RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

  • お知らせエントリ (12/31)
  • 2017年 (01/02)
  • 久々のエントリが年末 (12/27)
  • 神宮花火大会、ハマスタ花火大会、ほっともっと花火大会、所沢花火大会 (06/26)
  • 宝塚記念 (06/26)
  • そして伝説へ (06/09)
  • 安田記念 (06/05)
  • 東京優駿 (05/29)
  • コラボ企画終了 (05/27)
  • 強い競馬 (05/25)
  • プロ野球データFreak
    セリーグ順位表
    パリーグ順位表

    カテゴリ

    リンク

    月別アーカイブ

    最近のコメント

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    本当のお前は(ルビ:世論は)誰だ

    確か電車でDの一幕で出てくる歌詞。←タイトル

    まぁ こうやって反対論が、 出ているわけでして。

    1960年台の安保闘争に時代が遡ったのかなぁ・・・とも思えてしまう。そのくらいおかしい「強行採決」「時間だけ稼いだ」とは思いますが、それにしても一部野党議員があまりにアレすぎるでしょうよ・・・・既に「暴政には実力行使(これでも穏当に言って)」というなりふり構わない一部野党の行動がテレビニュースで取り上げられているのですが、少なくともそういう政党を支持したくないんですが。

    与党もおかしけりゃ野党もおかしい。本当に日本はどこへ行ってしまうんでしょうか。ある意味「主権」の出番がないなぁとも思えますが、この結果が来年の参議院選挙や可能性としてあり得る「ダブル選挙」であればどうなるのでしょうかね。それでも「連立」でまだ安泰のレベルにいるとは思うのですが。
    スポンサーサイト

    久々に真面目な話。

    <重要>
    この記事は「抗議一切受け付けません」にカテゴリ設定します。コメント欄を設定いたしません。
    また特定思想・特定政党への思いは極力排除しての書き込みである故、中身については触れません。

    昨日(29日)、民主党がゴネにゴネていた「ネット媒体での党首討論」が実現。ニコニコ生放送による放映が実現した。明日記者クラブ主催の「党首討論」はあるが、ネット媒体での党首討論は一歩ネットによる選挙活動へ近づいた、とも言える。これは今後へ向けて課題のタスクをこなしていけばいいのだが、不満が残るものだった。

    ・党首討論である以上、時間の区切りがあるのは仕方がないが論点が当初から3点に限定されていたこと。
    個人的には「震災からの復興」や「憲法解釈・憲法改正(自民党の公約にいろいろ問題があるとネットで騒然となっているようであるし)」の話も聞きたかったのだが予め「TPP」「増税」「原発」の3点に論点が絞られての放送となってしまった。
    10の党がありそれぞれの話を聞く以上は2時間弱でも足りないと思うのだが、それなら別にニコファーレを借りて放送せずとも・・・と。ニコニコ動画側にもアピールしたい狙いはあるだろうし、過去自民党に関するニコニコ生放送があったことから「自民党にとってはホーム」と踏んでいたので、個人的には懐疑的であったのだが。

    ・開始早々にニコニコ生放送側が混雑。Ustreamでは何とか視聴ができたが、他放送にも影響が出る状況となってしまった。それだけ今回の選挙に対する関心の高さを窺わせるが、ネットメディアだけが先行するのではなく、既存メディアでも通常の放送をお休みしての「特別番組」編成をする、他ネット番組でネットするなどすれば多少なりとも混雑は回避できたのではないか。既存メディアと「新生メディア」とは壁があるとよく聞くが、これでは風通しが悪い。

    ・ニコニコ側に対する不満だが、こうなる事は予見できたはず。ある程度「公式生放送」の繰り下げはしていたようだが全リソースをやるくらいでなければ・・・と感じる。(中には政治放送に興味がなく、通常の放送や動画を見たいという人も多いだろうから、折り合いは難しいのは理解できるが・・・全体的にお粗末に感じた事)。

    今回の選挙は「誰がどのような意図でどのような発信をしているか」を見極めないと間違った情報を受けてしまう可能性が高い。今後ネットが選挙活動の中心になっていくのであれば尚更だ。少しずつでも広めていななければならないのは確か、としてもまだまだ課題は大きいなと感じた。
    個人的にも「人気投票」で済ませてはなるまいと思いつつ、今後も注視していきたい。

    ※各党の動向については「敢えて」触れません。

    コンシェルジュの○○な話にも出てきた「きっかけ」。

    ちょっとやばいネタを含みますので、「抗議一切受け付けません」カテゴリ行きです(よってコメント不可)。

    2日夜にグリーンチャンネルで放送された「コンシェルジュの○○な話」。面白かったなぁ。競馬予想家同士が競馬予想に関係ない「居酒屋トーク」状態なのですがこういう番組たまにやって欲しい。

    「競馬に入り込んだきっかけ」が面白かったので、個人的な「きっかけ」も書いてみる。

    ・ウインズ自体は親に連れられて前代のウインズ浅草に10回以上は行っている。当時はきったねぇ建物だったなぁ。まだ馬券がマークカード式でなかった頃の話。現在の建物になったのが多分1997年か98年だったと思うので、明らかにそれ以前です。ウインズ後楽園も連れていってもらったけど競馬場は1回もなかった。
    ・競馬そのものの知識、という事だと中学生時代の友人に貸してもらった某ゲームソフト。後に高校生になってから自己購入。
    ・高校生はコンシェルジュ棟広・須田と学校は違うだろうけど「制服」はない当時偏差値50台後半の公立校でした。棟広や須田の話を聞いて「ウインズ行った話を含め同じじゃねぇか!」と。「制服はあるけど服選ぶのがめんどくさい人が着てくるもの」まで同じですが何か。(でも週に2~3回は制服で行ったけど。部活の関係もありまして)
    ・ダビスタはスーパーファミコンのIIからやっている。

    ・競馬場に初めて行ったのは普通なら関東に住んでいる人なら「東京競馬場」か「中山競馬場」なんだろうけど「大井競馬場」。当時の大井競馬場は既に馬単があった(まだJRAでは馬連までの時代)。イベントがあってそのついでに行って1万円くらいやられて帰ってきた。その年に1回目の万馬券的中。
    ・初めてJRAの競馬場へ行ったのは東京競馬場。ただし今で言うパークウインズ(確か新潟の場外だったと思う)。こんな人いるのか。この時メモリアルスタンドの自動券売機が今の3代前バージョン(裏が茶色の磁気券)だった。メインスタンドは既に2代前の裏が黒い磁気券。
    ・開催しているJRAの競馬場となると天皇賞(秋)がはじめて。もちろん前のメインスタンドの時ですよ。
    ・馬券購入して「年齢を聞かれたこと」は1回もなかったなぁ。当時は「未成年・学生・生徒」は馬券を購入できない世代ですがコンシェルジュ陣同様違反してました。サーセン。
    ・棟広が話していたようにこの当時はまだ全国発売がなく、「関東全レース+関西9~11R、ローカル9~11R(夏競馬になると北海道開催は全レース売ってた記憶がある)」の発売スタイルだったと思う。

    ・思い出の馬、だと間違いなくマヤノトップガンだなぁ。菊花賞も勝つのはこの馬だと思っていたし。
    ・初ダービー参戦はスペシャルウィークが勝った時の1998年。有馬記念参戦も同じ年。共に初参戦は軸は来たけど相手がヌケました。この後ダービー参戦は9年後の2007年、有馬記念参戦は実に12年後の2010年までなし。当時の有馬記念当日は「身動きすら取れない」状態で「こりごり」だったのです・・・
    ・競馬をやめようと思った話。消したログにありますが2008年初頭あまりに馬券が当たらないしJRAがおかしくなってたし・・・で足洗おうかなぁと思いましたが、2週間くらいで撤回しました。

    タグ : コンシェルジュの○○な話 グリーンチャンネル

    年明けに書く、2011年振り返り。

    ・JRA、2011年の売上げは最多売上げの1997年当時の年間売上げの半分程度に
    第二次競馬ブーム以後膨張し続けた物がようやく元に戻った、と考えることもできますし今年は震災の影響で馬券の購入に不自由な時期があった(特に携帯での電話投票がなかった高松宮記念は前年比で大きくマイナスでしょう)事を考えると今年はプラスであって当たり前だと考える。今年、昨年の売り上げをなおも下回るようだと中央すら危ない、という事になってしまうのでは。WIN5はこれからが正念場。特需の時期は過ぎてしばらくはGIもないし6億くらいの売上げで「2億円」すら覚束無い日も出てくるでしょうから。

    ・JRAプレミアムを休止、二連勝複式に限ってプレミアムを行う「JRA二連福」への移行
    10年、11年と金杯以外は「GI開催日の最終レース」で層が限られていたのも事実。3連単にシェアが流れすぎた場合の恐さがあるので、ここである程度二連勝式に回帰する方向性は正しいのではないかと思う。3連単も1ベット50円とか10円とかで買えるようにならないと辛いんじゃないかなぁ。現状で4連単を入れても逆効果でしょう。

    ・重勝式の復活、五連勝単式「WIN5」開始
    皐月賞の週からでしたね。オールカマーの週で37万ちょい取れたので「死ぬまでにWIN5を・・」は達成できました(後ろ2つがオルフェーヴル→アーネストリーの1点だったのでバックバクもんでした)。でも1点勝負に行った南部杯週はWIN0をやらかしたり、なかなか難しい馬券ながら楽しいですね。副次的効果として地上波の競馬中継の改善もありましたし、もっとWIN5は広げるべきではないかと思いますし、WIN3(メインだけ)やWIN9(10~12Rの全単勝)があっていいんじゃないかなと。

    ・ドバイワールドカップで日本馬ワンツーフィニッシュ!&オルフェーヴル3冠達成!
    有り体にいえば「勇気を与えた」レースだったと思いますね。個人的にはここを2着したトランセンドの強さが光ります。
    オルフェーヴルは何で皐月賞買わなかったんだろうと(左回りダメ論で人気なかったよねぇ)・・・ダービー以後はお世話になっております。「東京競馬場開催の皐月賞馬は名馬が多い」事を引き継いでもらいたいもの。

    ・11年のGI・JpnI成績
    フェブラリーS○ 高松宮記念×(ジョーカプチーノ着外) 桜花賞○ 皐月賞×(ナカヤマナイト5着) 天皇賞春×(トゥザグローリー13着・・・ミスプロ系に3200は長すぎた) NHKマイル○ ヴィクトリアM○ オークス△(軸3着で複勝だけ。×に近いガミ) ダービー○ 安田記念×(アパパネ着外) 宝塚記念△(軸のブエナ2着で押さえだけ。ガミ)
    川崎記念○ かしわ記念○ 帝王賞○ ジャパンダートダービー△(軸のクラーベセクレタ3着・・・馬券上では)
    スプリンターズS×(ロケットマン4着) 南部杯○ 秋華賞○(キョウワジャンヌからの3連複) 菊花賞○ 天皇賞秋△(軸はダメだったが押さえのダークシャドウはあったので) エ女王杯×(軸のアヴェンチュラは来たけどスノーフェアリーdisった) マイルCS△(まともに買えない週でサプレザの複勝だけ) ジャパンC○ ジャパンCダ△(軸のエスポワールシチー3着でも3連複的中) 阪神JF○ 朝日杯FS○ 有馬記念○(11年GIでは唯一の3連複3連単ダブル的中)
    JBCクラシック△(単勝1点だったが配当安すぎ) JBCスプリント×(ラブミーチャン4着) 全日本2歳優駿×(2着disった) 東京大賞典×(ワンダーアキュートdisった。裏の4-12だったらあったのに)

    珍しく中央春GIがそんなに悪くなかったのと、地方秋GIが酷い結果。ちなみにJBCレディスクラシックは取ったけど格的にJpnIIだと思うので。

    ・グランプリボスが3歳馬でイギリス・ロイヤルアスコット参戦
    結果は残念だったがまずは先鞭をつける事、なのでしょう。

    ・BSイレブンで午後のトップ&リレー競馬中継が開始、更に10月よりグリーンチャンネルがBS放送でも視聴可能に
    個人的に嬉しかったこと。10月に早速GCに移動しました。よってフジの競馬中継はここ3ヶ月見ておりません。
    BSイレブン競馬中継も「中央競馬ワイド中継」制作をしていた会社が作っていたため一部出演者に失言があったものの悪くないと思います。今も日曜2部のGC中継終了後は見ていますよ。

    ・ボートレースSG・GIの賞金見直し。GIは原則1着1000万に復帰、SGは賞金王・賞金シリーズを除き2500万・3500万に減額。またオートレースの「プレミアムカップ」は特別GIに昇格し賞金も700万円にアップ。
    しかし賞金王の池田選手は2.5億円を獲得。全体的には押し下げる結果になりましたがSG至上主義でなくなったのは評価。しかしそれ以外の要素(今年4月末の開催から順次持ちペラ制を廃止しモーター毎にレース場所有ペラになる点)でボートレースは今後大きな曲り角を迎えるなと不安ですが・・・

    オートについてはスーパースターの賞金が200万下がったのがこっちに回ったのだろうか(11年は3000万、10年は確か3200万)。

    ・オートレースで44年ぶりに女子選手デビュー。
    7月の公営競技はこの話題がかなり大きかったですね。フジテレビの某バラエティ番組にも訓練所時代から長期的に取材が入り、盛り上がったと思います。NHKが取材する程でしたからね。うち一人は落車による骨折で休養中、もう一人は今はとにかく「速く走る事」が求められているところ。競馬の世界の二の舞にはなってほしくないもの。31期では既に初優勝した選手もいますから、まずは初優勝目指して。

    ・午後9時以後の公営競技という新スタイル、「ミッドナイト競輪」が小倉競輪場でスタート。
    BS日テレで放送されていたミッドナイト競輪中継「ミッドナイト、なう。」は11年夏で放送終了してしまったものの、今年からは前橋競輪場での開催も加わり「わかりやすい競走形式」「かぶらない競走形式(21時以後は他競技開催はまず無理)」で売上げも初回から好調。BS日テレははやく放送再開してくれw

    以下は残念なニュース。
    ・びわこ大津競輪場、荒尾競馬場の本場開催廃止(びわこ大津は場外発売施設としての役目も終了)。観音寺競輪場も本年春での本場開催廃止が決定。他公営競技でもなお「廃止考慮」の会議が相継ぐ。
    こればかりは現状の立場は「自治体に対して害になるのならば複数場での合体開催などを考えて欲しい」ですね。特に競馬の廃止は廃馬や関係者の失職が拘る問題になりますから、慎重に考えてもらいたいもの。
    これはJRAとて対岸の火事ではないはず。競馬に関しては地方・中央の馬券発売相互乗り入れでどこまでやれるかというのはありますが「地方に興味があるファンは既に楽天競馬なりオッズパークなりやってる」と思うので、中央で相当なアピールをしないと苦しいかなと。

    ・東日本大震災の影響で多くの公営競技が開催不能・開催自粛となった

    ・震災直後競輪・競艇・オートが震災後3月一杯の全開催中止・自粛を発表。これによりボートのSG総理大臣杯が中止(→8月にSG東日本復興支援競走として実施)、オートのプレミアムカップ(春)が中止。ボートレース・競輪は昼間開催で4月の開催から順次再開(ナイターも5月以後順次再開)。ただし取手競輪場の開催が松戸競輪場にて代替開催されたり、茨城県以北の公営ギャンブル場は長期間影響を受けている。オートレースは浜松以西の開催から順次再開、関東地方の開催は5月の船橋オートレースから順次再開。これにより川口開催だったオールスターオートレースはゴールデンウィーク開催から5月18日~22日の開催へ変更。
    ・東北地方に位置する福島競馬場・水沢競馬場はスタンドに甚大な被害を受け福島競馬場は全開催が中止(本年4月7日の春競馬から再開予定)、水沢競馬場を内包する岩手県競馬は5月14日の開催に繰り下げた上で11月までの開催を盛岡競馬場での開催で実施、12月10日より水沢競馬場での開催が再開。マイルチャンピオンシップ南部杯を「岩手競馬支援」名目で東京競馬場での代替開催に変更し、同日の盛岡競馬では「地方競馬全国交流 絆カップ」を実施(東京競馬場他で場外発売実施。東京競馬場ではターフビジョンでの中継があった)
    ・中山競馬場ではスタンドの部分損傷及び「電力不足などによる安定的開催が不可能」であるとして4月17日までの春競馬12日分が中止。皐月賞は1週遅れで東京競馬場での開催となった(もし東京競馬場でも「安定的な開催が不可能」と判断された場合は京都競馬場で皐月賞開催、の可能性があった)
    ・関東地区、東北地区のWINS・エクセルでの場外発売も4月3日まで全面取り止め。4月4日より一部平日払い戻しを再開し4月10日はWINS高崎(12年以後の呼称)で7~12Rに限定して発売。16・17日はウインズ新宿以外の関東地区場外で7~12Rに限定して発売。4月23日の東日本地区競馬再開によりほぼ正常化したが、ウインズ新宿は老朽化も重なり施設立て替えとなり、5月をもって平日払戻を終了、2014年の再開を目指している。
    ・南関東4競馬は震災当日の大井競馬が9Rまでで打ち切り(10~12R中止)。3/14~18の船橋競馬は馬場損傷による中止。3/22~25の浦和競馬・3/28~4/1の大井競馬・4/4~4/8の船橋競馬はいずれも電力不足等により安定的な開催が不可能である事と社会情勢に配慮して開催中止。4/11~15の川崎競馬を開催日・レース数圧縮・昼間開催にした上で4月12日から南関東4競馬開催再開.4月18日~22日の大井競馬は昼間開催で実施、4月25日の浦和競馬からほぼ正常開催に復帰。ナイター開催は5月9日の「大井競馬トゥインクルレース」から再開(川崎競馬も5月16日から再開。2場とも自家発電及び35%節電で開催実施)
    ・JRAのインターネット投票、電話投票も影響を受け3月19日から競馬開催が開始されtが3月27日まではインターネットPC投票のみ可、4月2日から携帯IPAT・ARS投票が再開。

    ・東海以西の競馬場でも震災の影響を受け一部開催が中止。高知競馬では黒船賞が中止となった。
    (※これらの書き込みには間違いが含まれている場合があります(´・ω・`)
    あー、長かった。3月は賭博どころでなかったもの確かだが、競馬がなかったのはさみしいもの。4月3日の大井競馬復興支援イベント(チャリティオークションやチャリティ目的のアトラクション実施)には本当に救われた。


    今年は無事に開催が出来、1つでも多くの場が潤ってくれることを。

    肌寒い

    今夜も豊崎愛生さん春ちゃんは出番なしか。災害の恐れがあると出ないのね。
    台風6号は関東へ直接的な被害はなさそうで。(間接的な被害が山間部中心で発生はしていますし、九州では亡くなられた方もいますので手放しでは喜べませんが)。

    それにしても夕方以後涼しいを通り越して肌寒いと思ったら、21時の越谷市の気温が20.9℃。ここのところは21時頃でも28~29℃デフォだったのに、ここまで下がるとエアコンいらずを通り越して長袖が必要だなぁ。
    明日も予想最高気温24℃(都心)なので、長袖で出勤かなぁ・・・



    アナログ放送終了(東北3県以外)まであと4週間

    4週間後、FNS27時間テレビの「笑っていいともスペシャル」の後半あたりで無情にもアナログ放送は終わるという。
    番組途中で終わるフジ系列は別として、他のテレビ局は12時またぎの番組前でアナログ放送を終了させるのか、一斉に12時ぶつ切りなのか(関東の場合、Eテレ・日テレ・TBS・テレビ東京が12時またぎあり・・・6/26の番組と同じ場合)

    24日に放映されたアナログ終了1ヶ月前のCMでは
    「7/1からカウントダウンテロップと逐次お知らせ画面表示<ニコ割みたいになったりしてw、24日12時でお知らせ画面移行(番組終了)、24時までに停波(知っとるわw)とのこと。停波の瞬間のTOKYO MXは予約したさw 関東キー局+NHKはどなたか押さえてくれていると思うので、あえてそっちを。

    フジの27h、今年は7年ぶりのめちゃイケメインなので、とりあえずHDD録画予約かけましたが、BSフジ競馬中継とBSイレブン競馬中継二部時間帯の約3時間半がどうしても。また約30時間HDD録画を続けるので、機械に負荷がかからなければいいなと心配。欠落する3時間半は古いアナログ機とテレビ接続でL1録画かなぁ・・・・BS910を録画する手段で。



    なお、我が家はすでに地デジ化完了しています。

    不謹慎な記事(限定)

    この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
    パスワード入力

    明けました。

    2010年が終わり、2011年が幕を明けました。
    年越しの瞬間は今年も東急シルベスター・コンサート。今のBunkamuraオーチャードホールとしては最後の開催ですね(確か来年・・・じゃなくて今年改修工事のはず)。
    今はBS朝日のベストヒットUSAを見ています。

    本年も闇鍋だらけの本ブログ及び、ツイッターアカウント@bolcom091222をよろしくお願いいたします。

    1月のギャンブル参戦予定としては
    1月2日(日)川崎競馬(ただし後半3~4レースくらい)
    1月4日(火)川口オート(ニューイヤーC優勝戦)
    1月16日(日)中山競馬(京成杯・GIII)
    1月26日(水)川崎競馬(川崎記念・JpnI)

    を予定しています。
    2011年は地上アナログ放送が6月いっぱいで通常放送が終了し7月24日の正午で完全停波。競馬中継は東西のトップ&リレー中継からBSイレブンの競馬中継へ一本化、秋からはBSデジタルでもグリーンチャンネル放送開始で秋からはグリーンチャンネルへお引越し予定。
    今年もほどほどに3競オートをがんばっていきたいと思います。

    | ホーム |


     BLOG TOP 


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。