8△3.4。馬券は9からの馬連ワイド、2からの3連単1着固定、2=9からの3連複(これはある程度手広く)としたい。

    阪神11R 阪神大賞典
    グランプリホースの二冠馬ゴールドシップの今季初参戦。この馬の3歳時の実績を洗ってみると結局「切れ味・瞬発力が求められる舞台」のダービーでしか取りこぼしがない。現代競馬には似つかわしくないスタミナ・持久力シフトの馬なのだ。結局ダービーは位置取りの差で最後は瞬発力負けしたが馬力・持続力勝負となった菊花賞ではきっちり巻き返した。メンバー次第では共同通信杯でダービー馬ディープブリランテを撃破しているように切れ味勝負も決してこなせないわけではないが、オルフェーヴルは大阪杯、ジェンティルドンナはドバイ遠征と今年の古馬路線を引っ張っていくであろう3頭はそれぞれ復帰戦がだぶらない形でのものだけに負けられぬ。

    有馬記念は先行馬には非常に厳しい展開でマクリ追込展開となり、超大出遅れをやらかしたルーラーシップが間に合う程の追込決着。そういう外差し馬場でしまい勝負が長くなればなるほど力を出せる馬だけにそういう意味でスローからの瞬発力勝負となりそうな今回の舞台ではやや取りこぼしの危険性もあるにはあるが、このメンバーで負けているようでは天皇賞は見えない。天皇賞(春)一番人気6連敗中と近年では日本競馬のスタンス上異質の距離「E」カテゴリレースだが歴史的にそろそろ一番人気が勝たねば「伝統の長距離・天皇賞」の名前が廃る。この馬に天皇賞まできっちり勝って貰いたいものだが・・・

    相手絞り◎7△1.4.6.8。
    3連単も絞って7→6.8→1.4.6.8.9の8点としたい。これでもトリガミの目はあるだろうけど。

    中山11R スプリングS
    そう言えば、明日「フジテレビ賞」だから中山競馬場付近でデモやろうという人はいないね?やめた方がいいよ(←ヒント:小川直也)

    個人的にはPOG指名馬アドマイヤオウジャを推したいがコーナー4回競馬で惨敗を喫した若駒Sをどう見るか。ただ状態面で万両賞よりはやや下降線の印象もあり2走ボケかなー、という印象があり強い馬がある程度若葉Sに回ってくれたのでまぁ○くらいはつけていいのではないかという判断。万両賞で強烈な決め手を活かし勝利し穴を開けたが強烈な決め手を活かさなくとも・・・本番へ向けてある程度新味も欲しい。

    本命は2歳チャンピオンロゴタイプに。この馬が前日売り5倍弱なら狙わない理由はないだろう。昨年から北海道開催の期間が従来の16週32日開催から12週24日開催へ短縮、その中で4戦を消化しただけに札幌2歳Sの惨敗は状態面の不安であった可能性も。父が大得意にした芝1800mならばまだ距離は持ちそうな印象。飛ぶ鳥の勢いで向かってきたコディーノを寄せ付けなかった朝日杯の中身から、自分の形に持ち込めれば。

    対抗は前述のアドマイヤオウジャ。1800mは少頭数かつ時計も遅い札幌芝1800mだが万両賞の中身を考えればここで権利取りできるだけの能力ある。あとは初遠征・距離・出来。

    ▲には巷で評価の良いサーストンニュース。スローで上がり勝負になりやすく、外差しが決まりにくいはずの東京芝1600mで差し切った中身ならば、あと1F延長も問題はないし今の外差し馬場もプラスに向きそう。ただし相手強化で重賞勝ち馬やGI馬もいる構成だけに、相手強化が鍵となりそうだ。

    ☆にシンネンとマイネルストラーノ。京成杯は結局雪で仕切り直しした上、その雪の影響が残りスローペースなのに追込決着となった意味不明レースと考えたい。京成杯組は皐月賞やダービーを考慮するならばある程度考えなければならないが、このトライアル場面ではひとまず忘れて考えたい。開催前半から雨や雪により馬場悪化が目立ち、実質開催16日目のメインレースなのだから時計は出なくて当然。それが差し決着・・・・ならば、このままダービーも混戦になりそうな印象で今回は凡走でも今後考慮すべき。しかし今回の組立からは京成杯上位組を完全に除外したい。

    マンボネフューとタマモトッププレイは軽視。前者はいくら何でも中山1800mの大外枠。差し決着容易になっているとはいえ弥生賞勝ちカミノタサハラ程実績もなく、比較的メンバーレベルの高かったレースも使っていない。これで来たらごめんなさい、で。タマモトッププレイは遠征にやや不安。地元のきさらぎ賞で賞金を稼いでいるためここで別に無理をする必要もないし、きさらぎ賞もディープインパクト産駒がまとめてコース取りの失敗でその漁夫の利を活かした、という印象のレース。ヘルデンテノールはひとまずカミノタサハラの3着がある現状ならば拾っておきたい。

    馬券はロゴタイプからの馬連ワイドを手広く。 アドマイヤオウジャの単複、サーストンニュース・マイネルストラーノの複勝をある程度厚めに買っておきたい。

    対応しきれず、か

    http://www.jra.go.jp/news/201303/030602.html 及び

    http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2013/03/07/kiji/K20130307005336800.htmlのニュース。
    「エイシン冠」の平井豊光氏が2日にお亡くなりになったとか。中央区内の病院となると聖路加かがん研究センター中央病院のどっちかになるのだが・・・あの界隈での大病院は。哀悼の意を申し上げます。そう言えば児玉清さんも聖路加だったような、と記事を見て思い出した。

    エイシンフラッシュは登録時点では平井豊光氏名義になっているが、亡くなった事で今後(おそらくは栄進堂)名義変更が行われるはずだが3月6日午後3時時点では間に合わなかったのだろう。このニュースが出たのが昨日の東京スプリング盃直前くらいだったので。
    主に外国産馬を多数輩出した馬主さんという印象が強い。エイシンフラッシュもドイツからの持ち込み馬。個人的に印象が強いのはエイシンバーリンとエイシンプレストンかなぁ。エイシンフラッシュは毎度毎度馬券との波長が合いません(涙←合ったのは11年有馬記念くらい。

    | ホーム |


     BLOG TOP