RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来週は凱旋門賞ですが

もうディープインパクトの時みたいなパブリックビューイングはやらないのかねぇ・・・。
プラザエクウスと違ってGate.Jの場合は施設の問題があるのだろうか(席数は明らかに減少しているし)。
ドバイデーなら日本時間で3時前くらいまでレースやっていて、それを活用した映画館PVがありましたが、今回は遅くとも1時くらいには終わってしまいますからねぇ。
「終電がない事覚悟」で来ている皆様ですし(私もイベント時間一杯までやられたら日暮里から先の足がなくなるよ)、今回は3歳馬と4歳馬が出走という快挙ですし、やってもいいんじゃねぇかと思うのだが・・・


3日はe2スカパーの無料放送デーと重複してBSデジタル見られる人なら「CSフジテレビTWOで中継は見られる」環境ではありますし、私はフジテレビ1.2と契約しているのでそっちで見ますが。e2では基本的に「アダルト・ギャンブルNG」なのでこういう番組は無料放送でやってもらいたいものですが・・・PRにもなるんだし。

何よりハーツクライが遠征したキングジョージの時に「生放送捏造」したフジテレビすげぇぇぇぇ、と思ったもの(その時私ゃプラザエクウスでレース見ていて、1時間後に「おいフジテレビそれ生放送違うじゃねぇか」とw。凱旋門賞と違って招待イベントではなかったためものすげぇ人数で札止めが出たとかでなかったとか・・・・)

話は変わって木曜日のBS11オートレース中継見ました。浜松のCSライブのネット受けのようで安心して見られましたね。BS11競馬中継(仮)も中央競馬ワイド中継のネット受けでいいんじゃねぇかと思うんですが・・・今のBS11、相当火の車ですしここをキラーコンテンツにしたいんでしょうけど、スロットの関係でBSフジやBS日テレなどと違いマルチ編成ができないBS11には3場レース中継することは不可能に近いわけで(NHKBSハイビジョン廃局に伴うスロット開放は来年の春ですし、BSアナログ廃局後の空きスロットはグリーンチャンネル他が入る事が決まっている)。
スポンサーサイト

中山指定席シングル利用&ダート1600mスタート地点


http://jra.jp/news/201009/092402.html

土曜日とか悲惨ですよ。もう長い間土曜日はおろかロクな重賞がない日曜日でも満席になっていないんじゃないんでしょうか。席自体が2800円出してという席ではなくなってきている。(これは他競馬場指定席の改善の結果もあるが)キングシートなら値段相応だが・・・)A指定席1800円、キングシート2800円でも入る人は入りますって。企画としてはいいんですけど、指定席のテコ入れを考えるべきだと感じますね。朝早く行かないと満席になるなんて日はもはや皐月賞かハガキ発売の有馬記念だけになってしまいましたから。売れない日はもうシングル発売を継続していいんじゃないかと思う・・・。ゴールから100m~170mということで中山ではあまり良くない位置の席ですが、試みとしてはいいと思う。今後どうなる可に注目。

でもここまでやるならA指定席エリアは従来価格、離れた位置(今回シングル席になる位置)をB指定席で1000円値下げくらいやってもいいんじゃないかと。それか今回「シングル」対応となった席をキングシートにするかを考えても・・・

http://jra.jp/news/201009/092404.html
東京競馬場ダート1600mスタート地点を移動、ダートコースへのシュートを直線化
芝2000mは2002~2003年の馬場改造である程度改善されましたがこの問題点は改善されなかったダート1600mの発走地点。ようやく改善に向かったようです。それでも芝を走る距離が外枠ほど更に長くなる可能性もありますし、この距離でやるフェブラリーステークスが果たしてダートGIとしてあるべきか・・・は微妙。更に一部が芝2000mからの走行部分にぶつかるので、芝の損傷具合がどうなるかも気になるところで「やってみないと」でしょうかね。

9/18 中山競馬9~11Rまとめ

今日は芝に関してはインが非常に有利な馬場に見えた。そういう鞍が多かったせいもあるだろうが。ダートはやや重からの回復過程で水準程度までは回復している、と考えたい。

中山9R カンナステークス 2歳オープン 芝・外1200m
タイム 1.08.0 上がり4F46.0-3F35.1 前半3F32.9(Hペース)
1着 1ピュアオパール 54内田博 3角先頭
スタート悪かったがすっと先頭につけ、自身前半3F32.9秒のハイペースを作り押し切った形。他がだらしなかったのも事実ではあるが、このメンバー相手では完勝。出遅れながらも好枠を活かせた事も大きかった。距離はあと1.2Fまでは対応できそう。

2着 9マルタカシクレノン 54蛯名 中位伸
2.3番手の馬がハイペースの結果坂で止まりその漁夫の利を活かしたが、追って伸びるイメージ。短距離なら追っての味がある馬。イメージ的には来年には芝1200mあたりでポンポンと・・・

6着 11ニシノステディー 54吉田豊 先行一杯
ピュアオパールが作るペースについていって、外枠と言っても中山1200mなのでさほどの不利がないコース。これで負けたとなれば敗因はハイペースと坂。今日は3番手から伸びきれず坂で失速。中山が合わないとなれば東京競馬でマイペースならば巻き返し注。くるみ賞かいちょうSあたりなら見限れない。しかし血統からはローカル向きのイメージもある。前走は相手が軽かったのも確かで相手揃った所での能力負けも疑いたい。当面の間中山では割引が必要だろう。

10R 白井特別 3歳上1000万 芝1800m
ここ2年は開幕週に行われていたが今年は松戸特別と入れ替わる形で2週目。それでもレースの傾向は「先行有利」。それを如実とするレースだった。

タイム 1.48.0 4F46.6-3F34.4 前半1000m1.01.4 (Mペース)
流れは緩かったものの、ラップを見ると緩んだラップが少ないためミドルペース扱いとした。

1着 9 ホクトグレイン 55柴田善 二位抜出
逃げたマルカボルトを楽に追走・ここ2戦は状態面の不安や逃げ馬には苦しい新潟マイルなどこの馬には合わない展開。中山なら昨秋に習志野特別(10下芝2000)、ターコイズS2着(OP芝1600)があり得意の中山で巻き返した。完勝。中1週で秋風Sを使っても十分勝ち負けになるはず。中山のように平均したラップで極端な上がりが求められないコースはよく合う。また本来のデキが戻れば東京でも。

2着 1 マイティースルー 55吉田豊 好位伸も
4角までためにため直線はじけたが、前の馬は平均ラップを踏んで楽な展開。更に先行馬が楽に残れる1800mであるしこの馬は実績乏しい中山でこれだけやれた事を評価。東京の1000万なら順当に勝ち上がるだろう。しかし中山の平均的なラップで急坂、というレースは合わない。

3着 5 マルカボルト 54浜中 逃げ粘る
この馬自身も止まっていないのだが、今回は二階級降級馬と1600万からの降級馬が相手だった1戦かつ、ペースが緩まず12秒前半ラップから上がりを求められる展開とあり、昇級緒戦のこの馬にとっては展開・相手とも悪かった。この馬なりには走っているし中山の急坂もこなした。地元開催なら即通用。

5着 4 レンディル 57北村 中位儘
早くから動いたものの、坂で逆に突き放される内容。まだ本来のデキには戻っていないし幾分忙しい競馬になった。

中山11R ながつきS 3歳上1600万下ハンデ ダート1800m
タイム 1.52.4 4F50.1-3F37.7(Sペース)

1着 1 パワーストラグル 57後藤 二位抜出
逃げたインオラリオの2番手をすっと抜け、後藤騎手曰く「1年の中に何回もない完璧な騎乗」もあった。降級前も不良馬場の総武Sを除けば中山ダート1800mの実績は上位の馬。ランフォルセとのダート1700mでのタイム差も札幌と函館の馬場差で片付けられる問題。3番人気ではあったが順当勝ち。こういう力のいるダートは得意で中山ならオープンでも。馬体重のマイナス12も不安なく返し馬は一番良く見えた事も追記する。

2着 6 インオラリオ 57内田博 逃げ粘る
今日のところは勝った馬との大きな差を感じた。9ヶ月ぶりのレースを勝ち叩き2走目で順調に使えた、というところを評価すべきなのかもしれない。力は出し切っている。


3着 5 ランフォルセ 57横山典 出遅捲も
スタートの出負けが全て・・・に見えるが上がり3Fはパワーストラグルと同程度。確かに出遅れが痛いのもあるがスタート互角でも完勝のパワーストラグルと互角のレースができたかというと疑問。前走が得意のローカルで勝ち上がった、という評価で良さそう。上位三頭が抜けそれ以下やや差のあったメンバー、という事もあったように見える。
番組を考えると次は東京だと思うが東京や中山では1番人気で落としているレースもあり個人的にはローカルが合っているように見えるが・・・・
次が出遅れたから、で片付けられ人気になるなら蹴ってもいい。

ローズS予想

突発的にローズSの予想。

◎ 3.オウケンサクラ
○ 12.エーシンリターンズ
▲ 5.アパパネ
☆7.アグネスワルツ
△8.レディアルバローザ

まずは2冠牝馬アパパネの扱いだが、どうも情報を摺り合わせるに今回は「トライアルなりの仕上げ」。次が本番であろうしここをメイチで臨む訳はなく、今回のレースだけで考えれば頭は考えにくい。接戦に強いイメージはあるものの今回は権利獲得にとどめると見て3番手評価。阪神JFや桜花賞同様の「栗東留学」かつ馬体が増えた印象で20kgくらいの増加があっても走る事は走ると思うが(24kgプラス程度までなら許容範囲)、一度美浦で「オークス仕様」にした馬体を再度「桜花賞仕様」に戻せるかどうか。
これならば桜花賞組でも他馬に期待。本命はオウケンサクラに。この距離は中山でフラワーCを勝っており桜花賞ではアパパネの2着。オークスは桜花賞トライアルで権利を取れず賞金で出走圏内に持っていくためにフラワーCを使った分、明らかにおつりなし。これは休ませてのトライアル、での面白さがある。同じくオークスでおつりがなかったエーシンリターンズも巻き返しに期待。
オークス3着アグネスワルツは1800mで逃げて速い上がりをこなせるかどうかで今回は「?」本番は楽しめそうだが馬が阪神1800仕様ではない。押さえに3勝馬の4.8.9を。さすがに2勝馬以下では今回のメンバーでは太刀打できないだろう。権利は欲しいだろうが・・・

3連単フォーメーション
1着 3.5.12
2着 3.5.8.12
3着 3.4.5.8.9.12

どこかで聞いた声だと思ったら

今NHKで放送中のドラマ「チャンス」でのホッカイドウ競馬パートの実況、かつて耳目社にいた古川浩じゃないかw
最近ホッカイドウでも実況を聞かないが、元気で何よりw

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。