RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土曜日(中山中心)

師走の中山競馬が始まると、「いよいよ年も押し迫ってきたな」感がありますね。
有馬記念から来年のAJCCまで2ヶ月間の開催。特に1月になると野芝の休眠期間による馬場の荒れが顕著になってきますから、馬場には注視したい所。

しかし雨自体大したことなく、今年の2回中山2日目以来のAコース開放(秋の中山はB→Cコース)。更に前開催は野芝だけでやっておりオーバーシードを「改めてかけ直した形」になり阪神以上に馬場が良くなり高速馬場になるのが冬の中山開幕週の常。

中山1R
メイショウトラクマが中山替わりプラスになりそうな成績。ここで蛯名へのスイッチもプラス。2走前東京マイルで惨敗している事から中山なら1200m限定馬だけに、ここは緒戦から。あまりにもハイペースに巻き込まれるとバッタリありそうだが。

中山6R
プリュキエールが安定のメンバーに感じる。左回りでは3着最高の馬のこの馬にとって中山替わりはプラスになりそう。堅実そうなので3連複の軸候補。

中山7R
中山でスノードラゴンならそろそろ勝ってきて欲しい。元々1600万でも上位争いしていた馬。苦手な条件は「時計馬場」で、金曜正午時点稍重の馬場状態がどうなるかが鍵。1分11秒台迄かかってくるようなら堅軸だが・・・

中山8R
東京ハイジャンプは回ってきただけの競馬。さすがに休み明けで条件違いの東京障害では・・・前走が障害デビュー戦以来馬券を外す敗戦だっただけに今回は負けられない。相手も中山向きの馬少なく、1倍台でも勝負だ。中山大障害-大障害コースでカーブ・アップダウン激しいこのコースなら。
ただしこの開催の中山障害馬場は「オーバーシード使用」の馬場。極端に時計が出る馬場だとスピード負けするのが東京ハイジャンプで明らかになったため、当日の芝レースに注意を払いたい。

中山9R
面白いのはサングブルー。新潟ではキレ負けする馬で中山替わりでの変わり身がありそう。ただし極端な上がり競馬になるようだと新馬で力不明もヒラボクディープ、ハイレベルなアルテミスSで大負けしていない中山勝ち上がり馬トロワボヌール。インプロヴァイズももつれるなら侮れず。

中山10R
カフェシュプリームが中山替わりで巻き返しそうだ。元々左回りダートでは実績乏しいこの馬が右回りになると(3.2.0.0)とパーフェクト連対。また1400mだと夏開催の三浦特別でも惨敗しており1200mでこその馬。
2歳500万勝ちがありしばらく地方競馬に移籍していたチャンピオンヤマトが転入緒戦でも。夏場は夏負けのせいか精彩を欠いたが秋からA3~B1クラスで上位争いの常連へ。この後短距離のA級戦が船橋記念へ向かうレースしかない事からの中央入りか、ととれるが1600万下で通用しないとも限らずで。仮にここ大惨敗でも来夏のクラス再編成後は必ず馬券になってくる1頭になりそう。
あとは中山や新潟直千で穴を開けてきているフリートアローが面白そうだ。

中山11R ステイヤーズS
年に一度のマラソンレース、師走の風物詩・・・だが、今年から同一週に芝2000mの金鯱賞が同居。ステイヤーズSは今後ハンデ戦時代だった頃の「G3レベル」のレースに落ち着きそう。
JRA公式のデータ分析では「外枠不利」のデータが出ている。特に10番から外は絶望的。開幕週ならではの事象でこのデータは素直に信頼し10番から外は頭なし。ただ妙に7枠の連・3着絡みが目立つ。

過去15年分のデータ(http://fukustable.web.fc2.com/StayersS.xls)を見るとわかること。
・前半2000mは2歳~3歳新馬並に緩む。2000mで2分5秒~2分7秒がデフォルト。
遅い年だと2分10秒台へ突入(1998、2005、2009)する。
それ故後半は瞬発力と持続力勝負になりがち。昨年不良馬場で行われた年を含め、1999年~2011年までの13回で17F目(3200m~3400m)区間ラップが11秒台に突入し、スローペースの年なら最終1Fも11秒台。とはいえ後1000mで58秒台に突入している年は少ない。前半が異様に緩んだ2009年に58秒7が出たくらいで、ほぼ後ろ1000mは59秒~60秒台。11秒台後半の脚を持続して出せる馬なら、一瞬の瞬発力不要のレースというのがわかる。

平均後5Fは不良馬場だった11年を含めて60秒17、不良馬場の11年除外で59秒96。良馬場だけでもほぼ同じタイムが算出されたため「12秒平均の脚でどこか2~3Fで11秒中盤を出せる馬」であれば通用する。上がり3Fでも15年平均は35秒88、不良馬場の11年除外で35秒76。またよほどのスローでなければ後ろ1Fが12秒台(不良の11年は13秒2)へ失速する。比較的2.3着では差しが届くのがこのあたりに特徴がありそうだ。
よってスローペース必至とはいえ「ステイヤーズステークス」の名前通りスタミナがない馬の出番はない。
またこれはWSJS開催の裏という事情(2010年、今年は除く)かつ、ここ数年では金鯱賞に替わる形でGIIIとはいえハイレベルな鳴尾記念があった影響もあるだろうが、関西騎手の勝利が1997年の河内洋騎手以来なく、関東の騎手か外国人騎手の優勝。ここ数年では外国人の優勝が目立つ。
GIII時代に遡っても(グレード制導入以後)関西の騎手が勝利したのは1996年の和田竜二騎手(サージュウェルズ)だけ。※1983年以前は騎手の所属もわかりづらいので割愛します。
2着・3着まで過去5年で手を広げるとそれでも藤岡・安藤勝己の2人が連に絡んだのみだが、前走重賞好走で人気になっていた。関西の騎手で参戦してきた馬はこの「特殊コース」に慣れていない騎手も多く大幅に割引が必要。
東西厩舎としては関西馬の7連勝はあったがここ2年は関東馬が勝利。15年の勝利馬を追うと関東6勝、関西9勝と関西馬優勢ではあるが、関東馬の巻き返しに要注意。
また人気は1着の面では「7番人気」まで。上位人気拮抗or上位抜けた人気で下位荒れがあるレースであるが、あまりにも人気薄の馬を頭に置くのは危険と言える。

◎ネオブラックダイヤ
○デスペラード
▲グラスゴッド
☆セイカプレスト
△トウカイトリック・ケイアイドウソジン・フォゲッタブル

「内目から」「スタミナ戦向き」「関東or外国人騎手」の条件を強く考慮。
まだ1000万を勝ち上がった身上であるが、今年のメンバーならネオブラックダイヤからでも足りそうだ。
勝ちきれなかった競馬が「キレ負け」か「能力負け」かで評価分かれる1頭だが、晩秋特別は前が飛ばし比較的厳しいレースで上がりも若干掛かった。こういうレースなら素直に力を出してくる馬と感じる。一気に二段階格上げでGIIとはいえ、メンバーはGIIIレベルと言っていい。通用しなければ大敗まであるが、ここならば。

対抗は毎日杯以来の芝になった八坂Sで上がり32秒8で勝利したデスペラード。このレースは前半が非常に緩み、後半5F「12.3 - 11.7 - 11.9 - 11.0 - 11.3=5F58.2,3F34.2の流れを32秒8の末で差し切り勝ち。3歳時は芝では結果出ずここまではダート中心に使われてきたが近況はダートでも勝ちきれず、芝を使ったらあっと驚く勝利。不器用なところがあるため2着、3着にどこまで絡めるかの感触あるが、血統からは距離延長もOK。あとは展開次第。タイプ的に3Fの瞬発力タイプ故、2600m過ぎからペースアップする流れに対応できるかどうか、も鍵か。

大穴で全く人気がないが、グラスゴッドを指名。「穴馬が来る7枠」、差し馬という条件には合致する。ステイヤーズS自体は一昨年6着とそれなりの実績あり、流石に長欠明けの12年京都大賞典はガス欠の惨敗もやむを得ず。
重賞では一歩足りずの馬でも今年のメンバーなら、そして全く注目されない今回ならば大穴に期待できる。
あとは前粘りできれば・・・のセイカプレスト、前目粘れるならダイヤモンドSの再現あるケイアイドウソジン、昨年の惨敗は道悪に原因を求められそう。今年のメンバーなら威張れるしここでライアン・ムーアを確保してきた3年前の覇者フォゲッタブル、10歳馬ながら3000m以上の距離では常に注意のトウカイトリックまでを押さえたい。

中京11R 金鯱賞
前述の通り、第1回(砂1800m)での開催以来の秋開催となった金鯱賞。更にコース形態が大幅に変更され、スタミナ・持続力が問われる中京コース・・・だが、夏開催の開幕日に限り速い時計が出ていた事で馬場が読みにくい。
春開催・夏開催共に天候不順の影響を受け更に夏開催では暑さによる洋芝の劣化により時計が掛かった馬場になったのではないかと推測。中京コース自体のこれまでのイメージは「開幕週に限り」忘れた方がいい。ただし今後野芝が休眠に入ってくる時期。開催を追う毎に従来の中京に馬場は戻ってきそう。

宝塚記念の王道トライアルだった時代とどう変わるのかだが、事実上同一時期に開催された鳴尾記念と条件を入れ替えたもの。しかし前週にジャパンカップがあり一線級の参戦は望めず、今年は更に3歳クラシック参戦組も不在。
とにかく「馬場が読めない」のが予想を難しくしているので、単複で中京実績ある◎ダノンバラードを買う程度。高速馬場になっているのならばオーシャンブルーを見直す手。
とはいえ現在のレコードが夏開催初日の500万、ただし2分01秒0と他の競馬場に比べれば時計がかかっているのも事実。ここで2分を切るレコードは出るだろうが、1分59秒台が精一杯ではなかろうか。これまでの中京開催金鯱賞のような1分56秒、57秒が問われる馬場には今後なりそうもない。

中山12R
近走安定はプレミアムブルーだが、福島へ輸送の経験あるが関東への輸送は初となる。パドック気配要注意であるし実績が京都に偏っているのは気になる材料。開幕週のマイル戦・・・なので内のコスモトゥルーラヴは信頼する。

前走6着敗退も少頭数のスローで0秒5差。クラックシードは絶対に見直しが必要だ。
スポンサーサイト

久々に真面目な話。

<重要>
この記事は「抗議一切受け付けません」にカテゴリ設定します。コメント欄を設定いたしません。
また特定思想・特定政党への思いは極力排除しての書き込みである故、中身については触れません。

昨日(29日)、民主党がゴネにゴネていた「ネット媒体での党首討論」が実現。ニコニコ生放送による放映が実現した。明日記者クラブ主催の「党首討論」はあるが、ネット媒体での党首討論は一歩ネットによる選挙活動へ近づいた、とも言える。これは今後へ向けて課題のタスクをこなしていけばいいのだが、不満が残るものだった。

・党首討論である以上、時間の区切りがあるのは仕方がないが論点が当初から3点に限定されていたこと。
個人的には「震災からの復興」や「憲法解釈・憲法改正(自民党の公約にいろいろ問題があるとネットで騒然となっているようであるし)」の話も聞きたかったのだが予め「TPP」「増税」「原発」の3点に論点が絞られての放送となってしまった。
10の党がありそれぞれの話を聞く以上は2時間弱でも足りないと思うのだが、それなら別にニコファーレを借りて放送せずとも・・・と。ニコニコ動画側にもアピールしたい狙いはあるだろうし、過去自民党に関するニコニコ生放送があったことから「自民党にとってはホーム」と踏んでいたので、個人的には懐疑的であったのだが。

・開始早々にニコニコ生放送側が混雑。Ustreamでは何とか視聴ができたが、他放送にも影響が出る状況となってしまった。それだけ今回の選挙に対する関心の高さを窺わせるが、ネットメディアだけが先行するのではなく、既存メディアでも通常の放送をお休みしての「特別番組」編成をする、他ネット番組でネットするなどすれば多少なりとも混雑は回避できたのではないか。既存メディアと「新生メディア」とは壁があるとよく聞くが、これでは風通しが悪い。

・ニコニコ側に対する不満だが、こうなる事は予見できたはず。ある程度「公式生放送」の繰り下げはしていたようだが全リソースをやるくらいでなければ・・・と感じる。(中には政治放送に興味がなく、通常の放送や動画を見たいという人も多いだろうから、折り合いは難しいのは理解できるが・・・全体的にお粗末に感じた事)。

今回の選挙は「誰がどのような意図でどのような発信をしているか」を見極めないと間違った情報を受けてしまう可能性が高い。今後ネットが選挙活動の中心になっていくのであれば尚更だ。少しずつでも広めていななければならないのは確か、としてもまだまだ課題は大きいなと感じた。
個人的にも「人気投票」で済ませてはなるまいと思いつつ、今後も注視していきたい。

※各党の動向については「敢えて」触れません。

兵庫JGP・直前

◎アップトゥデイト
○ケイアイレオーネ
▲カイロス
☆アースゼウス
△エーシンクリアー

ダート2戦2勝アップトゥデイトを信頼。今年は中京デビュー組の活躍も目立つので。アースゼウスコーナー4回1400mがどうかで下げて、2連勝中ケイアイレオーネを対抗、ここは奇跡の存続向けてアピールしたいカイロスを心情込▲。JRA勢圧倒的有利とは言えないメンバーだとは思う

結果。カイロスはダメながらも○のケイアイレオーネが圧勝してくれたので。しかしアースゼウスも淡白でしたねえ…

ジャパンカップデー(後編)

ジャンルは「馬券の買い方がグダグダ」なのでこのジャンルです。

東京5R
実は少しだけ買ってました。
→ディープインパクト産駒のダートを信じてはダメでした。というかブライアンズタイムで東京マイルどうよ?で2番人気切った俺をぶん殴りたい。まぁ500円しか買っていませんが。


東京6R
平場では一番の勝負レース。まず1番人気のジャングルクルーズは大丈夫だろうと。2F延長だけが鍵も500万相手なら実績上位。ここから馬連・3連複を手広く。怖いのは昨年の同条件走っているヒールゼアハーツ。
→直線完全に抜けだしたと思ったが、坂上で脚止まる(´・ω・`) ここで5,000円くらい持っていかれました・・・ヒールゼアハーツが2着だったので、こっちからが正解。土曜の京阪杯で3枠2頭のどっちがいいだろうで6選んで失敗といい二択で失敗するなぁ。

京都7R
タマモトッププレイが有力かなとも思うものの、絞りきれず締め切りで買えず。
→タマモトッププレイ勝つし・・・むぅ。

東京7R(ベゴニア賞)
面白いのはガチバトルだろうと。ここから複勝とワイドで穴狙い。
→レコード出る馬場で後ろからはダメだったようで。ちょっと底が割れた感も。

東西7Rは東京6Rの惨敗影響から、思考回路おかしくなっていたかも。

京都8R
難しい一戦も、アルバトンとラフィングメイで1900m向くなら前者でしょうとアルバトンから買う。
→2着の13番人気ワンダースキーが拾えない。拾っていればもう勝ち確定でしたが・・・
ラフィングメイは直線伸びずでアウト。単勝630円複勝270円あるのにこういう時に限って単複押さえていない。

東京8R(任天堂のあんまり知られていないスーパーファミコンソフトJT)←なんだそりゃ
ダート1600mで3歳馬57kg背負うレース。1番人気アメリカンウィナーはいかにも危ない印象があり消し。
買ったのは地方代表山口勲の応援馬券と意外に人気がないシュタルケのサトノティアラの単複、あとは3枠からの枠連。
→あっさりアメリカンウィナーに勝たれる。山口勲も乗り間違いでこれは仕方なし。

ここで東京1Rの貯金がかなり目減りになってきた。まだプラスは維持しているが薄氷状態。

京都9R
冬場なら結果出してくるグッドルッキングは人気なくても(11番人気)積極的に狙う価値はあるだろうと単複を買う。もう1頭買うなら前走の敗戦も大負けはしていないメイショウツガル(6番人気)。
既に京都の芝は内も外もない(どこも荒れていて伸びに大差なし)状態と見ていたので、京都芝1200mのセオリーにも乗っている。

→グッドルッキングは直線伸び欠いて6着もメイショウツガルが前半追っつけ通しも3~4角でようやく行き脚ついて直線追い込んでの2着。人気総崩れで複勝4.1倍つき多少ながら持ち直す。

東京9R キャピタルS
人気がいかにも胡散臭い。トーセンレーヴは速い時計の決着に不安、クラレントは富士Sから2kg増、サンディエゴシチーは大外+藤岡祐介騎手は3鞍のみ騎乗。距離が少し短いが2kg軽くなったセイクリッドバレーと相手軽くなったモンストールから単複。
→まさかまさかの伊藤エ・・・あそこでヤマニンウィスカーとか買えるかよ。WIN5も880万あったのが一気に1万4000まで激減。単勝あやうく4万馬券、複勝でも7000円オーバーの大波乱ながら、2.3着は上位人気で3連単はハネず。
これは事故。仕方がない。流石にこれはどよめきますよね・・・

京都10R 白菊賞
ディープインパクト祭りのこの競走。人気のどこから入るというところで悩んだ結果、今日乗れている川田将雅のディアマイベイビーから馬連総流し。
→山本直也アナ実況で「タンスチョキンが追い込んできた」の場所で爆笑が起きる直線中、ディアマイベイビーが粘り切る。2着が7番人気マイネチャームで総流し正解。8頭立て総買い28点の期待値以上、75倍ゲットでこの日よほどの事がなければ勝ち確定に突入。

東京10R プロミネントジョッキーズT
東京8Rまでの成績をエクセルで集計した上で、「1着・2着勝負駆け以外で優勝可能性がある騎手かつ、ランクB以上の馬に乗っている騎手の単複を買う」と決めていたので暫定3位Z.バートンのサトノパンサーはまず本命に指名。
この時点で1位の浜中はDランクでこれは無理だろうと見送り。あとはムーアのメイショウジンム、ビュイックのチュウワプリンスだがあまりよく見えず見送り。既に優勝圏外だがスミヨンのヴィクトリースターは能力あると思い狙っていき、暫定最下位だった池添のノーステアは大幅馬体増、距離も短いと見て消す。あとは優勝可能性が5着以上勝負駆け相手待ちだったウィリアムズのエスピナアスールがマイペースなら面白いと見て購入。

→サトノパンサーが1着、バートン騎手が文句なしの第26回WSJS優勝。

水沢10R ダービーグランプリ
ブログの通り、ロッソコルサからの馬単と3連単。ちょっと危ないシーンがありながらもゴール前勝ち切る。3着に人気中位だった金沢のアルドラが入り3連単も結構いい配当。順調にJCへ向けて資金つくり成功。
時計も速い馬場の分あれど、水沢2,000mにおけるタイレコード。JCもいいレースでしたがこのレースもいいレースでした。

京都11R 貴船S
ハイペースの前崩れ・・・なら福永乗り替わりのアーリーデイズか京都1200mのオールダートがどうかもサリエルか、でサリエルから狙いに行く
→アーリーデイズ・・・・(´・ω・`)ある程度前残り馬場なら両方買いで良かったかなぁ。

東京11R ジャパンカップ
返し馬・パドックを見る限り評価は17>04>15>13>08という感じ。オルフェーヴルの返し馬が特に印象深い。
馬券は前日記事の通りに購入。
→まず審議について。あれはラフプレーだったのは確かだがオルフェーヴルもまっすぐ走っていないし、ゴールまで相互接触を繰り返している。あの不利があったから「オルフェーヴルが負けた」とは言い難く降着にはならない、という判断だったのではないか。
馬券は3連複的中も配当が10.1倍でトリガミ。でもいいレースを見たので観戦料でいいや、というレース。現状議論になっているが池添騎手・池江師の言い分はちょっと苦しいかなと思いますね。馬の癖によるものを差し引くと・・・

京都12R 太秦S
東京11Rの審議が長引いたため、このレース及び競艇王チャレンジカップの購入がギリギリになる(チャレカは3連単1240円でトリガミ)。前残り馬場確信だったので、前へ行ける中で昇級初戦も能力あるスリーボストンの単と馬単。
→2着馬拾えず馬単ハズレ。単も5倍台でトリガミ。

ばんえい帯広10R
JCの払戻金を十分チャレンジカップに活かせず、伊勢崎オートのシルクカップ3日目12Rも締め切り。直近で買えるレースがこれなので適当に買う。
アアモンドマツカゼがクインカップでは展開失敗で負けた分を取り返す勝利。今回も第二障害で3腰かかり、障害力に問題あるようだが坂降りてからの平地力の高さで勝利。馬単13.2倍的中。

大井8R(最終)
ちょっとだけ大井も購入。戸崎の馬と御神本の馬が人気。戸崎の馬が前走派手に勝っているがC1昇級初戦が特別戦。ならば安定感あるがC1で既に実績ある御神本の馬から流す。
→これが正解でした。

大井の的中で先週の負け分+水曜日の浦和で戸崎から買おうと思ったら隣の真島(人気薄)から買ってしまい二重買いになった挙句石崎駿にやられた分を取り返しました。
さー、年末の中山ですねー。

ジャパンカップデー(前半)

ジャパンカップデー、大盛り上がりだったようですね。11万7000人の入場者数と。批判殺到の「AKBのガチ馬2」もこの形で寄与できるならば・・まぁ否定はしませんが。センターコートとかグダグダだったのかなぁ。
この日は「1日じっくり腰を据えて全レース買ってみよう」計画(ただし頓挫)を実行。2場開催でできるワザですね。

京都1R
関西で水口なら減量でも人気でも狙えでハンドリングから。運試しなので馬連を少しだけ。
→直線あっさり売り切れでハズレ。

東京1R
人気でも松岡のサルバドールハクイは馬体を見ると外せなさそう。ルメールのターゲットゾーンが前走の中身・鞍上強化を考えれば単勝30倍台(確定時は26倍くらい)は人気なさすぎではと思い11・14からの3連複総流し。安いのが来ても大丈夫だろうと。
→サルバドールハクイは人気に応え勝利。最後ルメールのターゲットゾーンが3着争いを制し、2着も9番人気のナムラビジン。朝から3連複219倍と複勝5.6倍ごっつぁんでした。直線は声が出ましたな。

京都2R
未勝利の1400mとしては相手が揃ったなという印象も、人気でも川田のエールブリーズからで仕方ないかなとここから馬連。
→出遅れるもG前差す。2着エメラルハヤブサが7番人気でひとまずプラスへ。

東京2R
ダービーフィズが勝利した2000mの未勝利戦がレベル高かったと見て、ここ好走のキネオストロングから入る。朝一万馬券的中もあったので調子に乗って3000円くらい買う。
→スタートで立ち遅れ折り合いに終始した結果、4角でまだ最後方。東京芝2,000の4角最後方とか吉岡稔真のバック7番手レベル(何故そこで競輪のたとえ)の無理ゲー。ここで馬券諦めました。結果キネオストロング以外の人気馬が上位を占める結果。

京都3R
上位人気がしっかりしていたので、1.4.7.12の馬連と3連単ボックス。一番人気の田辺マイネルハヤカゼが4角4番手から1頭かわすもそこから伸びずで前残り。これはこれで3連単がつくのでおっけーです。4000円つけばいい方かなと思いつつも、5500円つけました。

東京3R
軸はムーアのオリオンザジャパンでしょうがないかとはいえ、他馬に目立った馬がいない。そのため単複で勝負。
→出遅れ4角最後方から直線一気敢行もラスト100m脚が鈍り、内目立ちまわった9番人気ケイアイレオをかわせず。ケイアイレオは馬連では無理な馬なので、これは仕方なし。複勝1.5倍は複勝多めもトントン程度まで。

京都4R
ダイシングロウはワンペース馬ながら平地上位ならここでも。62kg背負っているとはいえマーベラスカイザーも休み明けながらやれると見て馬連はダイシングロウからの流しとワイドでこの2頭。
→2着にブービー人気ユウターチェイサーは買えませんが、ワイドは引っ掛ける。

東京4R
内目に外国人騎手2人がいて、ダイワメジャー産駒のフルグランは馬体微妙かつ産駒特徴から距離も微妙も、スロー必至の2000mなら持つかと思い1・2からの3連複相手5・8・10の3点で勝負する。
→上位人気で〆。これは3連複4倍も覚悟しましたが8倍ありました。

京都5R
トゥザグローリーの全弟トゥザレジェンドがここでデビュー。当然単複で勝負する。
→直線伸びを欠き4着敗退(´・ω・`)。兄同様馬格もある馬なのでこれは阪神で変わってくるでしょう。阪神なら1800mの方が向くかもしれない。

午前中は朝一の3連複万馬券のアドバンテージを残し切り、昼飯のため東京5Rの新馬と京都6Rの新馬はパス(ここで全レース計画が頓挫)。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。