RSSフィード

新着エントリ+ブログパーツ

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知らせエントリ

■ブログのカテゴリに関するお知らせはこのリンクをご参照ください(初めての人は読んでね)。
スポンサーサイト

二度目の重賞

ホウオウドリームが土曜のメイン、ダイヤモンドSに出走。今回は松岡正海騎手とのコンビで。
前回の早春Sはついていくのが精一杯も最後はしぶとく伸びてきてくれた競馬での4着。

一気に相手は上がる上初の3000m以上戦、どの馬も年に1回しか経験できない3400m戦と初物要素が多すぎるけども、中2週で使えるほどに順調かつ、この先適鞍はここしかないという陣営の判断もあったのかなと。

ベストは2400mかなという気はしなくないんですが、夏に2600mでも結果を出していますし今回はハンデ有利。少しでも絞れてくればチャンスはありそうですが、流石にフェイムゲームをはじめとして相当メンバーが揃った一戦。格上挑戦でもありますしまずは無事に回ってきてもらいたいところです。その上で掲示板に入れれば御の字ですね。

当初はフェブラリーSの日の現地を考えていましたが、これで土曜現地に切り替え。




(以下2/16深夜、ぷっすまが終わったくらいに追記)
競馬ブック紙面では全員が何かしらの印を打っており本命もいくつか。金曜深夜ラインでも2番人気という感じになりそう。
別に単勝だけが売れている、というわけでもなく妥当な2番人気という評価にちょっとびっくりですかね。
早春Sは本気出していないという世間の評価なのかもしれませんが、準オープンの身ですし勝てば最高ではありますが、本当に無事走ってきてもらいたいものです。
この先の春季競馬番組では長距離の1600万条件はほとんどがハンデ戦、と言っていいくらいのハンデ戦の多さ。
昨年の準オープンでの頭数を考えればこれも仕方ないでしょうし、ここで賞金を稼げなければ次も格上でメトロポリタンSになりそうだなぁ、と思っていますが・・・毎年それ程頭数は揃わないのでここも準オープンで除外は少々考えにくい。
でもまずは明日のレースで全力を出すことですね。




(以下2/17、平昌五輪スキージャンプラージヒル競技を見ながら)
8Rあたりはフィギュアスケートのメダル行方でほとんど競馬に集中できていませんでしたが現地へ行ってきました。
DSC_0047_201802172251218de.jpg
DSC_0067.jpg

小倉のメインや京都牝馬Sに後ろ髪引かれながらもメインレースはパドックへ。寒さのせいかオリンピックのせいかはわかりませんが、土曜開催としてもちょっとお客さんは少なかったような。
馬体重はマイナス2kg、調教本数が2本しかなかったので前回のコメント通り、ビッシリやれないのかもしれません。思ったほど絞れなかった感じも馬体は良くなってはいましたね。あと少し絞れれば完璧かなってくらいで、むしろ気合乗りは良いくらい。

結果は7着と奮いませんでしたが直線一瞬はいい脚を使ったものの坂上で脚が止まったあたり、松岡正海騎手のコメント通り距離が長すぎたのではないでしょうか。母もですがこの時期は決して良くないと思うので、暖かい時期になってからの巻き返しに期待です。東京なら確実にいい脚は使ってくれますし。

今回はハンデや相手関係もあって2番人気に支持されましたが、前回の重賞では12着でしたし戦前の危惧通り今回は人気先行の形に終わったかなと。とはいえ距離が短いアメジストSや右回りの阪神よりはここを使ってくれた事はむしろ肯定的です。
この先1600万の長距離戦はハンデ戦だらけなので少し休ませて相手も軽くなりそうなメトロポリタンSを使って欲しいかなと。新潟大賞典と同じ週なのでまずフルゲートにはならないでしょうし、ハンデ戦の緑風Sに回るよりはこっちの方が良さそうですが・・・

天国から地獄

木曜日に単勝1.2倍自馬ぶっ飛び、カイタノとステイゴールドが飛んできて大波乱になった98年JCで

Screenshot_1.png

スタポケ初の100万オーバー(仕様で100万オーバー分は切り捨て)配当獲得。3連複(約5000倍×200枚)でもうリミット越えてますが・・・
えー、3日で溶かしました←アホだろ俺

それでも農園餌はほぼマックスまで溜め込んだりイベはほぼランクイン確定圏内まで行けたり、おそらく2月の馬券配当ランキングで星のかけら1個は確定と決して溶かしたことが全部無駄というわけではないのですが・・・

何度駒場さんに怒られたことか!←秘書は駒場葵派@美波ちゃんと中の人同じだから

当分馬券は自重せなと思いつつ、久々に補給圏にまで落ちぶれたレベル392の馬主。明日はどっちだ。
あ、キズナとサイレンススズカ4凸行けましたので直線一気と大逃げ(ススズ仕様)を試してます。

レーヌドブリエ引退

1月31日付にてレーヌドブリエ号の競走馬登録が抹消され、引退となりました。
思えばここまで無事に走ってくれたことが一番安堵した事なのかもしれません。

最後に現地で観戦したのは昨年のユートピアSになりましたが、関西馬でありながら府中への遠征競馬も相当数こなしてくれた事で現地観戦の機会も相当数あった点は矢作調教師およびスタッフの皆様、シルクレーシングの皆様に感謝せずには。

現地で勝利を見届けた3歳時(NHKマイルC当日)の500万下、昨年の天皇賞当日の新潟競馬最終レースで降級後の勝利を上げた松浜特別、あわや勝利かのところもあった清水Sあたりが印象に残るレースベスト3となるでしょう。

メジロドーベル自身も人間で言えばもうおばあちゃん。メジロブライトが早世した事もあってメジロライアンの血を受け継ぐ貴重なラインでもあります。繁殖入りしてからの活躍にも期待して、「お疲れ様でした!」

そろそろ球春

明後日から2月。もうプロ野球の春季キャンプインまであと2日なんですね。
清宮幸太郎選手のメジャー施設記事も話題ですが、そのためにはまず3年ないし5年日本ハムで頑張らなきゃいけないんだぞと。

さて、昨年は地獄を味わったswallowsさんですが。
今年はどん底からの再起-RISING-ですから、失うものは何もない。まだチームは即首位争いができるかは個人的にも疑問は残る所ですが、何年も泥沼を味わってはいけないわけで、小川監督の2年間はAクラスへの足がかりとして欲しい1年目。

秋季キャンプ同様の「地獄」となるでしょうけどここで故障者続出とならない事を、少しでも成長した姿をまずは3月のオープン戦で魅せて欲しいところです。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。