RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

  • お知らせエントリ (12/31)
  • 今年初の神宮 (03/18)
  • まぢかっ (03/14)
  • 増額 (03/11)
  • 6年 (03/11)
  • 機種変更 (03/10)
  • 故障組の復調、だがしかし (03/10)
  • 2017年 (01/02)
  • 久々のエントリが年末 (12/27)
  • 神宮花火大会、ハマスタ花火大会、ほっともっと花火大会、所沢花火大会 (06/26)
  • プロ野球データFreak
    セリーグ順位表
    パリーグ順位表

    カテゴリ

    リンク

    月別アーカイブ

    最近のコメント

    今年初の神宮

    元から有給通っていた事もあって、昨日は今年初の野球観戦。神宮へ行ってきました。
    オリックスとの神宮での試合は今年はこの1試合限り(交流戦は京セラドームなので)。
    オープン戦はスワローズクルー(公式ファンクラブ)会員特典で毎試合無料観戦できるため招待券をもらってからまずはバックネット裏の方へ。

    試合は3-0でヤクルトの勝ち。オープン戦なので勝ち負けよりは内容が求められる一戦という事では改善点も見受けられる中、無失点で終われたことは何よりでしたな。
    石川投手が7回0失点も前半は奪三振多かったのは再来週の開幕が楽しみ。

    鵜久森、畠山あたりがまだ本来の調子ではないかなという気もあり、既に川端が故障から開幕は無理と今年も「ああ、ヤクルトだorz」の野球が始まってはいますが小気味よくまとまっているイメージがオープン戦から感じ取れるので、今年は結構行けるかな?と。
    今週は土日仕事と変則的なスケジュールですが、月曜日は戸田行こうかな。競艇ではなくて。

    試合後はちょっとGate.Jへ寄ってみようかと行ってみたらばんえい記念の予想イベント開催。ようつべライブの放送都合上か写真撮影不可のため写真はありませんが、Gate.Jでは久々に抽選会で当たった気がする。桑島元騎手絡みの賞品が当たった時以来か?ここ数年イベント開催日と折り合いつかず、昨年春の異動でなかなかGate.Jに週末行きづらくなっていますが・・・

    来週のスタジオGate.J収録は藤田菜七子騎手・根本康広調教師出演ということで調整ルーム入りの都合か普段は午後6時スタートのところ午後2時スタート。それでも人多く来そうですなぁ・・・学生さんはもう年度末でしょうし。さすがにこの時間では仕事で行けません(´・ω・`)

    まぢかっ

    http://race.sanspo.com/keiba/news/20170314/etc17031405000001-n3.html

    早ければ2018年のデビューとなるでしょうかね。散々JRAの体質を批判していた頃を思い出しますなあ。
    ホッカイドウでも結構社台の勢力が延びている場所でもありますが現時点でホッカイドウでは騎手会所属(JRAで言うフリー)制度は未制定のようですが、騎手会所属制度ができないと彼の考えから満足な騎乗はできるのかなとも思いますな。

    あくまで現時点では「受験すること」を明言?した段階なのでこの春いきなりデビューできるわけではないわけですし、
    現時点ではJRAの騎手が地方への移籍というのは制度の不備、未制定の方が大きい気も。
    このように一度JRAの免許を返上して地方の免許を取得する形、注視したいものです。

    増額

    昨年秋~冬の高知競馬手当・賞金増額が目を見張るものでしたが他地区も売上回復から賞金の増額に動いている場がありますね。佐賀とか道営とか。(そう言えば今年の西日本ダービーは佐賀開催なのか・・・となるとJBC前日開催ではなく、土曜日か日曜日かな?)

    2018年のJBC京都開催まではこの状況が大きく変わることはありませんが、JRAがどう引っ張っていくか、どう自生していくか、この現状を変えるべきなのかはいろいろ考えさせられる所もあります。
    秋にはわかる事でしょうけどみやこSとか、1年だけ重賞の開催日程の移設やトライアルの変動とかあるんでしょうかね。
    ただJBCは「地方競馬の祭典」という前提もあるため「2018年に限り」が「定期的・恒常的」にならないことを願います。

    6年

    と同時に2012年以来中央競馬開催日で迎える「3.11」でありますね。2012年はちょうど1年ということで3場同時、14時46分に小林正巳アナ(当日中山後半実況)の号令でセレモニー、となりましたが。

    JRAや当日開催の地方競馬で今日に合わせて何かやるという話はリリースではないようですが(他の公営は追いきれていない)。

    あの時JRA美浦所属で一番動いたと思われる後藤が今や生存せずというのがまた辛い話でもあります。

    | ホーム |


     BLOG TOP  » NEXT PAGE