RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

日本ダービーで消す予定の馬

サダムパテック・・・皐月賞も結局は過剰人気。フジキセキ産駒はやや短距離にシフトしやすい印象で長距離では厳しい。ただし1枠・2枠なら買うので現状「3枠から外」の条件つきで。皐月賞の2着が精一杯の競馬ではないだろうか。

コティリオン・・・ディープインパクト産駒2400mは長い説その1。今日のオークスでもそれを証明してしまった気がする。NHKマイルCのようにマイルで切れ味を活かす競馬ならだが、2400mで同じ競馬は不可能。

ウインバリアシオン・・・青葉賞で盛りかえすも今年の青葉賞は皐月賞の翌週でややレベルが低い。あって2着までの印象。

ナカヤマナイト・・・皐月賞の敗因が「湿った馬場」。ダービー週後半から雨予報が続きたとえダービー当日晴れても下は緩い馬場になりそう。人気にもなりやすそうで今回は思い切って消す。

ノーザンリバー・・・芝での勝利は低レベルのアーリントンCだけ。皐月賞15着から能力不足疑い。過去にはボールドエンペラーのような波乱パターンはあるが、母父がマキャベリアンでは距離が持ちそうにはない。

オールアズワン・・・・3歳に入って見せ場なし。既に燃えつき症候群かクラシックが終わった頃突然大駆けしそう。北海道シリーズまでは静観。

トーセンラー・・・ディープインパク(ry。きさらぎ賞で強烈な末脚で勝ってきているだけにもしやの一面もあるがその競馬を馬群をわってしなければならない東京2400mでは?持って2000mの印象で京都向きの印象なので、スローになった菊花賞なら注視したい。

ベルシャザール・・・ハイレベルと思われたホープフルS組がそろって皐月賞で敗退。現状は中山向きの印象である。軽い馬場はあっていると思うが馬場状態次第では連下程度にはと思うが

ユニバーサルバンク・・・2着3着争いであれば入れておいても、の馬だが現時点で重賞未勝利。自分の単勝中心の買い方では1銭もいらない連下要員。

エーシンジャッカル・・・父フジキセキ母父アフリートではねぇ・・・距離持たないでしょう。1800mの野路菊Sで大敗しているし。

ショウナンパルフェ・・・青葉賞組は2着まで。今年のレース内容では積極的に買う理由なし。

トーセンレーヴ・・・ダービー権利のために無理しやがって・・・。毎日杯でコティリオンに負け3着の現状が実力。プリンシパルSは1勝馬中心のメンバーで終わってみれば勝って当然のメンバー。昨年ここを勝ったルーラーシップ同様、秋以後が楽しみな1頭だとは思う。

リベルタス・・・やや体調管理が難しそうな印象でもある上、ディ(ry。POG馬なのでがんばってもらいたいが応援の複勝だけに留めたい。

ロッカヴェラーノ・・・超上がり勝負になった時に切れ負けしそうな印象。逆に重馬場で後ろがという馬場なら穴で面白い。

枠未確定の現状では皐月賞馬オルフェーヴルの世代一番の能力を一応信頼、の立場。クレスコグランドは一見レベルが低いように見えるが臨戦過程は決して悪くなく。今年も京成杯組の一発とデットーリに注意でしょうか。

皐月賞東京開催時の皐月賞→ダービーは?

wikipediaで2レースの成績を確認できる範囲内では、1960年以後で(1956年にも皐月賞東京開催の例あり、1949年以前はレース名が違う、戦中戦後のため省略)メイズイただ1頭が府中皐月賞直行からダービー制覇。シンザンは途中に4歳オープン(2着)を挟んで中1週でダービー制覇。と東京競馬場で皐月賞が実施された中で2冠を勝ったのはこの2頭だけの様子。

しかし東京競馬場で皐月賞が実施された年では皐月賞馬の大崩れが少ない。悪くとも4着で東京競馬場での皐月賞馬はダービーで直結する・・・と考えていいかもしれないが、これらは全て「旧コース」でのもの。過去はストライキや一度は七夕ダービーで大幅な日程変更もあって・・・はあったのだが、現コースでは初の「東京での皐月賞・ダービー連戦」。オルフェーヴルは相当かぶった1番人気になると思うが近年の皐月賞は内枠が暴力的に強く・・・

メイショウサムソン以後の5年間、勝ち馬は1枠か2枠。ここ3年はすべて馬番1番が優勝。ダービーは「運のある馬が勝つ」とも言われるので、個人的には1・2枠の馬は問答無用で単を買ってみたい。

2ヶ月後、ようやくメッカに帰ってきたオートレース

まだまだ東日本大震災、特に福島第一原発絡みの問題は収束を見せない中ではありますが、ようやく川口オートが今日から再開。4月末開催予定だった10-11シーズンのSG締め括り(この後オートレースグランプリまで4ヶ月SGはないので自分は捉えている)オールスターオートレースが最初の開催となります。

日曜日の雨予報が気になるところではありますが、21.22と現地参戦予定。オークスも捨てがたいけど。

8月には戸田ボートの総理大臣杯代替競走の開催も決まり、先月浦和競馬、西武園競輪も開催再開。埼玉県内の公営競技にようやく時が元に戻りつつあるのかなという感じですね。

こんな中ギャンブルなんて・・・と怒られるかもしれませんが、被災地支援競走としてやっていく中であれば買う事も支援なのかなと私は考えています。アジフライとゲソフライ食べたいなぁ(

| ホーム |


 BLOG TOP