RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

連敗したチームから落ちていく

阪神と中日がまだ2試合残っていますが、セントラル・リーグ残り4球団は2017年の日程を全て消化。

応援するスワローズは3年ぶりの最下位。更に1957年に記録した球団最多敗戦記録を更新、歴代勝率でもワースト2位。
2年前優勝したチームの姿は残念ながらどこにもなかった、というのが正直なところでしょう。
毎年のように怪我人による主力不在(今年に関しては投打ともにひどかった)、二度の二桁連敗。これでは上へ行けるわけありませんね。

個人的にはこの2~3年は今後スワローズが定期的にAクラスに行くための「助走期間」と捉えます。
まずは外国人の整理。他球団からも調査が入るであろうバレンティンは絶対に死守すべき。まだ彼の打撃力がこの球団には必要。
ピッチャー方面では既に自由計画になったオーレンドルフ以外、残留でも特に問題はなさそうです。野手ではグリーンは来年も残りたいようですが、正直外国人枠を無駄に埋めてしまう事を考えると新しい助っ人を考えたいところ。
リベロは残留で問題ないかと思いますが、来年同じくらいの活躍ができるかは?となると取れる外国人は投手で1人まで、と見ます。もしバレンティンが移籍であれば野手・投手1人ずつ。

ドラフトでは無理に清宮幸太郎を取りに行く必要はなし、と個人的には考えます。現状プロに進んで高校時代に見せたスラッガーぶりを発揮できるだけの育成力が今のスワローズにはない状態。ならば大学・社会人からドラ1を取りに行った方が現実的ではないかと。育成力も広島がああいう形で2年連続の優勝を決めたあたり、球団も配慮していますがまだまだ足りない状況。
特に大学野球開催期間・高校野球東京大会開催期間中は神宮球場での練習ができない点の改善は必須でしょう。

そろそろ年齢的に苦しい選手も増えてきており、中堅世代があまり育っていない点は大問題。他球団からの戦力外を獲得するスタイルは結果も出ている事もあり全否定はしませんが、生え抜きの成長なくしては強いスワローズは10年経っても訪れない、と個人的には強く危機感を覚えるシーズンでした。
真中満政権下での観客動員増加も頭打ちが見えてきた現状や年々小改造で入場可能人員の減少が続く神宮球場。来年はこの入場者数を維持する事が求められる点や強いチームを戻すという点で第二次小川政権の責任は重いものになりそう。

幾分かマシになったとはいえ戸田グラウンドの環境貧弱ぶりも何とかしてもらいたいものです。

100敗近くしたチームの最終試合が席を探すのも大変なくらい満杯になった、これにフロントは満足していただきたくないものです。

数カ月ぶりの更新がこれなのもどうなんだか

言いたいことはtwitterに投げすぎてブログネタがなくなっている中の人です、こんばんは。

過去必ずしもバラエティ班ばかりが制作していたとは限らない夢列島及び27時間テレビ。
今年はNTV24時間テレビの後かつ(おそらく)めざましテレビ以外は収録という形での番組進行。

結果的に「これはこれで良かった」のではないでしょうか。ここ数年漂っていた「グダグダ感(お笑い向上委員会の一部には見受けられたけど)」の一掃、テーマにそって番組を進行していった点では比較的初期の夢列島に先祖還りした感も。

ひょっとするとここ30年の「夢列島」「27時間テレビ」そのものへのアンチテーゼとしての「にほんのれきし」だったのかと(少し勘ぐりすぎか)。
これならば3時間ずつ9日に分けて放送しても良かった(お台場にフジが引っ越した直後に放送されたザッツお台場エンターテイメントみたいに)かとも思いますが、短い時間に集中的に放送する事、エンディングでのコメントから「解釈は視聴者にある程度委ねる」番組の姿勢が垣間見られたかな?

再編集してDVD、ないかな?

1ヶ月、いろいろな事がありまして。

横断型カテゴリ。

・14連敗していた燕さんやっと連敗脱出
・実は3万円だった(3000万円報道したのどこじゃ)海老蔵さん
・↑気づけばあれから1ヶ月なんですよねぇ・・・。
・個人的に40歳までカウントダウン始まり、保険更新の時期。
・郷間勇太騎手そのまま高知所属に
・バイヨンさんにQMA他入る。

・その他書ききれない

いろいろありすぎて1ヶ月が6ヶ月くらいに感じましたねぇ・・・そろそろ落ち着きそうですが。

それ言っちゃっていいのか

この時期に何かしらぶっこんでくるnetkeibaが今年もやってくれました。

競馬マスメディア総論的な座談会記事。全4回のうち1回目が昨日アップされましたが・・・

柏木さん、「専門紙は印以外どこも同じくらい」ってのは事実でもそれ言っていいのかw
関東でも2000年に比べれば専門紙は減っていますし、今年に入ってまたブック買い出している人間ですが(何げにブックの馬柱が一番しっくり来る派)、調教師が共同取材でコメント出しちゃそりゃそうなりますよね・・・

個人的にはもう競馬新聞協会そのものが古臭いからやめちまって、JRDBとかUMAJINとかもどんどん入れるべきだと思うのでそっち方面の議論への発展に期待したいですが・・・ちょっと難しいか。

こうやって「表向き」は同じでも必ず裏話やヤリ話が毎週のように出る事もある意味問題。それは野球も同じですよね・・・中日ドラゴンズのダヤン・ビシエド選手が米国市民権取得のために帰国した話もどうやら一部には「西武戦前には渡米する」と伝わっていたそうですし。

燕にしても表向きでは言えない話はファンレベルでも多数ありますし・・・っと、これ以上は脱線。そういう意味で柏木さんの言い分はわかります。

競馬場に行くとわかりますが、今や専門紙を持っている人の数が公営でもかなり減っている現状。(中央なら東スポで済む人も多いけど、調教本数の詳細とかだとやっぱり専門紙買わないとダメなんで・・JRA-VAN系も坂路しか調教は出ないし)

むしろ馬主や牧場主がフィーチャーされるべきという斎藤修氏の意見には同調。キタサンブラックのように馬主がもっと前に出てもいいと思うが、「博打云々・・・」と言われるのがアレなんだろうかと少し残念に思わなくもない。
言葉尻を取ると暴言になりそうなのでそこまでだが、ファンのレベルアップも必要。その教育は主催者ではなくマスメディアの仕事でもある。そのマスメディアの一部が継続的な主催者批判までは良いが、暗に主催者を揶揄するがための記事が時々出てきてはがっかりしてしまう。netkeibaのコメでは何かあればすぐJRA批判が起きるし、そういうのを変えていかないといけない。個人発信も容易な時代だからこそ、ファンも言葉を選ぶべき時代なのか。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE