RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

連敗したチームから落ちていく

阪神と中日がまだ2試合残っていますが、セントラル・リーグ残り4球団は2017年の日程を全て消化。

応援するスワローズは3年ぶりの最下位。更に1957年に記録した球団最多敗戦記録を更新、歴代勝率でもワースト2位。
2年前優勝したチームの姿は残念ながらどこにもなかった、というのが正直なところでしょう。
毎年のように怪我人による主力不在(今年に関しては投打ともにひどかった)、二度の二桁連敗。これでは上へ行けるわけありませんね。

個人的にはこの2~3年は今後スワローズが定期的にAクラスに行くための「助走期間」と捉えます。
まずは外国人の整理。他球団からも調査が入るであろうバレンティンは絶対に死守すべき。まだ彼の打撃力がこの球団には必要。
ピッチャー方面では既に自由計画になったオーレンドルフ以外、残留でも特に問題はなさそうです。野手ではグリーンは来年も残りたいようですが、正直外国人枠を無駄に埋めてしまう事を考えると新しい助っ人を考えたいところ。
リベロは残留で問題ないかと思いますが、来年同じくらいの活躍ができるかは?となると取れる外国人は投手で1人まで、と見ます。もしバレンティンが移籍であれば野手・投手1人ずつ。

ドラフトでは無理に清宮幸太郎を取りに行く必要はなし、と個人的には考えます。現状プロに進んで高校時代に見せたスラッガーぶりを発揮できるだけの育成力が今のスワローズにはない状態。ならば大学・社会人からドラ1を取りに行った方が現実的ではないかと。育成力も広島がああいう形で2年連続の優勝を決めたあたり、球団も配慮していますがまだまだ足りない状況。
特に大学野球開催期間・高校野球東京大会開催期間中は神宮球場での練習ができない点の改善は必須でしょう。

そろそろ年齢的に苦しい選手も増えてきており、中堅世代があまり育っていない点は大問題。他球団からの戦力外を獲得するスタイルは結果も出ている事もあり全否定はしませんが、生え抜きの成長なくしては強いスワローズは10年経っても訪れない、と個人的には強く危機感を覚えるシーズンでした。
真中満政権下での観客動員増加も頭打ちが見えてきた現状や年々小改造で入場可能人員の減少が続く神宮球場。来年はこの入場者数を維持する事が求められる点や強いチームを戻すという点で第二次小川政権の責任は重いものになりそう。

幾分かマシになったとはいえ戸田グラウンドの環境貧弱ぶりも何とかしてもらいたいものです。

100敗近くしたチームの最終試合が席を探すのも大変なくらい満杯になった、これにフロントは満足していただきたくないものです。

今度は打って勝ちたい

・・・と言うのは欲だろうけど。

5/18 東京ドーム
G0-1Ys○
石川雅規の奮闘。後続もピシャリと2日連続の完封。何度かピンチはあったが切り抜けたのは大きかった。
巨人側のオーダーがうまく行かなかったというのはあるだろうけど、東京ドームでの連勝+勝ち越し、東京シリーズを勝ち越しで終われたことは大きいですね。これで神宮で阪神さんを迎え入れて五分にやれそうな手応えも感じています。

この3連戦は今月最後の神宮ホーム。この後ロード8連戦、西武戦は一回神宮に戻るも大学野球選手権がありロード6連戦と6月中旬までは苦しい戦いになるだけに、3タテだけはダメゼッタイ。
ヤクルトとしてはこの3連戦を勝ち越し、次のロード5連戦を最悪でも2勝3敗で乗り切れれば交流戦次第では見えてくるものはありますが、どこかで3連敗しようものならGWのように光が遠ざかる結果にもなりそうで、ここから交流戦までのカードはすべて大事なカード。一つも落とせないとまでは言えませんが。

ロッテ・・・・監督休養か、の流れもあちこちから聞こえますが・・・それでも監督が責任を取れば済む問題なのか、と他ファンながら思わずにはいられません。ZOZOで当たることになっても全力で倒しに行くだけで情け無用のはずではありますが。

由規はやはり抹消。1回戸田での楽天戦で調整登板をして6月2日の西武戦でしょうかね。そうなれば原樹理はここから3戦、結構責任重大そう。オリックス相手にも投げることになりそうですからね。

完敗アンド完勝

楽天怖い楽天怖い楽天怖い楽天怖い楽天怖い 何なんだあの途切れがない打線は。広島さんも切れ目ないけどその上行っとる。

神宮だったら1試合くらい馬鹿試合になりそうな予感しかしないんだが・・・


まぁ昨日は菅野だししゃーない、バレの照明直撃ホームランが唯一のオアシス。

今日は由規→ルーキ→ギルメットのリレーで巨人を完封。今年やっと東京ドームで勝てました・・・。昨年から苦手にしている東京ドームでこれだけ大勝できたのも久々らしく。はっきり「燕党です」と言って応援するようになってからは初かもしれないくらいに。
なんだかんだで山田次第の打線になっているのは嬉しくも有り、複雑でもあり。
今日かなり長いイニングを投げたことや来週は2連戦→3連戦かつ遠征続き、その後も京セラと当面ロードが続きますから西武戦のどこか、になるんでしょうかね。となると1回抹消が妥当そう。

金曜日からは首位阪神さんを迎え入れての今月神宮ラストカードかつ、交流戦前最後のホームゲーム。東京シリーズの負け越しはなくなったので明日勝ち越しを決めて、なんとか阪神さんに勝ち越したい所です。まだ全球団に負け越し状態ですから、これを解消しないことには。

ひとまずは勝ち越し

昨年のセ・リーグ覇者広島を迎え入れての神宮3連戦。

4/21 ○Ys3-1C
「神宮カツオ」好調なり。4月7日にあわやノーノーを決められかけた広島のルーキー加藤にもリベンジ。
今年は昨年までの森岡(現コーチ)背番号「10」を背負っている荒木がホームランと、まだ冷えている打線にも光明が見えた。

4/22 ○Ys1x-0C(7回裏降雨コールド)
夕方からの雨の中、神宮周辺はさほどの雨ではなかったものの6回裏バレンティン適時打が結果決勝点に。
7回裏1.2塁バッター山田のところで試合中断され、そのままコールド勝ち。天候にも助けられた勝利だが「ライアン小川」が今期最高のピッチングを見せた。広島がこれで4連敗。お互い打てない、あと一本が出ないのは同じなんですがねぇ。

4/23 ●Ys4-7C
先発オーレンドルフまたも乱調。2回裏のチャンスで大松に代打を出されたということはそういう事か、と察するとサンスポ報道で二軍落ちの報。4月1日の継投で爆発四散したギルメットが上がってくることになりそうだ。二軍ではランナーを抱えるシーンもあり、まだ制球に少し難は残るが内容は良く。となるとグリーンの一軍昇格はまた見送られるか、それともギルメットではなく二軍で好調の山本哲哉が上がってくるかもしれない。27日の先発が誰か。
緊急登板っぽい形になった星は4回無失点と先発への適性を見せた。でも公式戦で判明じゃちょっと遅い気もするが。

打線も何とかという感じも相変わらずチャンスに弱い。ここを直さないと火曜日あっさり最下位転落だろう。

2連勝とカード勝ち越しで借金は1つ減らせた。ナゴド→東京シリーズとなる神宮ではせめて現状維持、できれば2つ返したい。

犠牲フライのスミイチで負けるとか・・・

4/20 鹿児島 G1-0Ys●(戸田6-4鎌ヶ谷)

4/21 移動日で試合なし。中日が阪神に勝利し0.5ゲーム差ながら単独最下位転落。(戸田1-4鎌ヶ谷)

ブキャナン、毎回頑張っているんですけどねぇ・・・。打撃でもツーベースヒット、結果暴走憤死ながらもヒットありと、これでは投手に申し訳ないほどに打線がダメダメ過ぎる。当日ニッポン放送で解説していた江本孟紀さんではないですが、いい投手が来てくれただけに打撃陣が本当に奮起してもらわなきゃ。二軍でもいい打者がいるんだからまったく打てない打者は思い切って二軍落ちを宣告すべきですよ。

せめて代打要員でもグリーンは上げるべきだと思いますよ。その代わり外国人投手を一人二軍に落とさなければならないあたりで躊躇しているかと思いますが(防御率的にはルーキかもしれないが、ルーキだって1イニングならがんばれているだけに)、このままでは交流戦を前に終戦してしまいます。
山田1番の特攻オーダーも後ろに強打者がいなければ成立し得ないだけに、このあたりは川端の復帰までは試行錯誤が続きそう。そのあたりまでに「打てる打者」を上位に上げてほしいもの。

坂口の復帰でどこまで上向くか(戸田でいまひとつの結果が気がかりではある)。もうやってみなきゃわからないですね。広島さんも10連勝の勢いからは多少陰りもあるので、神宮のアドバンテージなら勝ち越してもらわなきゃ。
そういう意味で二軍で結構好結果出せているギルメットも先発外国人2名、バレンティン、ルーキという状況で一軍に上げづらい(先発ローテの不安定化を招く)のでしょうね。来週からはホームは増えるものの木曜休みがなくなるので、裏ローテ3枚目を誰にするか、投手面でもタイムリミットが短い問題が出てきている訳で。今から中5日特攻ローテにする必要もないでしょうし、館山には頑張って欲しいがまだ本調子ではなさそう(戸田で炎上・・・)。

以下余白
水曜日ちょいと仕事の空き間に戸田球場で観戦。こちらも苦戦中の日本ハムでは故障抹消中(まだ再登録できない)中田翔がいたとは。(残念ながら2打席で交替したようで自分が到着したのが15時過ぎで生では見られず)昨年日本一になった日本ハムもスター選手がこうやって苦しんでいるのを見ると、もっとがむしゃらに当たっていくべき場面は多いんじゃないかなと。
決して良い環境ではない戸田ですが、また行ってみたい場所ですなぁ。

1年ぶりのシャットアウト

4/18 熊本 G3-0Ys●。

山中は頑張ったが、菅野の前に打線為す術なし。9回表は見せ場あったが。ハタケの故障が心配だ。
明日ですわ、明日。

菅野のシャットアウト勝ちは1年前の神宮・・・その時現地にいた。

おでんたいやき。

まったく季節感がないタイトル。

4/15 横浜スタジアム DB2-7Ys○
先発小川泰弘の好投、ベイスターズ先発石田の崩れもあり序盤にリードを築き勝利。こういう試合ができれば良いのお手本。
最後の原樹理1失点はご愛嬌も、接戦での抑えには使いづらいですね・・・ユーティリティに育てたいのか先発回帰させたいのか、しっかり考えてほしい。

4/16 横浜スタジアム DB6-3Ys●
先発オーレンドルフの自滅が招いた敗戦。土曜日の逆をやられてしまいましたね・・・。クラインにジエンゴ(前日は小川がジエンゴ)されては。打線もバレンティンが気を吐くが安打貢献が外に雄平、中村だけでは無理。よく3点取れたもの。

ひとまずハマスタロードは1つ勝てたのでOKとしましょう。
九州シリーズ、低調気味とはいえ週中は巨人、そして週末は天敵広島との対決。ここを踏ん張れば見えてくるものもあると思うし、週末には坂口選手も帰ってくるでしょうから、どう打線を組み直すか。
火曜日は熊本地震以来のプロ野球開催となり、地元山中投手にも期待をかけたいものです。菅野をどう打ち崩せるか・・・。

消化不良の1勝1敗

4/13(木)神宮球場 ○Ys3-2D
公式戦は今年初の現地観戦。火曜日(中止になったけど)は内野SS席1塁側という場所を確保したのもあって、マイポリシー上「月に1回内野、1回外野←これが崩れた」からこの日は外野自由席。バリュー試合ということもあり1000円とお値打ち価格。それでもこのカードでもあるし、お客さんは中日サイドを主に少なめ(ライドスタンドは割と入っていたけどそれでも快適レベル)

17時20分くらいに神宮球場へ到着、だいたいいつも見ている1番ゲート付近の下段、車椅子専用席の後ろ側を確保。最初は通路側だったけど途中からさほどお客さんも来ないと思って少し真ん中側へ移動。主に応援勢が入る場所ではないので終始人は少ないままでした。

この日の写真はこちらで


ノルマの瓶ビール(量は少ないけど450円と安い)のカップが昨年の神宮球場90周年カップ。まだこれあったんかい。
試合は投手戦ムードで割とサクサクペース、6回裏畠山ソロ、先発ブキャナンが8回力投など昨年までのヤクルトとは思えない野球。いろんな意味で。9回裏の鵜久森サヨナラはアツかった。

2回裏の守備乱れから余計な1点献上だけが残念だが、川端・坂口がいない現状、打順も大きく変えてきてできる事はやれたかな。
月末余裕があれば28日の巨人戦見に行きたいな・・・

4/14(金) 横浜スタジアム DB4x-3Ys●
またロード続きの一週間が始まった。今回は5連戦、しかも対巨人は九州シリーズで苦手としている東京ドームではないのは良いが・・・
初物攻略に手間取り横浜とシーソーゲームもヤクルトになかなか「火ヤク庫」らしい試合が見られない。追いつくも突き放され、回跨ぎルーキは不運もあるがボークからのサヨナラ犠打で万事休す。ボーク判定は相当微妙な感じではありますが審判ジャッジを覆す要素がボークではない以上・・・・防御率点や球数嵩んだとは言え石川は3連続QS達成と内容は悪くないが、どうも詰めが甘い。

防御率1位も打率6位とこれヤクルトなのか?という消化不調気味の現状。打つけど燃えるのも困りモノですけどね。

ブォンブォン・・・・

記者激怒のため、記事は割愛。

(シムシティ2000から)



雨天中止挟んで6連敗はさすがにねーよ。4安打じゃそりゃ勝てない。星は悪くない。



今日こそは。雨のためSS席観戦がぶっ飛んでしまい、今日は仕事で最低17時まではかかるので外野自由席で気楽にとやったのが裏目った。月後半が日程合わず28日の巨人戦に行ければくらいなので、今月は今日だけの可能性も。

クールダウン

4/4 敵地ばかりの一週間一戦目を T1-3○Ysで勝利も、後味は良くない一戦に。

5回表、タイガース藤浪投手が投げた危険球寸前の球から乱闘発展、これは両軍気持ちはわかるが後に遺恨を残す事にならなければ良いが・・・
スワローズファンとしては昨年谷内が同じ藤浪の球で長期離脱を余儀なくされた、という気持ちもあるが、タイガースの関係者、ファンも言い分はあるはずだ。
後々ファン同士で対立にならないよう冷静な議論を脱した「罵り合い」は控えたいもの。

個人的には「頭に当たってない」とはいえヘルメットをかすめた事を鑑み危険球退場とした方がすっきりしたのではないかというもやもや感が残った試合。
溜飲を下げる点としてはブキャナン投手がこれ以上ないピッチング、上記での乱闘の際もバレンティンを諌め勝利に導いた点。
ギルメット、オーレンドルフと制球難続きだったが前評判通り、いやそれ以上。中継ぎを休ませる事ができたのは大きそう。

明日はタイガース戦得意の山中、カード勝ち越しを決めたい所だが相手も成長著しい秋山が相手、当たっている糸井もいることから容易ではないだろう。応燕じゃー!
今週は西日本ロード続き、週末は昨年のセ・リーグ覇者広島が相手。なんとか一矢報いたい。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE