RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

  • お知らせエントリ (12/31)
  • 今年初の神宮 (03/18)
  • まぢかっ (03/14)
  • 増額 (03/11)
  • 6年 (03/11)
  • 機種変更 (03/10)
  • 故障組の復調、だがしかし (03/10)
  • 2017年 (01/02)
  • 久々のエントリが年末 (12/27)
  • 神宮花火大会、ハマスタ花火大会、ほっともっと花火大会、所沢花火大会 (06/26)
  • プロ野球データFreak
    セリーグ順位表
    パリーグ順位表

    カテゴリ

    リンク

    月別アーカイブ

    最近のコメント

    2010年度私的JRA賞投票

    毎年恒例。今年は紛糾しそうでもあるが。

    最優秀2歳牡馬 グランプリボス
    GI朝日杯FS、GII京王杯2歳Sの実績ならば文句なし・・・なのだが、朝日杯ではアドマイヤサガスに大きな進路影響を与える競走。それを問題にして「該当馬なし」「リアルインパクト」「ダノンバラード」「サダムパテック」あたりにも票が流れる可能性あり。

    最優秀2歳牝馬 レーヴディソール
    GI阪神JF、GIIデイリー杯2歳S勝利。特に後者はシーキングザパール以来の牝馬優勝。満票での受賞ではないだろうか。

    最優秀3歳牡馬 ヴィクトワールピサ
    今回票が割れそうな部門。
    ・ヴィクトワールピサ(GI有馬記念、GI皐月賞、GIダービー・ジャパンC3着、GII弥生賞、海外2戦経験)
    ・ローズキングダム(GIジャパンC、GIダービー・菊花賞2着、GII神戸新聞杯)
    ・エイシンフラッシュ(GIダービー、GIII京成杯)
    ・ビッグウィーク(GI菊花賞)
    ・ダノンシャンティ(GINHKマイルC、GIII毎日杯、NHKマイルCは日本レコード)

    おそらくはヴィクトワールピサとローズキングダムの一騎打ちであるが、ローズキングダムはジャパンCは繰り上がりでのものを考えても同一世代で安定した実力を発揮した事は事実。父キングカメハメハのリーディングサイアーの一助ともなっている。しかし皐月賞で完勝、ダービーでも3着と健闘し3歳馬として初めて凱旋門賞に挑戦、帰国後も僅差3着、有馬記念はスローの恩恵あったとはいえブエナビスタを斥けた実績を評価する。


    最優秀3歳牝馬 アパパネ

    エリザベス女王杯はとりこぼしたものの牝馬3冠達成の快挙、関東馬ではあるものの「栗東留学」で大きな成果を挙げた事も。オークスの同着優勝がないと混沌とした可能性はあるが・・・そういう意味では満票での受賞は微妙。


    最優秀4歳上牡馬 ナカヤマフェスタ

    秋は3歳馬や牝馬のブエナビスタに独占を許した古馬長距離路線。短距離路線は論に値しないレベルであり宝塚記念でブエナビスタに勝利、海外遠征の2戦とも惜しい2着と結果を残した実績を評価。

    最優秀4歳上牝馬 ブエナビスタ
    古牝馬の春総決算ヴィクトリアマイルを勝ち、秋は天皇賞(秋)勝利、ジャパンCは降着ではあったが1位入線、有馬記念でも2cm差。ブエナ以外の馬がエリザベス女王杯で後の香港カップ馬スノーフェアリーに歯が立たなかった事を考えると牝馬部門では文句なしの満票受賞だろう。

    最優秀短距離馬 キンシャサノキセキ
    GI高松宮記念優勝、スプリンターズSは繰り上がりで2着、年末の特GII阪神カップ連覇の実績が大きい。今年はレベルが低かった短距離路線を年間を通して牽引してきた実績を評価する。マイル路線では今年は過渡世代。来年に向けて楽しみな馬はいるものの。


    最優秀ダートホース エスポワールシチー

    JRAではGIフェブラリーS優勝のみ(NARを入れるとJpnIかしわ記念も勝っている)であるが、海外遠征で果敢な挑戦をした事を評価。ただしスマートファルコンが東京大賞典を圧勝するようだと一躍逆転候補。GIジャパンCダート・GIIIみやこS勝利のトランセンドは暫定チャンピオンの色が強く、来年のレースを見て。短距離ダートで圧倒したサマーウインドはNARグランプリならともかく・・・

    最優秀障害馬 該当馬なし

    どうしても中山でのJ・GI2戦での実績を重視してしまうがメルシーモンサン、バシケーン共にそれ以外のレースでの実績が今一つ。GII以下ならばランヘランバ・障害重賞記録更新のコウエイトライがいるもののコウエイトライが実績を挙げたレースがJ・GIII(新潟ジャンプS、阪神ジャンプS)止まりでは。

    年度代表馬 ブエナビスタ

    ジャパンカップの降着を挙げ「クリーンなレースをしていない(秋華賞に続いて2回目)」という理由で投票に値しないという記者もいると思う。しかし海外でGI2着、年間GI2勝(ジャパンC入れると3勝)、年間を通じて一度も連を外さない安定感は年度代表馬受賞に値するもの。

    特別賞 レッドディザイア
    今年はGIでの実績は残念ながらなかったものの年間を通しての海外遠征でアル・マクトゥームチャレンジIII(GII)では人工馬場のグレードレースで日本馬が初勝利という快挙を忘れてはならない。またブリーダーズカップフィリーアンドメアターフ路線で上位に入賞した実績も理由だ。GI実績がなく何ももらえない可能性大ではあるが個人的には日本では行われていないAW(タペタ)での競馬に順応した事は特別賞受賞に値するものと考える。

    レーシングプログラム

    JRAの来客サービス予算削減の影響なのかJRAも紙資源節約(電話会社が紙の請求書を有料にしていますし)をしなければならないのかは定かではないが、来年から現在配布されているレーシングプログラムのうちカラー刷りのものは金杯とGI当日、開催競馬場のみで配布しそれ以外はモノクロの「出走表」に統一するとのこと。

    また成績表の配布を取り止め、レーシングプログラム・出走表に成績ダイジェストを掲載し詳しい成績はウェブでと(こちらは紙資源節約目的であろう)なる。

    成績表は「まぁ仕方がない」で済ませられるがレーシングプログラムの件は納得がいかない。特にカラーのものがなくなるのは記念にとっておこうという気が失せる。
    レーシングプログラムについてはここ数年統一化がなされており以前は東西で内容が違っていた記憶があるが今年は基本競馬場向けとウインズ向けが同じ、競馬場配布のものは黄土色のイベント・指定席満席情報・帰りの電車情報が書かれた紙とスタンドインフォメーションが書かれた紙がついているものであった。

    紙資源節約ならば「紙のレーシングプログラムは100円か200円くらいで有料化(ただしコラム・ニュースを充実させる。JRAニュース掲載のものをある程度網羅する形でもいい)」、PC向けにはPDFでレーシングプログラムを提供(有料だが価格は紙で買うより低廉にするか無料)し必要なら印刷して競馬場に持ってきてもらう。ipadやネットブック向けのものがあるとなおよい(日刊競馬のipad版みたいなやつ)。
    無料で配布するから何部も持っていく人はいるし席取りの道具にされたりしており、無惨な姿になっているレーシングプログラムの成れの果てを沢山見てきましたし、JRAにとっては紙節約にもなるかなぁ・・・と思うんですけどね。「レーシングプログラムが有料なんて入場料を取って更にカネを取るか!」とお怒りになる方もいるかと思いますがミュージカルやオペラでプログラムブックを買えば1000円~2000円、あるいはそれ以上取られますから「入場料+レープロ+競馬新聞=1000円」までなら許容範囲だと思います。
    番組表はPDF提供というのは既にボートレースがやっていますからね。ただJRAだと印刷すべき枚数がハンパないですが、みんながみんな「東・西・ローカル」全部買う訳ではないから必要のない競馬場の分は印刷しないとかそういう加減がファンの方で出来ますし。

    「有料ならそんなものいらんわ」と言ってもたいていの人は競馬新聞なりスポーツ新聞の競馬面は持ってくるでしょうから、ほとんどがゴミとしてJRAがカネかけて処理するならこのくらい徹底的にやってもいいんじゃないかと。


    今日の中山とかどれだけゴミが出たんだろうか。
    競馬場スタンド外部のアスファルト部分を芝刈り機みたいなもので清掃なのか整地なのかわからないが機械を使う清掃員、ホコリかアスファルトの粉塵が舞うのか外科医みたいなスタイルでやってるな。東京でも開門前たまに見ますが中山では初めて見たかも。

    東京大賞典

    ◎スマートファルコン
    ○フリオーソ
    ▲シルクメビウス
    △ゴルトブリッツ
    △ワンダーアキュート
    △スーパーパワー

    ◎スマートファルコン。JBCクラシックで7馬身、浦和記念はほとんど馬なりで6馬身。浦和記念での消耗はなくジャパンCダートを回避し地方ダートに拘ったこの馬。JBCクラシック以前も強い馬であったがGIレベルでは一歩不足印象の馬であった。しかし主導権を奪う競馬を始めてからは見違える程の馬に変わった。しかし今回は当然○フリオーソも潰しに来る。地元で期待を背負ったJBCクラシックを失冠してしまった今回、戸崎圭太にとって大井所属で挑める南関東開催のJpnIはあと2つ。何とか中央移籍の選別でどちらかを勝ってもらいたいもの。逃げ馬同士であるしこの2頭の一騎打ちを買うよりは牽制しあい差し馬に出番ありと見る。そうなると秋のダートGI2戦不発の▲シルクメビウス。JBCクラシック・JCダート共に展開や追い出すタイミングが遅かった。

    しかしダートの新星登場の予感も。阪神の500万下勝ち上がり直後でいきなりのJpnIではあるが△ゴルトブリッツに魅力あり。JRA現1600万下ラドラーダの弟も芝では救済未勝利も勝てず、再ファンド狙いの地方2連勝後中央のダートでもあっさり500万を勝ち上がった。その門別2戦、阪神の500万下がいずれも余裕十分で時計はJRA準オープン以上の水準にある事が逆転候補の一角に上がる理由。門別の2戦が道悪で大井の重い砂への適正未知数ではあるが、2.3着候補には。負けても確実に今後オープンまでは上がってくる器だ。2分03秒の決着では厳しいが4秒、5秒の決着なら回ってきても。

    3着候補にベテルギウスSで復活ののろしを上げたワンダーアキュート、勝島王冠で大穴を開けたスーパーパワー。勝島オープン、勝島賞時代から考えても大井1800mの重賞で1分51秒台は出色。2分04秒の決着でも対応可能だろう。あとは気性の激しさからレースが難しい馬でそこの克服。

    3連単で5.9.13→5.9.13→5.7.9.12.13.14と12の単複。

    年末年始のJRA電話投票絡み

    http://jra.jp/dento/info/2010/1222.html

    とのことで、火曜日夕方5時半までに成績チェックしないと来年まで見られません^^;
    今年は1日猶予もあるからそんなに大騒ぎする事でもないですが。

    年末開催の大井

    もう番組出ているんですね。でも金曜日のTCK競馬中継の放送開始は15:05、土曜日は16:00。土曜日は全9レースでこの時間帯はかなり前半に余裕がありそうだぞ?放送時間も21時までだからメインはいつも通りの20時15分(土曜日は20時20分)だろうから。
    金曜日(クリスマストゥインクル)は全11レース、メインは10R(「キキ&ララ」×TCKコラボ記念「キキ&ララ」バースデー賞・B3三選抜1200m)(20:15発走)
    土曜日(クリスマストゥインクル)は全9レース、メインは8R(クリスマストゥインクル賞・B3二選抜1600m)(20:20発走)
    月曜日・火曜日(プチトゥインクル)は全10レースだがメインは9R(ノースウインド賞・B1二B2三1600m)(17:10発走)<ノースウインド賞と言えばアオバコリン(ぉ
    水曜日~大晦日(プチトゥインクル)はおなじみの全12レース、メイン10R(16:30発走)。メインレース名は省略w


    土曜日は1Rが17時前(たぶん16:50)だから中山大障害の後でも参戦できるスケジュールになってますねぇ。これはいい。
    土曜日の5Rに翌日敗者復活戦が当地である「M-1グランプリ2010賞(C3三・四組1500m)」があったりするんだなぁ。金曜日の5Rは某ねずみランドでしょうか?w
    今年は大晦日に珍しいB3四組の特別(カウントダウン2011賞1400m)があったり、「ジルベスター特別」がなかったり(´・ω・`)<C2三組1200m戦が前半だからか

    | ホーム |


     BLOG TOP  » NEXT PAGE