RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

第二の公営競技縮小の始まりか?

まだ決定ではないが花月園競輪が今年度で廃止見込みとのこと(日刊スポーツ記事より)。
四国の某所とか先日豪雨被害にあった中国の某所とかいつ廃止になってもおかしくない競輪場がいくつかあるので競輪場はいくつか共倒れになってもおかしくないし2011年にはホッカイドウ競馬が収益面で最大の山場を迎える。多摩川競艇も今春SG開催をしたが廃止後の都市計画が既に決定しているらしい。(Wikipediaより)
花月園は川崎・平塚という売れている競輪場の間に挟まれ周辺環境の事情がありナイター開催不可、も影響しているのだろうか?3年前にはオールスター競輪を開催した場だけに寝耳に水、という印象なのだが。4コーナーから見える横浜ベイブリッジ、も思い出になってしまうのだろうか?

2001年から2005年にかけて公営競技場が多数廃止になったが第二波の始まりは花月園なのだろうか。東日本地区で競輪場が廃止になるのは都営ギャンブル廃止による後楽園以来だそうな。
まぁ、「あり方」委員会と聞いてまたと思ったが今回はにっちもさっちも行かない状況故やむを得ないのかもしれない。

ところでそうなったら「京急花月園前駅」はどうなるんだ?
1.駅名変更
2.廃止
3.あえてそのまま

関係ないが池袋~西新井間のバス(都営王40系統)は未だに「池袋駅東口三越前」というバス停名が残っているが。もう池袋の三越はないのに。単に始発停留所の池袋駅東口と区別したいだけなのだろうけど。

そんなこんなで競輪のネット投票を数ヵ月やってなかったのでたまたま目に入った弥彦F1のA級決勝に手を出してみた(ネット内で新聞が手に入った事もあり)
http://keirin.jp/pc/dfw/dataplaza/guest/raceresult?KCD=21&KBI=20090916&RNO=9

2車単いただきました。競輪のネット投票をやるのは年に3~4回ですが昨年のグランプリから負けていなかったりします。まぁ投じるゼニは1回1000円くらいですしハナから負ける覚悟、ゼニ落としのつもりでやっているのがいいのかなぁ^^;
9番車の山崎司のウラなし2車単9ー2、9ー3、9ー5、9ー7だったのですが人気はラインの番手・3番手だったようで配当がありましたね。デビュー2ヶ月、18戦無敗のままS2昇格した96期の選手ほどでないにしても95期では結構がんばっているようですし今回取らせてもらったので次節も注目してみます。まぁ次はワイドか2車複でしょうけど(^^;;

今週は競馬でちょい負け(的中率悪くないがラドラーダのレースでウラ食ったのがすべて)、競艇・オート(ウェイキーカップ&飯塚の一般戦、試走出してスタート終了かよ、でウェイキーの優勝戦はあれは多摩川じゃ買えません)で更にトリガミ食ってその分が弥彦で返ってきたという感じでしょうか。

中山新ターフビジョン

20090912090650
府中よりだいぶ小さいねえ。

シンプルイズベストってことか。

個人的にもそれなりに(過去の大会とか「ウルトラクイズブランド」を無視できるのならば)好意的にとらえることができた2009高クイな訳ですが、同週のヘキサゴンIIを上回って17.5%も取りましたか。ヘキサゴンIIが「7月の26時間テレビを一応の集大成」というスタンスで放送したので数字が落ちてくるのも仕方がないのですが。

「ウルトラクイズの継承者」ということから脱却しシンプルに「知識で勝負」(=学力、偏差値偏向主義になっているのは否めないが)というスタイルが受け入れられているということなんでしょうね。この結果は来年の30回記念大会にも影響しそうですねぇ。

ようつべとかでウルトラクイズの映像とか福澤時代以前の大会の映像とかうpされておりますが、これはこれ、それはそれで割り切らなければならないんでしょうね。かつて2人のクイズ王ばかりが栄冠に輝いた某赤坂の局みたいに飽きられたらそれで終わりという危険も孕んでいますし


「知力・体力・チームワーク」の言葉は何処へ行ったんだよ、とは問い詰めたいんですが。


とりあえずウォーターヘッドスランディングクイズと北海道大会のじゃがいも運搬クイズは復活させない?(w

| ホーム |


 BLOG TOP